企業動向 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
インターネット ネットビジネス PC モバイル セキュリティ ゲーム AV
とれまが >  ニュース  > コンピューターニュース  > 企業動向

経腸栄養剤の市場規模、2027年に82億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「経腸栄養剤の世界市場:製品別 (高分子、エレメンタル、特定疾患向け)・段階別 (成人、小児)・用途別 (腫瘍、消化器、神経、代謝亢進)・エンドユーザー別 (病院、長期介護施設 (LTCF)、在宅介護) の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を8月31日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1114740-enteral-feeding-formulas-market-by-product.html

経腸栄養剤の市場規模は、2022年の52億米ドルからCAGR9.5%で成長し、2027年には82億米ドルに達すると予測されています。経腸栄養法は、胃腸の経路を利用して、チューブまたは経口で栄養剤を与える方法で、経腸栄養は、摂食に関連する最も一般的な用語です。チューブを通して供給される食品や栄養は、従来の食事や固形食の摂取に代わるものとして機能します。経腸栄養は主に医師の処方によるもので、慢性疾患の患者を中心に医療従事者の協力を得て行われます。経腸栄養を投与するために、さまざまな経腸製剤が商品化されています。医療費の増加、世界的な早産児の急増、経腸栄養を必要とする高齢者の増加、糖尿病、がん、消化器疾患、神経疾患などの慢性疾患の有病率の上昇、経腸栄養の利点に対する認識の高まり、新興国における医療施設の急速な改善などの要因が、市場をさらに発展させると考えられます。また、費用対効果や栄養面でのメリットから非経口栄養から経腸栄養への移行が進み、長期介護施設での経腸栄養剤の採用が拡大していることも、今後の市場の牽引役となることが期待されています。一方、患者の安全性に関するリスク、一部の発展途上国や低開発国における不十分または償還不足、世界中で訓練を受けた医師が少ないことなどが、市場成長の課題となっています。

牽引要因:経腸栄養の利点と費用対効果

経腸栄養は、消化管(食道、胃、小腸、大腸を含む)を介して人工栄養剤や薬剤を投与します。また、非経口栄養は、中心静脈または末梢静脈からカテーテルを用いて栄養剤または薬剤を静脈内に投与します。経腸栄養法は、非経口栄養法に比べて合併症が少なく、市場の成長を促す主な要因となっています。米国非経口・経腸栄養学会(ASPEN)のガイドラインでは、栄養サポート療法を必要とする重症患者において、非経口栄養よりも経腸栄養の方が望ましい栄養補給ルートであると強調されています。また、経腸栄養のコストは非経口栄養と比較して安く、1人1日あたりの経腸栄養のコストは、非経口栄養の40%で済みます。このような経腸栄養のコストメリットと手頃な価格が、経腸栄養剤市場の大幅な増加につながっています。

抑制要因:患者の認識不足

認知症患者に関する近年の研究では、認知症が進行した患者に栄養チューブ(FT)を使用しても、健康上の良い結果は得られず、悪影響を及ぼす可能性があることが観察されています。しかし、この研究の中で、FTの適応について医師の間に大きな知識のギャップがあることが観察されており、これらの認知症患者にFTを使用する適応がないと回答したのはわずか17.9%でした。また、重症患者への経腸栄養に焦点を当てた多くの臨床実践ガイドラインがあるにもかかわらず、ガイドラインの推奨と実際の栄養パフォーマンスとの間に大きなギャップがあることが確認されています。さらに、栄養不足も世界的な問題となっており、現在、病院部門は、標準化と体系的なENトレーニングの強化、ICU専任の栄養士の配置、医療資源と人員の合理的な配分などにより、市場成長の抑制要因を最小限に抑えようとしています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1114740-enteral-feeding-formulas-market-by-product.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。







配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

記事提供:DreamNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.