企業動向 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
製品 サービス 企業動向 業績報告 調査・報告 技術・開発 告知・募集 人事 その他
とれまが >  ニュース  > リリースニュース  > 企業動向

世界NO.1空港 シンガポール・チャンギ国際空港へ出店 日本食飲食モール運営の新会社を共同設立

全日空商事株式会社

全日空商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西村健)は、このたび、合弁会社「SG RETAIL PARTNERS PTE LTD.(以後、SGRP)」を設立、本年11月にシンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2内の搭乗ゲート前ロビーエリアに日本食飲食モール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を開業いたします。
「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、世界中で日本の食文化への関心が高まっており、東南アジアにおいても日本食がブームとなっていることから、「JAPAN GOURMET HALL SORA」では、日本食でも人気の高いラーメンや丼物など6店舗を構える予定です。




■ 世界ランキングトップ、利用者数東南アジア最大のシンガポール・チャンギ国際空港へ出店
1981年に開港したシンガポール・チャンギ国際空港は、航空業界の格付け会社であるSKYTRAX(本部:英国ロンドン)が発表した2017年の世界空港ランキング※1で、5年連続で1位を獲得しています。また、2016年には、5,870万人 ※2が利用する、東南アジア最大の国際空港となっており(2016年度 国際線旅客数:成田空港 約3,241万人※3)、今後もターミナル4の増設や総合商業施設「ジュエル」の開業も予定されていることから、更なる利用客の増加が見込まれています。日本食飲食モール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を展開するターミナル2は、ANAを含む31社が就航しており、年間利用者数も2,040万人に上ります(調査会社調べ)(2016年推定値)。また唯一の地下鉄(MRT)直結のターミナルでもあり、旅客だけでなく、空港関係者が近隣住民などフライトの有無に関わらず利用できる施設です。

■ 海外リテール事業について
全日空商事では、2015年よりシンガポール市内の商業施設「SUNTEC CITY」にて日本食飲食エリア「Eat at 7」を運営(運営:合弁会社「GLOBAL RETAIL PARTERS PTE LTD.」)しており、このたびのSGRPによる「シンガポール・チャンギ国際空港」の日本食飲食モール「JAPAN GOURMET HALL SORA」の運営を通じてさらにノウハウを蓄積し、今後も海外のリテール事業展開を加速してまいります。

※1. The World's Top 100 Airports in 2017
http://www.worldairportawards.com/awards/world_airport_rating.html
※2. チャンギ・エアポート・グループ HPより抜粋
http://www.changiairport.com/corporate/about-us/traffic-statistics.html
※3. 成田国際空港株式会社 空港運用状況(2016年度)
http://www.naa.jp/jp/airport/pdf/unyou/n_20170629_2.pdf

■ 新会社の概要
・会社名: SG RETAIL PARTNERS PTE. LTD.
・所在地: 70 BENDEMEER ROAD #04-01 LUZERNE SINGAPORE
・役 員: 全日空商事から2名+現地パートナー1名
・社員数: 若干名
・資本金: シンガポール$1.5M(約1.2億円)
・出資比率: 全日空商事(60%)、現地パートナー(40%)
・業務内容: JAPAN GOURMET HALL SORAの運営
(フードホール全体管理、フランチャイズブランドの直接運営)

■ シンガポール・チャンギ国際空港の概要
・開港: 1981年
・施設: 2017年7月現在、ターミナル1~3が稼働。2017年後半には、ターミナル4がオープン予定。空港内には360店以上の店舗、140店以上の飲食店があり、映画館、プールなどがある。また、ターミナル1の隣接地には2019年開業予定の総合商業施設「ジュエル」を建設中。

■ JAPAN GOURMET HALL SORAの概要
・名称: JAPAN GOURMET HALL SORA
・業態: 日本食飲食モール
・開業: 2017年11月上旬(グランドオープン)
・面積: 約721m2
・場所: ターミナル2(搭乗ゲート前ロビーエリア)
・ブランド数: 6ブランド(ラーメンや丼物など)
・総座席数: 約290席
・コンセプト: 旅行者だけでなく、老若男女問わず近隣住民の方々にもご利用いたけるように、キッズコーナーや座敷の設置など工夫を凝らし、快適な空間を実現。

■ 全日空商事 会社概要
全日空商事は1970年、ANAの航空機運航業務に必要な物品調達、空港店舗業務等を目的に設立されました。その後、40年以上にわたる活動を通して、多彩な事業を展開。「エアライン系商社」というユニークな存在として、独自の道を歩んでいます。
[社名] 全日空商事株式会社
[代表者] 西村 健 (にしむら・けん)
[設立] 1970年10月15日
[資本金] 10億円
[所在地] 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター TEL:03-6735-5011(代)
[売上高] 連結1,368億円、単体604億円 (2016年度)
[株主] ANAホールディングス株式会社
[従業員数] 連結2,202名、単体440名(2017年3月31日現在)
[URL]http://www.anatc.com/

<本件に関するお問合せは下記までお願いいたします>
全日空商事株式会社 経営企画部 広報担当 森川・早藤
TEL:03-6735-5090  FAX:03-6735-5035

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • ホンダはナイジェリアで、品質と徹底したコスト削...
  • 2017年世界ラリー選手権最終戦、ラリー・オースト...
  • 総務省は7~9月期の労働力調査速報を発表。既に公...
  • 原材料費、燃料費、運送費の値上げとまさしく「三...
  • 人口構造の変化によって、人々の生活環境に対する...

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.