その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

国内外の商業施設初!環境に配慮した木造店舗の新たな試み国産FSC(R)認証材を使用したリユース店舗オープン

ミニストップ株式会社

国内外の商業施設初!環境に配慮した木造店舗のutf-8

ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:藤本明裕、以下:ミニストップ)は、国産FSC(R)認証材を活用した新たな取り組みとして、2018年1月12日(金)、国内外の商業施設初となる国産FSC(R)認証材を使用したリユース店舗を、埼玉県深谷市に開店いたします。

ミニストップは、地球温暖化防止や生物多様性の保全を目的として、環境に配慮した店舗建設に取り組んでいます。その一環として2009年より、適正に管理された森林から切り出された木材である国産FSC(R)認証材を活用した店舗展開を進めています。
2017年12月末現在、ミニストップ出店エリア27都府県に延べ246店舗を建設しています。

■新たな試み:木材のリユース(再利用)
ミニストップの木造店舗は、木材の接合部分にボルトを用い分解や再利用を可能な設計にするなど、建設段階からリユースを見越した対応を行っています。
リユース店舗の建設には、閉店店舗と開店店舗の距離(CO2排出量の抑制)、閉店から開店までの期間(保管期間の短縮)など環境やコストの側面から一定の条件が必要となります。これらの条件に合致した物件において、新たな取り組みとして、閉店店舗の木材を活用したリユース店舗を建設いたしました。
同じ大きさの店舗を再利用する場合、柱や梁など約73%の木材の再利用が可能です。なお、土台や間柱、筋交いは新しい木材を使用し、強度を確保いたします。
ただし今回は、旧型店舗(18型)から現在の標準店舗となる新型(20型)への店舗面積を広げての移築となるため、再利用できる木材に制限があり、再利用率は約33%となっています。
(ご参考) 旧型・18型店舗:横幅18m、面積:約53.45坪、木材使用・約13立方メートル
新型・20型店舗:横幅20m、面積:約60坪、木材使用・約16立方メートル
今後も、諸条件が合致した際にはリユース店舗の建設を行い、FSC(R)認証材を活用した取り組みを継続するとともに、環境と社会面で持続可能な店舗づくりを実現してまいります。

≪店舗概要≫
■店舗名:ミニストップ深谷小前田店
■住 所:埼玉県深谷市小前田字新田2899-1
■店舗面積:199.92平方メートル
■木材使用量:15.5898立方メートル
内再利用木材:5.1408立方メートル
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/147146/img_147146_1.jpg
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/147146/img_147146_2.jpg

■FSC(R)認証材を使用するメリット
FSC(R)認証材は、木材が育った森林、切り出された木材の流通や加工のプロセスが確認でき、森林の環境保全と地域社会の利益に繋がる持続可能な調達に繋がります。また、従来の店舗建設に使用していた価格変動が激しい鋼材に比べ価格が安定し、中長期的に建設計画を立てやすいというメリットがあります。さらに、建物を軽量化することで基礎工事を簡素化(※1)することができ、従来の鉄骨工法に比べ、CO2を約33%削減、工期を約10日削減、建屋を分解し組み直しが可能なためリユースにも対応できるなど多くのメリットをもたらします。
※1:主要構造材を工場で生産することで、現場工事での廃材を大幅に削減し、資源採取から資材生産の過程で発生するCO2を約33%削減

【FSC(R)認証とは】
FSC(R)(Forest Stewardship Council(R):森林管理協議会)とは、森林環境保全に配慮し、地域社会の利益にもかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材を第三者認証する国際的な会員制の非営利団体です。FSC(R)の認証システムは、森林管理を認証する「FM認証(Forest Management 認証)」と、加工・流通過程を認証する「CoC認証(Chain of Custody 認証)」の2種類の認証があり、両方の認証を得たサプライチェーンを通じて使用した木材だけが、FSC(R)認証材を使っていると呼ぶことができます。

■FSC(R)認証店舗およびFSC(R)認証材使用店舗
ミニストップでは、建物としてFSC(R)認証を取得した店舗と、FSC(R)認証材を使用した店舗の2通りを展開しています。該当店舗には、壁面等に告知をしお客さまにも訴求しています。

[建物としてFSC(R)認証店舗]
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/147146/img_147146_3.jpg

[FSC(R)認証材使用店舗]
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/147146/img_147146_4.jpg

■FSC(R)認証材活用の取り組み
新規開店店舗および改装店舗のイートインコーナー(机・椅子)において、FSC(R)認証材を活用しています。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/147146/img_147146_5.jpg



詳細はこちら

国内外の商業施設初!環境に配慮した木造店舗のutf-8国内外の商業施設初!環境に配慮した木造店舗のutf-8国内外の商業施設初!環境に配慮した木造店舗のutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • オンラインストア限定3台のうちの1台、ブリリアン...
  • 3リッターV6ツインターボエンジン搭載車「E400 4MA...
  • 1月19日、熊本市内で初公開となったEVバス「よかエ...
  • 高齢者の単身世帯が増加傾向にあるが、これが2040...
  • 今回、新たに欧州「医療機器指令(MDD:Medical De...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.