製品 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 製品

MCA、「通信建設業者便覧 2017」の販売を開始

株式会社MCA

■調査背景
通信事業者による投資抑制が叫ばれて久しいが、現在は抑制傾向に歯止めがかかっている。NTTグループは2016年度まで1兆3,000億円規模で推移していたが、2017年度以降は1兆2,000億円規模で推移し、KDDIグループが5,000億円強で推移する。ソフトバンクグループは2016年度に3,000億円強まで落ち込んでいるが、2017年度以降は4,000億円弱まで回復し、2019年度に3,000億円強と浮き沈みが激しい。事業者各社の抑制背景としては、モバイル系のLTEエリア整備がピークを過ぎ、その差分が影響を与えているものとみられる。

通建工事市場をみると、モバイル系が落ち込み、固定系(アクセス)通建工事が堅調に推移している。モバイル系は鉄塔建設からスモールセル併設工事へのシフトが進んだ結果、市場が落ち込んだ。

通建業者各社は系列業者の再編や拠点統合などの効率化を推進している。日本コムシスにおける北陸エリアの子会社再編、協和エクシオによる神奈川県横浜市南西部の施工拠点集約などがあげられる。また、この1~2年で、サンワコムシスエンジニアリング(サンコム)や協和エクシオ、ミライト、富士通ネットワークソリューションズ、KDDIエンジニアリングなどが組織改編や機構改革を実施した。

一方、引き続き、通建工事以外の事業参入も進む。日本コムシスとTOSYSにおけるクラウドPBXサービスの全国展開、サンコムによる太陽光発電設備の運用保守サービスの開始、小型風力発電事業への参入などである。

今後に関しては、事業者による投資自体は横ばい、微減傾向とみられる。相次ぐ災害の中、インフラとしての携帯電話サービスの重要性が増し、一定の規模感を鑑みた投資が必須と考えられ、大幅な投資抑制の可能性は薄い。

通建工事では、無電柱化推進法案による管路(埋設)工事の拡大、光卸の提供開始によるドロップケーブル工事の微増、トラフィック急増対策としてのセンタ設備工事の微増が想定される。他方、FTTHエリア整備完了に伴う架空線工事の縮小、3.5G/700MHz帯エリア整備完了後のスモールセル併設工事の縮小も懸念される。

本調査資料は変化を続ける通建業界の現状に関し、通信事業者の動向を把握しつつ、通建市場の実態を明らかにするとともに、全国の通建業者の事業概要を示すものである。

■調査結果抄録


■調査レポートの主な目次
※詳細な目次は以下の「レポート目次」をご参照ください。
http://www.mca.co.jp/itforecastreport/it-engineering-2017/

はじめに
◆調査背景
◆調査ポイント
◆通建工事市場規模とは
◆調査対象
◆調査区分

目次
1.市場動向編
 1.1. 通信建設業者グループの相関図
 1.2. 通信建設を取り巻く市場環境
  1.2.1. 固定系(アクセス)通信建設工事市場
  1.2.2. 固定系(ネットワーク)通信建設工事市場
  1.2.3. モバイル系通信建設工事市場
 1.3. 通信建設業者の動向
 1.4. 通信建設を支える業界団体
 1.5. 電気通信主任技術者数
2.市場分析編
 2.1. 通信事業者の設備投資動向
  2.1.1. 通信事業者を取り巻く市場環境
  2.1.2. NTTグループの通信建設設備投資動向
  2.1.3. KDDIグループの通信建設設備投資動向
  2.1.4. ソフトバンクグループの通信建設設備投資動向
  2.1.5. 電力系通信事業者の通信建設設備投資動向
 2.2. 通信事業者の通信建設設備投資動向
  2.2.1. 工事種類別通信建設設備投資動向
  2.2.2. 固定系(アクセス)通信建設投資
  2.2.3. 固定系(ネットワーク)通信建設投資
  2.2.4. モバイル系通信建設投資
 2.3. 通信建設工事市場規模
  2.3.1. 通信建設工事市場規模
  2.3.2. 固定系(アクセス)通信建設工事市場規模
  2.3.3. 固定系(ネットワーク)通信建設工事市場規模
  2.3.4. モバイル系通信建設工事市場規模
3.総括編
 3.1. 通信建設業界の現状と課題
  3.1.1. 固定系(アクセス)通信建設工事市場
  3.1.2. 固定系(ネットワーク)通信建設工事市場
  3.1.3. モバイル系通信建設工事市場
  3.1.4. 通信建設業者の動向
 3.2. 通信建設業界の将来構造
  3.2.1. 固定系(アクセス)通信建設工事市場
  3.2.2. 固定系(ネットワーク)通信建設工事市場
  3.2.3. モバイル系通信建設工事市場
 3.3. ネットワーク技術革新と通信建設市場への影響(SDN/NFVなど)
 3.4. 通信建設業者の方向性
 3.5. 無電柱化の動向
 3.6. 東電PGとJTOWERの動向
 3.7. NTT東/西日本によるアンテナ設備共有の動向
4.通信建設業者編
5.通信建設業者の会社概要一覧

■調査レポート詳細
発行日:2017年9月
判型:PDFファイル(A4版122頁)
発行・販売:株式会社 MCA
頒価:150,000円(税抜)
調査期間:2017年6月~2017年9月
販売方法:印刷レポート & PDFファイル


■株式会社 MCA(MCA Inc.)の会社概要
設立時期:1993年12月1日
代表者:代表取締役 天野浩徳
資本金:1,000万円
所在地:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-8-8 ASKビル 5F
事業内容:通信分野に関するコンサルティングやマーケティング事業
     ・カスタムプロジェクト(委託調査)業務
     ・IT Forecast Report(モバイル/IT調査レポート)の企画/制作/販売業務

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 8年ぶりにフルモデルチェンジし、新型プレミアムミ...
  • 本日ユニセフ(国連児童基金)は貧困状態にある子...
  • 1986年の男女雇用機会均等法施行以来、仕事と育児...
  • ICT総研では、動画を再生する際の品質・通信速度を...
  • テレワークにより、情報通信機器等を活用して在宅...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.