海外ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
国内 行政 海外
とれまが >  ニュース  > 政治ニュース  > 海外ニュース

Twitterトレンド入り7回『一行怪談』がブレイク#一行怪談創作部の作品コンテストも開催中

株式会社PHP研究所

Twitterトレンド入り7回『一行怪談』がブレイク#utf-8

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)が、2017年7月10日に発売した『一行怪談』(吉田悠軌著/PHP文芸文庫/580円・税別)が、予想以上のペースで売れ行きを伸ばしている。発売当初は目立った動きがなかった本作だが、8月下旬、Twitterの一般ユーザーによる紹介ツイートから火がつき、一気に拡散されて「バズった」。この反響は大きく、PHP研究所では、急きょ5,000部の増刷を決定した。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/137893/img_137893_1.jpg

■怖さと短さを追求した新感覚のショートショート
「一行怪談」とは、怖さと短さを追求した新感覚のショートショート。文庫『一行怪談』の著者であり、怪談・オカルト研究家の吉田悠軌氏は、「一行怪談凡例」を5つ挙げている。
・題名は入らない。
・文章に句点は一つ。
・詩ではなく物語である。
・物語の中でも怪談に近い。
・以上を踏まえた一続きの文章。

また、歌人の穂村弘氏は、「『一行怪談』には、普通のことは一行も書かれていない。そこにあるのは異様な出来事ばかり。にも拘わらず、決して別世界の話ではなくて、長い長い臍の緒で今ここにいる私と繋がっている。そんな風に感じるから、ついつい頁を捲ってしまう。」と、本書に寄せた解説の中で、その魅力について語っている。

■3日間で7回トレンド入り、キャンペーンへの投稿は4,200件以上
この「身近な怖さ」と「究極の短さ」との好相性にいち早く反応したのは、Twitterユーザーだった。8月26日頃から、「こういうの大好き」「(自分も一行怪談を)作ってみた」などが続々とツイートされ、以来、ハイペースな口コミで広まっている。著者の吉田氏も、8月26日にツイート。「PHP文庫の『一行怪談』、なんでかツイッターでガンガン呟かれてAmazon売れ筋の70位までなってる!別にメディアに紹介された訳でもないので、完全にツイッター効果っぽいけど、そういう草の根的なのは嬉しい感じです」(原文ママ)と、この現象への驚きと喜びをつぶやいた。

また、ブレイクの起爆剤となる“きっかけ”を模索していたPHP研究所の編集担当者は、『一行怪談』とTwitterとの親和性に注目。「140字の世界を楽しむ人たちの想像力を刺激するだけでなく、創作意欲もかきたてるはず」と考え、8月30日からTwitterキャンペーン「『一行怪談』創作コンテスト」を開催したところ、ハッシュタグ「#一行怪談創作部」は、9月3日から9月5日までの3日間で7回、トレンド入りを果たした(2017年9月5日AM9:00「Twitterトレンド速報」より)。キャンペーンへの投稿ツイートは、現在4,200件を超えている。9月29日の締切までに、投稿数はまだまだ伸びそうな勢いだ。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/137893/img_137893_2.jpg
(詳細はこちら https://www.php.co.jp/news/2017/09/kaidan.php

「#一行怪談創作部」の拡散とともに、Twitterでは「“お近くの本屋”になくて泣いた」「一行怪談売ってない」というつぶやきが目立ったこともあり、初版9,500部でのスタートだったが、発売一カ月で増刷となった『一行怪談』。定番人気の「怖い話」と、一行なら書けそう……と思わせる「参加している感」がマッチして盛り上がったツイッター効果を追い風にした「新しい怪談」の勢いは、夏が終わってもとまらない。


【『一行怪談』 参考資料】

■1ページに一つ、一文の物語で構成
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/137893/img_137893_3.jpg
これより先は全ての駅が通過となります、との車内放送が流れ、もう二度と山手線から降りられない。

今すぐ家から出なさい、と電話の向こうから叫ぶ母の声を聞きながら、すぐ横でテレビに笑う母を見つめている。

肝試しで入った時にはあれほど怯えていた友人から、次の日、その廃屋に引っ越したというメールが届き、朽ちた畳の上で彼が幸せそうに笑う画像が添付されていた。

※PHP文芸文庫版『一行怪談』は、とうもろこしの会より刊行された『一行怪談』(2012年)、『一行怪談(二)』(2016年)を一冊にまとめ、再編集したものです。


■著者について
吉田悠軌(よしだ ゆうき)
1980年、東京都生まれ。怪談、オカルト研究家。怪談サークル「とうもろこしの会」会長。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集長。怪談の収集や国内外の怪奇スポットの探訪をライフワークとし、雑誌・WEBでの執筆やテレビ・イベント出演など精力的に活躍中。著書に『恐怖実話 怪の足跡』『怪談現場 東京23区』『怪談現場 東海道中』などがある。


■書誌情報
・タイトル:一行怪談
・著者:吉田悠軌(よしだ ゆうき)著
・定価:580円(税別)
・シリーズ:PHP文芸文庫
・仕様:文庫判並製/208ページ
・発行:PHP研究所
・発売日:2017年7月10日


以上








詳細はこちら

Twitterトレンド入り7回『一行怪談』がブレイク#utf-8Twitterトレンド入り7回『一行怪談』がブレイク#utf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 総務省とよると、決定額で最も多い自民党は176...
  • 「いい夫婦の日」には各地で夫婦向けのイベントが...
  • ホンダはナイジェリアで、品質と徹底したコスト削...
  • 2017年世界ラリー選手権最終戦、ラリー・オースト...
  • 総務省は7~9月期の労働力調査速報を発表。既に公...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.