インターネット – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > インターネット

【京都産業大学】遠藤 斗志也 教授がハンス・ノイラート賞を受賞!永田 和宏 京都産業大学名誉教授に続く日本人2人目の快挙

京都産業大学



京都産業大学 生命科学部 遠藤 斗志也 教授(タンパク質動態研究所 所長)が、世界のタンパク質研究をリードする国際組織「The Protein Society(米国蛋白質科学会)」から、2021年度の「Hans Neurath Award(ハンス・ノイラート賞)」を受賞することが決定した。




「ハンス・ノイラート賞」は、タンパク質科学の基礎研究の分野において顕著な功績をあげた個人に贈られる賞で、今回の受賞では、遠藤 教授が解明したミトコンドリアタンパク質輸入機構の分子理解に関する研究功績が高く評価された。過去の受賞者には前京都産業大学タンパク質動態研究所所長の 永田 和宏 名誉教授がおり(2017年受賞)、日本人2人目の快挙となる。
授賞式と受賞記念講演会は、2021年7月10日(日本時間)にオンラインで実施される予定。今後も細胞小器官の構造機能研究の分野を世界的にリードしていく。

【受賞理由(The Protein Society提供)】
遠藤 教授は細胞小器官(オルガネラ)の構造機能研究の世界的リーダーであり、タンパク質の細胞内輸送とミトコンドリアバイオロジーの分野に多大な貢献をしてきました。生化学的、分子生物学的、そして構造生物学的手法を革新的に組み合わせて、タンパク質研究における重要な問題を次々に解決してきました。遠藤 教授が達成したミトコンドリアタンパク質の輸送装置の分子レベルでの理解は、今日のミトコンドリア研究のハイライトであり、ミトコンドリア機能欠損に伴う病態理解の基礎を与えるものでもあります。

むすんで、うみだす。  上賀茂・神山 京都産業大学

<関連リンク>
・生命科学部 先端生命科学科 遠藤 斗志也 教授
https://www.kyoto-su.ac.jp/faculty/professors/ls/endo-toshiya.html
・京都産業大学 タンパク質動態研究所
https://www.kyoto-su.ac.jp/collaboration/ph/kikou_pr.html




▼本件に関する問い合わせ先
京都産業大学 広報部
住所:〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
TEL:075-705-1411
FAX:075-705-1987
メール:kouhou-bu@star.kyoto-su.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.