製品 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 製品

「ドアの世界市場:マテリアル別、用途別2022年予測」リサーチ最新版刊行

リサーチステーション合同会社

【レポート紹介】
ドアの世界市場規模は2017年段階で推計816億7000万ドル、今後2022年には1035億2000万ドルにまで拡大が見込まれます。
当レポートでは、2022年に至るドアの世界市場予測(市場規模US$、数量Units)、マテリアル別市場(木、ガラス、金属、複合材料、プラスチック)、メカニズム別市場(スイングドア、引き戸、折戸、オーバーヘッドドア、その他)、製品タイプ別市場(室内ドア、エクステリアドア)、用途別市場(非住宅用各種、住宅用各種)、新築/アフターマーケット別市場、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業20社プロフィール動向などの情報も交えて、ドア市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
ドアの世界市場:マテリアル別、用途別2022年予測
Doors Market by Material (Metal, Wood, Plastic, Glass, Composite), Mechanism (Swinging, Sliding, Folding, Overhead), Product Type (Interior, Exterior), Mode of Application (New Construction, Aftermarket), Application, and Region - Global Forecast to 2022
http://researchstation.jp/report/MAM/10/Door_2022_MAM1000.html

【レポート構成概要】
◆ ドアの世界市場予測2015-2022年
・市場規模(US$)
・数量(Units)

◆ マテリアル別、市場-2022年
・木
・ガラス
・金属
・複合材料
・プラスチック
(※市場規模US$、数量Units)

◆ メカニズム別、市場-2022年
・スイングドア
・引き戸
・折戸
・オーバーヘッドドア
・その他
(※市場規模US$、数量Units)

◆ 製品タイプ別、市場-2022年
・室内ドア
・エクステリアドア
(※市場規模US$、数量Units)

◆ 用途別、市場-2022年
非住宅用
・病院
・オフィス
・ホテル
・政府公共施設
・教育機関
・小売
・その他
住宅用
・単一家族
・複合家族
(※市場規模US$、数量Units)

◆ 新築/アフターマーケット別、市場-2022年
・新築
・アフターマーケット
(※市場規模US$、数量Units)
※Unitsデータについては2017-2022年のデータ掲載

◆主要国地域別市場-2022年
アジア太平洋
・日本、中国、インド
・オーストラリア、インドネシア
・その他アジア太平洋
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・ドイツ、フランス、英国
・ロシア、イタリア
・その他欧州
南米
・ブラジル、アルゼンチン
・その他南米
中東アフリカ
・UAE、南アフリカ、トルコ、サウジアラビア
・その他中東アフリカ
※ 地域レベルですべてのセグメントについての細分化データ掲載、詳細は目次参照
※ 国ごとにマテリアル別、メカニズム別についての細分化データ掲載

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・ファイブフォース分析
・競合状況

◆ ドアの主要企業プロフィール動向
・MASCO
・ASSA ABLOY
・DORMA KABA
・ALLEGION
・MASONITE INTERNATIONAL
・ANDERSEN
・SIMPSONS DOOR COMPANY
・JELD-WEN
・PGT
・FANCY DOORS & MOULDINGS
・PLY GEM HOLDINGS

[OTHER COMPANIES]
・ARCAT
・LACANTINA DOORS
・BOON EDAM
・PELLA CORPORATION
・THE LYON & BILLARD LUMBER
・ATRIUM
・FENESTA
・CORINTHIAN DOORS
・HORMANN

(全176頁)

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/10/Door_2022_MAM1000.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2018年3月12日

★関連レポート
「合わせガラスの世界市場:2022年に至る中間膜別、用途別予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/7/Laminated_Glass_2022_MAM798.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • オーナーズ・スタイルが「入居者トラブルについて...
  • 日産、車両の軽量化に向けて「超高張力鋼板」の採...
  • 「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措...
  • フランス・ル・マン24時間レース会場において公開...
  • 日本組織内弁護士協会によれば、企業内で働く弁護...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.