インターネット – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > インターネット

米国データセンタ向け放熱・冷却製品の主力フィリピン工場でカーボンニュートラルを達成

古河電気工業株式会社

~バリューチェーン全体での温室効果ガス排出削減に貢献~

● データセンタ向け放熱・冷却製品を製造するフィリピン工場で全電力を再エネ電力に置き換え
● 同工場の電力使用に伴い排出される年間約5,000tの温室効果ガスを削減する見込み
● 同工場におけるスコープ1、2での温室効果ガス排出量ゼロを達成

 古河電気工業株式会社(本社:東京都千代田区大手町2丁目6番4号、代表取締役社長:小林敬一)は、米国データセンタ向け放熱・冷却製品の主力生産拠点であるフィリピン工場(FURUKAWA ELECTRIC THERMAL MANAGEMENT SOLUTIONS & PRODUCTS LAGUNA, INC.、以下、FTL)において、フィリピンのAboitizグループと契約を締結し、2022年10月より同工場内で使用する全ての電力を再生可能エネルギー電力(以下、再エネ電力)に置き換えることでスコープ2(注1)での温室効果ガス排出量ゼロを達成します。

■背景
 地球温暖化をはじめとする様々な気候変動が地球全体の環境に深刻な影響を及ぼしており、世界的に持続可能な社会の実現に向けた取り組みの必要性が高まっています。当社も「環境ビジョン2050」を策定し、脱炭素社会への貢献としてバリューチェーン全体での温室効果ガス排出削減を掲げています。
 サーマル・電子部品事業部門の主力工場としてデータセンタ向け放熱・冷却製品を製造するFTL社では、バリューチェーン全体での温室効果ガス排出削減という顧客要求の高まりに対応するため大幅に温室効果ガスの排出削減が求められており、再エネ電力の導入を検討してきました。

■内容
 本工場は、2019年に新設し2021年夏より本格量産を開始しました。本年5月から使用する全電力の約50%を水力由来の再エネ電力で稼働していましたが、残り約50%についても本年10月から地熱由来の再エネ電力に置き換えることが確定しました。これにより全電力が再エネ由来電力となり、年間約5,000tの温室効果ガス排出量削減を見込んでおり、スコープ2での温室効果ガス排出量がゼロとなります。
 なお、従来より本工場におけるスコープ1(注2)の温室効果ガスの排出はなく、今回スコープ2の電力を再エネ電力に置き換えることで工場全体の温室効果ガス排出ゼロを達成します。

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1782/63186/350_263_20220921150441632aa979097c7.jpg

FURUKAWA ELECTRIC THERMAL MANAGEMENT SOLUTIONS & PRODUCTS LAGUNA, INC.

(注1)スコープ2:自社が購入した電力熱などの使用による間接排出
(注2)スコープ1:自社工場・オフィスからの直接排出

■古河電工グループのSDGsへの取り組み
当社グループは、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を念頭に置き、2030年をターゲットとした「古河電工グループ ビジョン2030」を策定して、「地球環境を守り、安全・安心・快適な生活を実現するため、情報/エネルギー/モビリティが融合した社会基盤を創る。」に向けた取り組みを進めています。ビジョン2030の達成に向けて、中長期的な企業価値向上を目指すESG経営をOpen,Agile,Innovativeに推進し、SDGsの達成に貢献します。

古河電工グループのSDGsへの取り組み
https://furukawaelectric.disclosure.site/ja/themes/182

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.