ビジネス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > ビジネス

KLPGA、「2019 インターナショナル・クォリファイングトーナメント(IQT)」開催

2019年07月16日

- 10か国以上からプロゴルファーが参加、海外選手交流の場に生まれ変わる - 韓国語、韓国文化コンテンツ提供などのグローバル戦略で「Kゴルフ」活性化を期待

タイPATTAYA & 韓国ソウル

KLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)は8月20日から23日まで「KLPGA 2019 インターナショナル・クォリファイングトーナメント」を開催する。マレーシアでの開催に続いて今年はタイのパタヤにある「フェニックス・ゴルフ&カントリークラブ(マウンテン、オーシャンコース)」で4ラウンド72ホール・ストロークプレーが行われる。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20190715005430/ja/

インターナショナル・クォリファイングトーナメント(IQT)はKLPGAが外国人選手に大会出場権を得る機会を提供するために実施してきた大会である。初開催の2015年には6人、2016年には20人が出場した。昨年マレーシアの「グレンマリーゴルフ&カントリークラブ」で開かれた本大会にはタイ、日本、台湾、マレーシア、シンガポール、中国、米国、カナダ、フィリピン、香港など10か国から50人の外国人選手が参加した。

今年も参加選手対象の特典が大幅に拡げられ、特に海外参加選手に積極的な参加を促す予定である。 賞金総額は昨年と同じの3万米ドルで、グリーンフィーは免除される。 最終順位の1位から3位を記録した選手は,「2020 KLPGA ツアー」シード順位戦の予選から免除され本選への出場権を確保することとなる。選手に付与されるベネフィット範囲が拡張されて、1位から5位の選手を対象に「2020 ドリームツアー」年間シード権が与えられされ、6位から10位の選手を対象に「2020 ドリームツアー」シード戦の年間予選免除及び「2020 ジャンプツアー」年間シード権が付与される予定である。さらに今年から大会参加選手を対象として大会期間中の昼食も提供する。

KLPGAツアーでは毎年海外の新人選手たちの活躍が話題となる。昨年IQTでPloychompoo WILAIRUNGRUENG(タイ)が 通算 5アンダーパー、283打(73-69-72-69)で優勝を手にした。Ploychompooはこの優勝によって今年4月開催された最も長い歴史と伝統を持つメジャー大会である「クリスF&C 第41回 KLPGA チャンピオンシップ」の出場権を与えられ参加した。Ploychompooは「多くの国から出場する選手たちと一緒に交流して競技に臨むことができる機会を与えてくれたKLPGAに感謝する」と感想を述べた。

ジェネビーブ・アイリン・リン(マレーシア)も昨年IQTに出場し、「KLPGAは競争が激しく、見ているだけでも学ぶものが多いツアー」と述べながら、「今後もKLPGAツアーに残りたいという気持ちで『インターナショナル・クォリファイングトーナメント』に出場して、今年も韓国で活躍したい」と語っていた。

現在インターナショナルツアー(I-Tour)にタイ人選手のPloychompoo WILAIRUNGRUENG、スイシャン(中国)、高林由美(日本)、新武瑠衣(日本)、西村美希(日本)、チェン・ユジュ(台湾)ら合計6人の海外選手が入会した。

ますます海外選手たちの関心が高まるKLPGAは、ツアー競争力を強化するために様々な活動を繰り広げている。まず海外選手のサポートを強化するために大会会場の交通情報を提供、外国人参加選手のために練習ラウンドの予約代行など行き届いたサービスを提供している。外国選手専用ホームページも改編して国際選手のために便宜性を向上させる計画である。このほかにも海外選手のための韓国語学習教材及び韓国文化コンテンツも提供する予定である。

KLPGA関係者は「KLPGAは今大会を通じて各国の様々な選手がKLPGAツアーに参加して世界で最も競争力あるツアーになるよう率先したい」と発表した。

大会参加に関連する詳細はIQT公式ホームページ(http://klpgaiqt.com/)で確認することができる。

KLPGA (Korea Ladies Professional Golf Association, 韓国女子プロゴルフ協会)

KLPGAは1978年に創立されて以来41年に渡り韓国女子プロゴルフの発展を目的として、ブランド及び選手の広報、韓国内外のゴルフ情報の収集、会員の権益拡大を図る役目を果たしている。大会を主管する取りまとめ役として各種大会を誘致して、ゴルフの大衆化と韓国女子プロゴルフの世界化に貢献するために最善を尽くしている。今年はKLPGAツアー29試合、ドリームツアー21試合、ジャンプツアー16試合、チャンピオンズツアー12試合を開催するなどツアー基盤を強化して継続的な成長を確立する計画である。またKLPGAは「Kランキング」システム及びKLPGA データセンターサービスの構築、競技委員関連の電算プログラム開発など電算システムを強化して先進的なゴルフツアーシステムの構築で率先している。さらには海外選手誘致のためにIQT出場選手及びI-Tour会員の管理、外国選手専用ホームページを改善し、韓国コンテンツの提供などオン・オフラインのインフラを構築して、ツアー競争力の強化及び世界的なNO.1ツアーとしての飛躍に努めている。

連絡先

For Korea Ladies Professional Golf Association (KLPGA)
KPR
Howard Kim
+82-2-3406-2245
klpga@kpr.co.kr

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.