その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

LiveEduプリセールで100万ドルのソフトキャップ達成。公開セールは月曜日午後5時 (UTC)より開始

LiveEdu, Inc.

LiveEduプリセールで100万ドルのソフトキャップ達成。

LiveEduは、将来的な技術分野において、完全な製品を制作する方法を教授する分散型学習エコシステムです。弊社はオンライン教育におけるYouTubeを構築しています。弊社のエコシステムを次世代型Lynda.comと表現することもできるでしょう。既存のオンライン学習プラットフォームとは異なり、LiveEduは初学者を対象にせず、主に中級者・熟練者をターゲットにしています。利用者は実際のプロジェクトを視聴することで学習し、さらに全てのプロジェクトリソースとファイルをダウンロードできます。新たなLiveEduのプラットフォームは2018年に立ち上げられ、いくつかのサブカテゴリを含む8つのテーマを開講します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/31093/1/resize/d31093-1-137138-0.jpg ]



LiveEduの公開セールが月曜日午後5時(UTC)より開始されます。初日に投資することで20%のボーナスが得られます。ホワイトリストに登録し、初日の20%ボーナスを確保してください。配分は登録日にもとづいて行われます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/31093/1/resize/d31093-1-239300-1.jpg ]


LiveEdu全社員よりプリセールにご参加いただいた貢献者の方へ心より感謝いたします。弊社プロジェクトへの思いがけない非金銭面でのご支援にもうれしく思います。1300人を超える方々が、プリセールに参加してくださり、それぞれの方に感謝をいたします。大小様々なコントリビューションを賜り、その全てに感謝いたします。弊社は世界中でこんなにもたくさんの素晴らしい方々とお会いできるとは予想だにしておりませんでした。我々は今や一つの家族であり、オンライン教育と人材育成のためのYouTubeを共に作り上げる旅へと出発したことに興奮を覚えます。3,060億ドルという人材育成分野の世界的市場がいままさに変化の時です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/31093/1/resize/d31093-1-444110-2.jpg ]

弊社は、サンフランシスコを皮切りとして世界中にLiveEduのプロジェクトスクリーンを造り上げることを期待しております。Educationコインの保有者は、次にどの都市でプロジェクトスクリーンを立ち上げるかを決定するための投票に参加できます。もしお客様が多くのEDUコインを購入されると、あなたがお住まいの都市を優先的に推薦することができます。計画として北京、ニューヨーク、ロンドン、上海、ソウル、東京、アムステルダム、ベルリンその他主要都市を検討しております。

処理待ちの保留の支払いがあります。すべての期限内の支払いは処理されプリセールに加算されるため、ボーナスを受け取ることができます。投資の規模に基づく保留中の支払いを処理しております。


最終的なLiveEdu ICO 基礎レート

先ごろのETHの高騰のため、LiveEduは仮想通貨のユニット数からUSドルへと基本レート交換法を変更せざるを得ません。以前の仮想通貨ユニット数に基づく交換レートは今後使用されません。過去・将来にわたる全ての購入に、以下の基礎レートが適用されます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/31093/1/resize/d31093-1-229568-3.jpg ]


1USドルで10EDUコインを購入します。1EDUには10セントかかります。ETHおよびBTCに対する最終的なUSドル価格は、ICO終了日から30日間の平均値となります。平均値を用いることで、投資家間の不公平を防ぎます。当面簡略化のため、弊社は交換比率を1 ETH = $1000、 1 BTC = $16000とします。

お客様の手にするEDUトークンの合計量は以下の公式で計算されます:
= US$amount (10 token (1+ bonus rate %%))。

プリセールの投資家の皆様へ。トークン量を表示するダッシュボードのアップデートは意図的に遅らせています。これは新しい基礎レートの計算法を説明するためです。アップデートはまもなく行われます。

公開セールボーナス体系

[画像5: https://prtimes.jp/i/31093/1/resize/d31093-1-761199-4.jpg ]


ハードキャップ

多数の投資家の方から、LiveEduが以前設定したハードキャップでは、ビットコインのコントリビューションを加算しないことへご意見をいただきました。不安定さを排除するため、1000万USドルのハードキャップを設定し、今回は全ての支払い方法が含まれます。

公開セールにおける支払い方法

すべての仮想通貨がご利用になれますが、直接利用できるとは限りません。

直接受け入れ可能な支払い方法

ETH
ETHによる支払いのみ、スマートコントラクトで直接行うことができます。
スマートコントラクトアドレス: 0x2097175d0abb8258f2468E3487F8db776E29D076
ENS名: liveedu.eth

LiveEdu公開セールにおけるETHでの貢献の方法(まもなく公開)
LiveEdu公開セールのための簡単なETH購入方法 (まもなく公開)

BTC
BTCによる支払いは直接スマートコントラクトへ送られません。めいめいのICO登録者は、ユーザー固有のビットコインアドレスを入手します。ビットコインの取引は、ICO終了後に手動でスマートコントラクトへ転送されます。
LiveEdu公開セールにおけるBTCでの貢献の方法(まもなく公開)
LiveEdu公開セールのための簡単なBTC購入方法 (まもなく公開)

間接的な支払い方法

他のコイン
お客様は他のコイン(ビットコインキャッシュ・LTC・Ripple・ERC20トークン)などでお支払いできますが、直接は受け付けておりません。お手持ちのコインをETHかBTCへ交換するための簡単な手順に従ってください。5分足らずで行うことができ、登録も不要です。コインをETHかBTCに交換した上で、LiveEduへ送金していただけます。

法定通貨
法定通貨をお持ちのお客様は、それらでお支払いをすることはできませんが、もし最低5000USドルの大規模な投資をお考えでしたら、弊社が法定通貨を預かりBTCもしくはETHをお渡しします。もしくは、トークンを代理購入(エスクロー)し、お客様のためにお客様名義で保有いたします。この取引は手動となるので煩雑な作業が行われ、また第三者企業によっても手数料が請求されることになります。このサービスに関するお問い合わせは、貢献されたい量を記載の上、tokensale@liveedu.tvまでメールをお送りください。

LiveEduの公開セールは1月15日月曜日 午後5時UTC開始


[画像6: https://prtimes.jp/i/31093/1/resize/d31093-1-602231-5.jpg ]

LiveEdu ICO 公式ウェブサイト: https://tokensale.liveedu.tv/

EDUトークン購入方法: https://tokensale.liveedu.tv/en/buy-tokens/how-to-buy-edu-tokens

ホワイトペーパー: https://tokensale.liveedu.tv/static/docs/LiveEdu-white-paper.pdf

Telegram: https://t.me/liveeduico

Twitter: https://twitter.com/liveedutv

プレスリリース提供:PR TIMES

LiveEduプリセールで100万ドルのソフトキャップ達成。LiveEduプリセールで100万ドルのソフトキャップ達成。LiveEduプリセールで100万ドルのソフトキャップ達成。LiveEduプリセールで100万ドルのソフトキャップ達成。LiveEduプリセールで100万ドルのソフトキャップ達成。

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 厚労省が2017年における病院の耐震改修状況調査の...
  • 経済産業省が主催する自動車新時代戦略会議では、...
  • 日本人の労働生産性が他の主要国と比較した場合か...
  • 世界的にキャッシュレス化が遅れている日本で、経...
  • ビズリーチがシニアの採用に積極的な企業のランキ...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.