PC – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > PC

ナブテスコ、Qlikにより迅速で正確なデータ分析を実現しイノベーションを生み出すマーケティング力を増強

クリックテック・ジャパン株式会社

東京 - 2021年6月11日 - Qlik(R)( https://www.qlik.com/ja-jp )は本日、生活のあらゆる場面で精密機器の“うごかす、とめる”を制御するモーションコントロール技術で世界をリードするナブテスコ株式会社(TSE:6268、本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO):寺本 克弘、以下 ナブテスコ)が、Qlik Sense(R)( https://www.qlik.com/ja-jp/products/qlik-sense )を利用してデータ統合と部門間・部門内のデータ連携を進め、迅速で的確なデータ分析およびデータに基づいた意思決定と行動を可能にする、データ主導型ビジネスを実現したことを発表しました。

90年を超える歴史を持つナブテスコは、産業用ロボットや油圧機器、航空・鉄道・自動車・船舶などの輸送用機器、自動ドアや包装機まで様々な精密機器のモーションコントロール技術で世界トップクラスの機械メーカーです。グローバル競争の激化をうけ、生産力強化、生産管理力強化、調達力強化を主眼に「ものづくりイノベーション」の構築を進め、2015年には組織横断的な「ものづくり革新推進室」を設立しました。

副室長の油野 博行(あぶらの ひろゆき)氏は、次のように述べています。
「グローバル市場で勝ち残るには、高い技術力だけではなくお客様の要求以上のサービスを提供しなければなりません。その要諦はマーケティング力であり、その基本はデータ分析にあります。常に市場の動向を捉え、誰もが素早く的確にデータを分析して行動することができれば、マーケティング力は大きく進展すると考えます。」

ナブテスコは迅速な意思決定を行えるようカンパニー制を導入し、データ収集もカンパニーごとに行っていますが、経営資源としての活用には限界がありました。データ主導型の仕組みに近づけるためにQlik Sense(R)を導入しデータ統合を開始したことで、表計算ソフトなどでこれまで何日もかかっていた集計作業が実質ゼロになり、正確なデータ分析により、今まで可視化できていなかった事実の把握が可能になるなど、様々な成果が上がっています。

ものづくり革新推進室 生産技術部ICT推進グループの譚 文彦(タン ウェンヤン)氏は次のように述べています。「Qlikを選択した理由は、様々なBIツールの中で最も操作性に優れ、データの読み込みから分析の画面表示まで一気通貫にでき時間的ロスがないことです。データパイプラインがプラットフォームとしてサポートされるメリットも大きく、各カンパニーにおける基幹システムとサブシステムの連携が強化され情報漏れも解消できました。私が最も評価している点は、必要なデータが即時に取得できデータの深掘りが可能になったことです。これは確かな裏付けのもとに意思決定を下せるということであり、うまく行かなければプラットフォームへ戻り再考すればいい。私たちは不確かなデータでギャンブルをする必要はないのです。」

ナブテスコではデータリテラシー教育にもいち早く取り組んでおり、Qlik担当者やパートナーと独自の研修プログラムを作成し、パワーユーザーを育て、一般ユーザーに裾野を広げる手法で、社内全体のデータリテラシー向上を図っています。さらにデータ活用を進めるためには、新たな組織作りなど思い切った改革が求められると、油野氏と譚氏はともに語ります。

クリックテック・ジャパン株式会社 カントリーマネジャーの今井 浩は次のように述べています。
「Qlikのプラットフォームでアクティブインテリジェンスを実現し、ナブテスコ様のイノベーション推進を支援できることを嬉しく思います。今後もQlik Sense(R)によるリアルタイムでのデータ収集機能やセルフサービスBI機能等の活用により、グローバルで勝ち続けるマーケティング力の強化に貢献できるよう努めるとともに、ナブテスコ様全社のデータリテラシー向上も全力でサポートして参ります。」


■2021年6月15日『Qlik TechFest』ナブテスコ様 ご講演のご案内
Qlikの実践的な技術情報や最新製品情報を一挙紹介する『Qlik TechFest』に、本プレスリリースでご紹介したナブテスコ株式会社 ものづくり革新推進室 生産技術部ICT推進グループ 譚文彦様も「Qlikを活用した在庫分析事例と実務展開について」(13:40~14:10)と題してご講演くださいます。詳細および『Qlik TechFest』につきましてはQlik Japan公認ブログもご参照ください。


■クリックテック・ジャパン株式会社およびQlik Technologies Inc.について
クリックテック・ジャパン株式会社は、米国Qlik Technologies Inc.の日本法人です。Qlikのビジョンは、誰もがデータとアナリティクスを使って意思決定を改善し、最も困難な問題を解決できる、データリテラシーの高い世界です。プライベートSaaS企業であるQlikは、データ、インサイトおよびアクションの間のギャップを解消するために、エンドツーエンドでリアルタイムなデータ統合およびアナリティクスのクラウドプラットフォームを提供しています。データをアクティブインテリジェンスに変換することで、企業はより適切な意思決定を行い、収益および収益性を向上し、顧客との関係を最適化することができます。Qlikは世界100ヶ国以上で事業を展開しており、世界中で50,000社以上の顧客にサービスを提供しています。

(C) 2021 QlikTech International AB. All rights reserved. All company and/or product names may be trade names, trademarks and/or registered trademarks of the respective owners with which they are associated.


詳細はこちら

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.