技術・開発 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 技術・開発

【報道資料】水産加工品の生産工程の“見える化”を目指しAIを活用した実証実験を実施 [NECソリューションイノベータ株式会社]

NECソリューションイノベータ株式会社

実証実験における撮影ポイント

 NECソリューションイノベータ株式会社(以下、NECソリューションイノベータ)、株式会社極洋(以下、極洋)、極洋食品株式会社(以下、極洋食品)および東北大学大学院工学研究科情報知能システム研究センター(以下、東北大IIS研究センター)は共同で、2017年8月から11月にかけて、水産加工品の生産工程の”見える化”に関する実証実験を行い、生産効率の向上につながる効果を得ることができました。
 本実証実験では、生産ラインを撮影したカメラ画像をAI(人工知能)技術を用いて診断し、生産個数の計測や2級品の検出などの精度の検証を行いました。

 本実証実験の結果、得た効果は次のとおりです。
・生産個数の計測において、99%以上の精度を実現
・生産ラインの撮影画像1枚あたり0.05秒以内で2級品を検出
・一部の水産加工品において、調理と2級品発生原因との関連の可能性を確認

 なお本実証実験は、極洋および極洋食品の水産物を中心とした水産加工製品生産技術、東北大学が持つ高精度の画像処理技術学術研究と、NECソリューションイノベータが有するAI技術を活用して行ったものです。
 今後も4者は、生産現場のさらなる効率改善や熟練者の技術の継承、生産工程の省人化などにおいて共創することで、持続可能な水産加工品業の実現を目指します。

【背景】
 これまで水産加工品の生産工程では、熟練技術者の目視による品質チェックが一般的でしたが、熟練技術者の高齢化と水産加工業の従事者の減少により、技術の継承と人手不足が、将来大きな課題となることが予測されています。
 特に東北地域では、東日本大震災以降、こうした傾向が顕著になり、1級品と2級品の判別において、従来の精度とスピードを維持できなくなることが懸念されています。また、多くの水産加工品の生産現場では、生産工程の”見える化“が行われていないため、1級品と2級品が発生する原因を捉えられず、歩留まり率の向上に課題を抱えています。
 そこで、NECソリューションイノベータ、極洋、極洋食品、東北大IIS研究センターの4者は共同で、持続可能な水産加工業の実現に向け、ICTを活用した簡易な構成で実装できる、水産加工品の生産工程の”見える化”技術の開発を目指し、実証実験を行いました。

【実証実験の概要】
1.実施時期
2017年8月~11月(うち、評価対象品目の計測は2日間)

2.実証場所
極洋食品 塩釜工場(宮城県塩竈市)

3.対象品目
エビフリッター、コロッケ、フライ

4.評価の内容
生産効率の向上に向け、次の効果測定および2級品発生の原因を究明する。
・水産加工品の生産工程において、工程ごと(「下ごしらえ」
「調理」など)のAI画像診断による生産個数計測の精度
・2級品の検出精度(生産ラインのカメラ撮影を、1秒間に15枚~20枚程度の頻度で行い、撮影した画像から画像診断技術により2級品を検出)
・生産工程における2級品の発生パターン分析による原因の究明

【実証された効果】
・「調理」工程において、生産個数の計測99%以上の精度を実現(※1)
・生産ラインの撮影画像1枚あたり0.05秒以内で2級品を検出(※2)
・一部の水産加工品において、調理と2級品発生原因との関連の可能性を確認
※1 エビフリッターの調理工程において、任意の10分間に流れた個数7,046個中、7,036個を計測(99.85%)
※2 エビフリッターの下ごしらえと調理工程において、平均画像解析速度0.05秒以内を達成


【今後の展開】
 NECソリューションイノベータ、極洋、極洋食品、東北大IIS研究センターの4者は、本実証実験で得られた成果を活かし、生産工程に実装できる仕組みの実現を目指します。また、「マシンインテリジェンス研究会」(会長:東北大学大学院 情報科学研究科 青木 孝文教授)と連携し、VRやロボティクスなど最新のICTを活用し、生産現場のさらなる効率改善や、熟練者の技術の継承、生産工程の省人化などに向け、今後も共創を推進していきます。

【参考】
マシンインテリジェンス研究会
所在地:宮城県仙台市
(参考URL:http://mitoos.jp/

以上

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
NECソリューションイノベータ 東北支社 第二ソリューション事業部
電話:(022)215-5648
E-Mail: visualization_fa@nes.jp.nec.com


【付帯情報】
・実証実験における撮影ポイント
http://itm.news2u.net/items/output/158867/1
・見える化画面(イメージ)
http://itm.news2u.net/items/output/158867/2


News2uリリース詳細へ

関連URL:http://www.nec-solutioninnovators.co.jp/press/20180213/index.html

見える化画面(イメージ)

記事提供:news2u

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • 文書をめぐっては財務省が約900ページに及ぶ学...
  • 厚労省は23日、3月分の毎月勤労統計調査の結果を公...
  • これまでのαとβの2グレードだったS660に加わった「...
  • 個人で不要なものを売買できるフリーマーケットア...
  • 愛知県豊田市のトヨタ本社工場敷地内に建設中のFC...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.