その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > その他

GSMAの新たな報告書でホールセール・オープン・アクセス・ネットワーク導入のリスクが明らかに

2017年08月10日

ホールセール・ネットワーク・モデルは目指す成果をまだ上げていませんが、ネットワークの競争には持続可能な成長と前例のない技術革新をもたらしてきた実績があります

ロンドン

(ビジネスワイヤ) -- GSMAは本日、新たな調査報告書「Wholesale Open Access Networks(ホールセール・オープン・アクセス・ネットワーク)」の内容を発表しました。これは、ホールセール・オープン・アクセス・ネットワーク(WOAN)モデル(シングル・ホールセール・ネットワーク、SWNとも呼ばれる)の実績を、ケニア、メキシコ、ロシア、ルワンダ、南アフリカという世界の5つの市場で調査した結果をまとめたものです。この報告書は、ホールセール・オープン・アクセス・ネットワークを導入することの潜在的経済的意味を評価した2014年の調査に続くものであり、調査対象国において実際にネットワークが展開されたのは1カ国にとどまり、他国では進捗が遅く、展開が遅れたりキャンセルされたりしていることが明らかになりました。

GSMAの最高規制責任者のJohn Giustiは、次のように述べています。「4Gサービスのためにホールセール・オープン・アクセス・ネットワークに移行することを検討している国々の政策担当者は、ネットワーク競争に依存したモデルよりも大規模なネットワーク・カバーを達成できると考えているかもしれません。しかし、本日公表された調査結果では、そうではないことが証明されています。私たちには、ネットワーク競争の方が高速でカバー域の広いネットワークをもたらすことが分かっており、報告書で示されている事例は、SWN/WOANが同じものを達成できるという証拠がほとんどないことを示しています。」

数十年にわたって、政策担当者は競争的なネットワーク構造を支持し、限定的な数の互いに競争するモバイル・ネットワーク事業者にネットワーク利用の免許を与えてきました。このような事業者は、通常は民間企業です。このアプローチにより、モバイル・サービスでは前例のない成長と技術革新が達成されてきました。この業界はすでに世界で50億人以上を接続しています。これには発展途上国の38億人が含まれ、幅広い社会経済的課題に対応できるツールやアプリケーションを提供しています。

ネットワークのカバー域を拡大するため、モバイル事業者はすでにインフラ投資における競争関係と協力関係のバランスを取る方法に目を向けており、インフラ共有契約を自主的に締結しています。モバイル事業者はまた、農村地域や遠隔地への投資のコストとリスクを共有するために第三者との新たなビジネスモデルも探っています。ネットワーク競争の利点は、カバー域だけにとどまりません。技術革新は国家レベルでの消費者の価値の主要因であり、それが実現されるのはネットワーク間に加えてサービスの提供や市場への端末の投入において競争が存在する場合です。

Giustiは、さらにこのように述べています。「私たちは、ホールセール・ネットワークへの移行が消費者の利益に反することになることを心配しています。ネットワークの独占が一般的に高い料金とインフラ投資の減少をもたらすことは、歴史が証明しています。私たちはその点を考慮し、SWNやWOANの導入を考えている各国政府に対し、モバイル事業者が自主的にインフラ共有契約を締結できる状況を支持することを求めています。また、市場にやさしい周波数帯割り当て方法を導入し、モバイル・サービスが普及していない地域への普及を拡大できるような適切な周波数帯免許条件を活用することでカバー域を最大化することも呼び掛けています。」

市場のケース・スタディや政策担当者への推薦事項など、詳細情報については、GSMAの「Wholesale Open Access Networks」報告書をダウンロードしてください:https://www.gsma.com/spectrum/woan-report/

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち300社以上は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、GSMAモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ、モバイル360シリーズのカンファレンスなど、業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.com.をご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170808005030/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

For the GSMA
Clare Fenny
+44 20 7067 0749
CFenny@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 「空気の質」への関心が高まる中、パナホームは「...
  • 高齢化が進む日本では若い起業家が生まれにくい状...
  • 宝くじの売上は年々減少傾向にある。売上を高める...
  • 厚生労働省は、2016年度に民泊施設約1万件に対して...
  • 有権者は、それぞれの視点、尺度で、過去5年の安...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.