インターネット – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > インターネット

日本TI、生産性向上につながるスマート・ファクトリのトレンドに関する技術記事を公開

日本テキサス・インスツルメンツ合同会社

日本TI、生産性向上につながるスマート・ファクutf-8


[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1516/33962/400_200_201907181937465d304bfaea483.jpg

日本テキサス・インスツルメンツは、このたび「生産性向上につながるスマート・ファクトリの3つのトレンド」に関する新しい技術記事を公開しました。生産現場のシステムがダウンした場合、一部の自動車メーカーでは、非稼働の間1分当たりおよそ22,000ドルも浪費していることになります。このような利害を考慮し、効率的で先進的なマシン間コネクティビティとマイクロ秒単位の高速通信を実現するために、スマート・ファクトリ・テクノロジの進化が待ち望まれています。本技術記事では、インダストリー4.0にインテリジェンスを加えるトレンドを3つご紹介します。


同じ生産ラインを使っていろいろな飲み物のボトル充填をする飲料工場
モジュール式生産セルにより、同じラインでさまざまな車種を組み立て、ダウンタイムをほぼゼロにできる自動車メーカー
部品やシステムの故障が発生する前に故障の可能性があることを技術者に通知
物体を感知して衝突を避ける能力を持つ機械が人間と協働

TIのシステム・アーキテクチャであるThomas Leyrerは、「未来の工場は、非常に高効率で、高度につながったものになるでしょう。いくつかの最新のイノベーションにより通信機能が劇的に向上し、必要とされる帯域幅の増加にも対応します。」と述べます。

インダストリー4.0に向けた「次」のステップを設計しましょう

1. 先進の産業用通信により予防保全を実現

 スマート・ファクトリが自分から通話できる、それがマシン間コネクティビティと通信の強化で目指してきたレベルであり、その他多数の機能も実現されています。

 ギガビット・イーサネットのTSN(タイム・センシティブ・ネットワーキング)によりコネクティビティと製造機械同士のデータ確認速度が向上し、IO-LinkやSitaraTM AM6xプロセッサなどのテクノロジーにより生産現場から得たそのデータを利用したり、リアルタイムに読み解いたりができるようになります。産業用IoT(IIoT)関連のアプリケーションのおかげで、技術者は部品やシステムの故障が発生する前に故障を予測できるようになり、次世代の製品開発が改善されます。

 Thomasは次のように述べています。「例えば、ある種の機械が50か所にバラバラに配置されている場合、現在では技術者がそれぞれの性能を比べたり、湿度や電源、その他の周辺データといった変動要素を制御できたりするようになっています。ある機器のパラメータの1つが限度を超えると、予防保全を行うよう警告信号が発生します。保全作業は、ソフトウェアのアップグレードの場合はリモートで、部品の修理や交換の場合は現地で行うことになります。」

※すべての登録商標および商標はそれぞれの所有者に帰属します。

全文はこちらからご覧ください。
URL:https://e2e.ti.com/blogs_/japan/b/industrial/archive/2019/07/18/3-smart-factory-trends-that-will-boost-productivity?HQS=epd-pro-rap-3smarttrend-pr-lp-digitalpr-jp
 


テキサス・インスツルメンツおよび日本テキサス・インスツルメンツについて

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1516/33962/300_76_201906131329235d01d123e8700.jpg

コネクテッド・カーおよびインテリジェントホームから自己測定医療機器や自動化工場まで、テキサス・インスツルメンツ(本社:米国テキサス州ダラス、会長、社長兼CEO:リッチ・テンプルトン、略称:TI)の製品は、あらゆる種類のエレクトロニクス・システムに活用されています。TIは、30か国以上で事業を展開し、アナログICおよび組込みプロセッサの設計、製造、検証および販売を行っています。世界中で約3万人の当社の従業員は、誠実、革新、コミットメントをコア・バリューとし、テクノロジーの未来を形作るため日々の業務に取り組んでいます。当社の情報はホームページ(http://www.ti.com/
)をご参照ください。

日本テキサス・インスツルメンツ(本社:東京都新宿区、社長:グレッグ・ハンタック、略称:日本TI)は、テキサス・インスツルメンツの子会社で日本市場における外資系半導体サプライヤです。当社に関する詳細はホームページ(http://www.tij.co.jp
)をご参照ください。




本件に関するお問合わせ先
Mail:Pr_ti@allisonpr.com

関連リンク
日本テキサス・インスツルメンツ
http://www.tij.co.jp
生産性向上につながるスマート・ファクトリの3つのトレンド
https://e2e.ti.com/blogs_/japan/b/industrial/archive/2019/07/18/3-smart-factory-trends-that-will-boost-productivity?HQS=epd-pro-rap-3smarttrend-pr-lp-digitalpr-jp

日本TI、生産性向上につながるスマート・ファクutf-8

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.