サービス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > サービス

アイデミアとArkessaがeUICCで提携し、産業および企業向けIoTで成長を推進

2018年02月13日

仏コロンブ

(ビジネスワイヤ) -- デジタル化が進む世界で拡張本人確認を世界的にリードするIDEMIAと、M2M/IoT接続サービス・プロバイダーのリーディングカンパニーであるArkessaは本日、eUICC(組み込みユニバーサル集積回路カード)および加入管理サービスを世界の企業および産業用IoT顧客に提供するために提携関係を拡大したと発表しました。

Arkessaの接続管理サービスには世界的な携帯通信インフラが含まれ、これは、国際ローミング接続と国内接続のための主要な移動体通信事業者(MNO)とのネットワーク統合を基盤とし、IoTに対する障害を少なくしています。このプラットフォームに、今回、アイデミアのeUICCと加入管理サービスが含まれるようになり、導入プロセスと運営に一貫性と信頼性がもたらされます。再接続することやデバイスを操作することなくSIMプロファイルの切り替えやローカライズができるようになるため、企業用IoTの利用者は、技術面や商業面のビジネス・ニーズに合わせてカスタマイズする自由度が高まります。

この自由度だけでなく、2G、3G、4G、NB-IoT、LTE Cat M、5Gといった幅広い無線技術を利用できることから、セルラーIoTの導入が世界的スケールで加速しています。Arkessaとアイデミアの能力が組み合わされることで、大規模な企業向けIoTの配備が単純化し、障害が少なくなります。

eUICCベースのソリューションは、OEMによる企業グレードIoTソリューションの設計と導入の方法を変革しています。自動車市場や家電市場を中心に、あらゆるセクターのOEMが、グローバル接続機能を製品に組み込むことができるようになりました。そうすることで、これまで普通は高級モデルのスマートフォンやeリーダー・デバイスでしか不可能だった優れた利便性を製品に盛り込むことが可能になっています。IoTデバイスは画面を持たないことが普通であるため、手元操作不要のプロビジョニングや稼働を可能にする上でネットワーク・サービスが極めて重要な要素となります。

アイデミアのコネクテッド・オブジェクト担当エグゼクティブバイスプレジデントのYves Portalierは、次のように述べています:「ArkessaマルチネットワークMVNOプラットフォームをアイデミアのIDEMIAおよび加入管理サービスと組み合わせることで、私たちは将来長く利用できる安全性の高い接続ソリューションを世界的にあらゆる種類のIoTビジネスのために提供することができます。強力な国際的なチャネル・パートナーシップを活用して市場投入を有利に進めることのできる立場にあるArkessaを、ありがたく思っています。」

Arkessa最高経営責任者(CEO)のAndrew Orrockは、このように語っています:「私たちは、アイデミアとの提携関係を拡大して企業向けIoTソリューションとサービスでリーダーの立場に立つことができることに期待を感じています。eUICCの制御性、柔軟性、世界的利用可能性は、IoTビジネスに深い影響を与えており、Arkessaが事業を行うすべてのセクターにおいて驚くほど多数の機会が控えていることを認識しています。ヘルスケア、自動車、ロボット、家電・オフィス製品、ドローン、小売、販売の分野は、その好例です。」

アイデミアについてOT-モルフォは、アイデミアという名称になりました。アイデミアは、ますますデジタル化される世界に対応するための拡張された本人確認技術の世界的リーダーとして、接続さ れた環境で可能になった方法で市民と消費者が交流、支払い、接続、旅行、投票ができるよう支援するという野心を持っています。私たちが暮らす現在の世界では、私たちの本人確認情報のセキュリティーを確保することが必要不可欠となっています。拡張された本人確認を支持する立場に立 ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、この資産を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は金融、通信、本人確認、公共のセキュリティー、IoTの分野の国際的顧客を対象に、プライバシーと信頼を確保するとともに、認証されセキュアで検証可能なトランザクションを保証します。アイデミアはOT(オベルチュール・テクノロジーズ)とサフラン・アイデンティティー・アンド・セキュリティー(モルフォ)が合併して生まれました。売上高が30億ユーロ近くに上り、世界で1万4000人の従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。

詳細については、www.idemia.comをご覧ください。ツイッターで@IdemiaGrouppをフォローしてください。

ArkessaについてArkessaは世界的なM2Mマネージドサービスプロバイダーであり、モノのインターネット(IoT)の接続を容易で未来に対応したものにしています。所在地、ネットワーク事業者、無線技術を問わず、ArkessaはデバイスとサービスをIoTに結びつけます。詳細情報については、www.arkessa.com/euiccをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

IDEMIA
Press:
Havas Paris PR Agency
idemia@havas.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • しゅふJOB総研が働く主婦層を対象に「引退年齢と年...
  • 政府のすすめる教育無償化の一環として大学無償化...
  • 市場調査業のトゥルーデータが全国ドラッグストア...
  • ディップが「無期雇用転換ルール(2018年問題)」...
  • プラネットが車に関する意識調査の結果を公表。自...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.