企業動向 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 企業動向

「Japan Times Satoyama推進コンソーシアム」設立について — 日本の里山活動を世界へ向けて発信 — [株式会社ジャパンタイムズ]

株式会社ジャパンタイムズ

株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤丈晴)は、「里山資本主義」(※)の実践者・地方自治体・企業の取り組みを海外へ英語で発信し、地域産業の認知や価値を高めることを目的とする「Japan Times Satoyama推進コンソーシアム」を2018年1月に設立します。

●ウェブサイト:http://satoyama-satoumi.net

【設立趣意】
2013年に出版された『里山資本主義』は、その年の大きな話題となりました。リーマンショックが象徴する「お金がお金を生む経済(マネー資本主義)」にのみ依存するのではなく、金銭的価値のない自然由来の資源に、地域で暮らす人々の手によって新たに交換可能な価値が与えられ、安心で将来性のある地域社会をつくるという新しい資本主義のあり方を提唱し、大きな関心を集めました。以来、自然環境の中の様々な未活用資源が、地域の実践者の手によって活かされ、雇用を生み、地域全体の活性化に繋がる事例が増えてきました。

一方で、その活動の意義や成果が多くの人に伝わっておらず、支援の輪や活動への理解が広がっていないのも事実です。

そこで、本コンソーシアムでは、創刊120年余の歴史を持つジャパンタイムズの紙面・Webサイトや取材網を活用し、『里山資本主義』が掲げるビジョンの実現に向けて、「里山」を「Satoyama」として、その活動を広く内外へ発信してまいります。里山から、里川、里海へと視界を広げ、既存の産業とのマッチングや、新たな物産の販売・流通のネットワーキング、インバウンド観光客への対応など、その多岐にわたる実践情報を収集・共有・発信という形で支援してまいります。

地域で地道に活動する実践者を支援し、またその活動を日本と同様の課題を抱える海外へも発信していくことで、『Satoyama』を広く周知し、ひいては持続可能な社会の実現に貢献することを目指してまいります。本コンソーシアムの活動主旨にご賛同をいただき、是非ご参加いただければ幸甚です。


【Japan Times Satoyama推進コンソーシアムの活動指針】
1. 里山資本主義の実践者を支え、つなぎ、増やしていき、その活動を持続可能なものにしていくこと。
2. 里山資本主義が、マネー資本主義のオルタナティブな選択肢として機能するようにすること。
3. 里山資本主義への支援や関与が、企業や自治体等の国内外での価値を高める環境をつくること。


※「里山資本主義」は日本の地域で同時多発的に起こっている、農業や漁業を中心とした地域循環型の経済活動を指します。海外では「satoyama」として認知され、持続可能な地域への取り組みとして、地域活性化、地方創生の一環としても注目されています。


【運営体制】
<代表> 
 末松(神原)弥奈子 (株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役会長)

<事務局>
 事務局長:吉田 雄人(前 横須賀市長 / 早稲田大学環境総合研究センター招聘研究員)

<アドバイザリーボード>
 藻谷 浩介(株式会社 日本総合研究所 主席研究員)
 井上 恭介(株式会社 NHK エンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー)
 御立 尚資(ボストン コンサルティング グループ シニア・アドバイザー)

<運営委員会>
 委員長:松嶋 匡史(株式会社瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役 / 内閣府地域活性化伝道師)
 副委員長:鈴木 英敬(三重県知事)
 副委員長:太田 正隆(株式会社 JTB総合研究所 主席研究員 / 慶応義塾大学大学院 特任教授)


◆三重県知事 鈴木英敬氏からのメッセージ◆
120年の歴史を持つジャパンタイムズ様のご尽力により、三重県をはじめ我が国の地域に数多く存在する魅力的な資源や生産者・実践者の夢や志が、いよいよ世界へ発信されるチャンスを得て、ワクワクした気持ちでいっぱいです。ジャパンタイムズ様の特集紙面のおかげで、2016年に三重県で開催されたG7伊勢志摩サミットにおいて、「日本のふるさとの原風景」とも言える三重県の魅力が大いに発信されました。
里山は、「幸せ」や「豊かさ」の宝庫です。それらの「未来の宝物」が地域を超えてつながり、更に輝きを増すことを実現するプラットフォームである「Japan Times Satoyama推進コンソーシアム」が発展していくことを大いに期待しています。

【協力自治体一覧】(順不同)*2017年11月28日時点
三重県 鈴木英敬 知事
熊本県 蒲島郁夫 知事
長野県 阿部守一 知事
広島県 湯﨑英彦 知事
伊那市 白鳥孝 市長
小田原市 加藤憲一 市長
尾道市 平谷祐宏 市長
鎌倉市 松尾崇 市長
逗子市 平井竜一 市長
千葉市 熊谷俊人 市長
つくば市 五十嵐立青 市長
奈良市 仲川げん 市長
日南市 﨑田恭平 市長
浜松市 鈴木康友 市長
福岡市 髙島宗一郎 市長
福山市 枝廣直幹 市長
美濃加茂市 藤井浩人 市長
山形市 佐藤孝弘 市長
厚沢部町 渋田正己 町長
邑南町 石橋良治 町長
神石高原町 入江嘉則 町長
周防大島町 椎木巧 町長
箱根町 山口昇士 町長
葉山町 山梨崇仁 町長

【本件に関する問い合わせ先】
<報道関係者>
経営推進部(福西・佐々木)
E-mail:pr@japantimes.co.jp
TEL:03-3453-5312(代)

<コンソーシアムに関する問い合わせ>
Japan Times Satoyama推進コンソーシアム事務局 
E-mail: satoyama@japantimes.co.jp
TEL: 03-3453-5364


【付帯情報】
・プレスリリース
http://itm.news2u.net/items/output/157456/1


News2uリリース詳細へ

関連URL:http://satoyama-satoumi.net

記事提供:news2u

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • ホンダは「Modulo X」の第4弾として、「FREED」を...
  • 今月6日、最高裁判所大法廷はテレビを持つ人に受...
  • ロームは昇降圧充電IC「BD99954GW」と「BD99954MWV...
  • インバウンド情報を手がける株式会社やまとごころ...
  • マクロミルは都内タクシーの初乗り運賃値下げに関...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.