ビジネス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > ビジネス

イーストディル・セキュアードがテマセクおよびグッゲンハイム・インベストメンツの顧客との提携による経営陣主導の資本再編の正式契約を発表、トップクラスの独立系非公開不動産投資銀行としての地位を固める

2019年06月12日

国内外での成長を加速し、技術向上、拠点拡大、戦略的関係を通じたイーストディル・セキュアードの顧客サービス向上を実現する提携 2019年第4四半期までの取引完了を見込む

ニューヨーク

(ビジネスワイヤ) -- オリジナルなトップクラスの非公開不動産投資銀行のイーストディル・セキュアードLLC(「イーストディル・セキュアード」または「当社」)は本日、シンガポールに本社を置く世界的投資会社のテマセクおよびグッゲンハイム・インベストメンツの特定の機関投資家顧客との提携により、経営陣主導の資本再編に関する正式契約を締結したと発表しました。2019年第4四半期までに完了予定の本売却の後、当社は非公開となり、イーストディル・セキュアードの現在の所有者であるウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニー(ウェルズ・ファーゴ)は引き続き少数持分を保持し、公開市場投資銀行はウェルズ・ファーゴのコーポレート&インベストメント・バンキング部門に移行して維持されます。当社はその名称を維持し、今後も引き続きベンジャミン・V・ランバート会長、ロイ・ヒルトン・マーチ最高経営責任者(CEO)、D・マイケル・ヴァン・コニネンバーグ社長と、現在の経営委員会が統括します。本取引の条件は非開示です。

最大で最も関連性の高い不動産取引に関する顧客への助言で成功してきた実績を持つイーストディル・セキュアードは、米国の不動産の全種類で1億ドルを超す不動産取引を行い、2018年と2019年の現在までトップの市場シェアを獲得しています。2018年に、イーストディル・セキュアードは、827件(2435億ドル)の取引について助言しました。グッゲンハイム・インベストメンツおよびテマセクとの提携により、イーストディル・セキュアードは米国の商業用不動産資本市場での主導的役割をさらに強化する一方で、欧州とアジアで高まる存在感も強化できます。

イーストディル・セキュアードのベンジャミン・V・ランバート会長は、次のように述べています。「私たちは今回、イーストディル・セキュアードの進化の次の章に踏み出せることを非常にうれしく思います。新たな長期パートナーと共に、不動産と資本市場の専門知識のユニークな組み合わせをお客さまに提供することで、私たちは今後も継続して業界をリードしていきます。」

イーストディル・セキュアードのロイ・ヒルトン・マーチ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「今回、イーストディル・セキュアードが次の成長段階に踏み出す中で、特定の機関投資家の顧客を代表するグッゲンハイム・インベストメンツとテマセクは理想的なパートナーです。これらの傑出した投資家と並んで、イーストディル・セキュアードの将来に意味ある持分を取得しようとする当社の専門家の意欲は、当社の人員と将来に対する共通の自信を強調しています。最も重要なことは、この取引を通じて、技術向上への投資、拠点拡大、世界的関係の深化によるお客さまへのサービス向上が実現することです。最終的には、新しい所有構造により、当社は今後も継続して真に独立した助言を世界規模で提供でき、お客さまは競争の激化する市場で差別化された助言を確実に受け取れます。」

イーストディル・セキュアードのD・マイケル・ヴァン・コニネンバーグ社長は、次のように述べています。「今日の環境では、お客さまは個人の委託ではなく、その目標を優先した信頼できるアドバイザーを必要としており、これが過去も将来もイーストディル・セキュアードを継続して差別化するものです。当社は今後も継続してお客さまの目標を前進させる最も影響力のある取引を実行します。私たちは、新たなパートナーの大規模なネットワークと世界的知見を活用していきたいと思います。」

当社は、今後も引き続きニューヨークとロサンゼルスに米国本社を構え、ロンドンに欧州本社を置きます。また、アトランタ、ボストン、シカゴ、ダラス、オレンジ郡、サンフランシスコ、シアトル、シリコンバレー、ワシントンDCに国内オフィスを構え、ドバイ、フランクフルト、香港、東京に海外オフィスを置きます。イーストディル・セキュアードは、アジアと中東で資金調達と取引実行に専念するチームを擁する唯一の企業です。イーストディル・セキュアードは、今後も引き続き世界的な存在感を活用し、世界最大で最も活発な不動産投資家や貸し手のつながりをお客さまに提供していきます。

イーストディル・セキュアードについて

イーストディル・セキュアードは、オリジナルなトップクラスの非公開不動産投資銀行として、創造的で実行可能なアイデアと完璧な実行を通じてお客さまのために価値を創造し、商業用不動産資本市場で最も有意味で信頼できるアドバイザーとなることを使命としています。イーストディル・セキュアードは、その専門知識を知識フランチャイズに組み入れ、これは個人投資家や機関投資家から商業用不動産と投資銀行の分野の支配的な力として評価されています。その資本市場のノウハウと不動産ファンダメンタルズの深い理解の比類のない組み合わせにより、当社はお客さまの正確なニーズを満たすためにその約束を果たすことができます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Media:
Joele Frank, Wilkinson Brimmer Katcher
Jonathan Keehner / Andrew Siegel / Jillian Kary
212-355-4449

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.