ビジネス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > ビジネス

ケラー・ウィリアムズが日本へ進出

2019年09月16日

米テキサス州オースティン

(ビジネスワイヤ) -- エージェント数で世界最大の不動産技術フランチャイズのケラー・ウィリアムズ(KW)が、アジアで拡大しています。この勢いにのり、KWは新たなマスター・ライセンスを日本で交付しました。KWは現在、アジアの10カ国・地域に50以上のマーケット・センターと2164のエージェントを持ちます。

2012年に事業を開始したケラー・ウィリアムズ・ワールドワイドは現在、米国とカナダ以外の世界の39地域に200カ所を超えるマーケット・センターを構えています。KWWには合計9469を超えるエージェントが存在し、2018年8月末から36.3%増加しています。

ケラー・ウィリアムズの国際部門のケラー・ウィリアムズ・ワールドワイド(KWW)で社長を務めるウィリアム・E・ソテロフは、次のように述べています。「日本のチームは、弊社のモデルが非常に変革的であり、地元のエージェントにとって唯一無二のものであることを理解しています。この大きな機会を認識して将来に向けた明確なビジョンを持つアジアの素晴らしい新リーダーを迎えることができ、とても喜ばしく思っています。」

地域営業プリンシパルのマーク山本が率いる日本のケラー・ウィリアムズのフランチャイズは現在、事業を構築している最中です。KWジャパンは、2019年第4四半期に最初のマーケット・センターを開設する予定です。

野心的な起業家である山本は、以前ヴァージン・シネマズ・ジャパンと呼ばれていたTOHOシネマズを設立しました。山本は1997年に、イギリスに拠点を置くヴァージン・グループの創立者であるリチャード・ブランソンと共に事業を開始しました。この会社は後に東宝株式会社に売却され、ブランド変更がなされました。また山本はこれまでに、日本、米国、ドイツを拠点とする様々な会社を設立しています。

山本は次のように述べています。「KWブランドの持つ高い基準の上に成り立つエージェント主導の消費者体験を提供していきます。日本の消費者のニーズに合わせてサービスをカスタマイズするため、私たちのチームはシステム、ツール、モデル、およびKWのすべての地域リソースを活用していきます。」

「地元経営者の持つ市場と業界に関する知識に頼るという考えは、他のブランドでは見られないものです。ケラー・ウィリアムズの考え方の柔軟性を持ってして、この戦略が弊社を成長に向けて位置付けるために最適なものだと確信しています。」

日本はアジアで10番目にKWマスター・ライセンスを得た国です。その他9つの地域は、カンボジア、アラブ首長国連邦のドバイ、中国の上海、インドネシア、イスラエル、マレーシア、フィリピン、トルコ、ベトナムです。

ソテロフは次のように述べています。「KWジャパンに対するマークのビジョンにはとても大きな期待を寄せています。市場における大きな変化の中、マークは高い水準の成長に焦点を当てています。」

KWの国際部門は現在、アフリカ、中南米、中欧・東欧、そしてアジア全域でさらなる拡大の機会を模索しています。

新規ライセンシーの中核となる基準は、ケラー・ウィリアムズの文化に根ざしたリーダーシップのあるチームを持つことから始まります。また弊社は、政府、銀行、司法制度の安定性と不動産市場の成熟度の向上にも努めています。

米国とカナダ以外でKWWがサービスを展開する国と地域は、アルゼンチン、ベルギー、ベリーズ、バミューダ、カンボジア、チリ、コロンビア、コスタリカ、チェコ共和国、アラブ首長国連邦のドバイ、フランス、中国の上海、ギリシャ、インドネシア、アイルランド、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、日本、ルクセンブルク、マレーシア、メキシコ、モナコ、モロッコ、ニカラグア、北キプロス、パナマ、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、ルーマニア、南アフリカ、南キプロス、スペイン、トリニダード・トバゴ、トルコ、イギリス、ベトナムです。

ケラー・ウィリアムズ・ワールドワイドの詳細については、kwworldwide.comでご覧ください。

ケラー・ウィリアムズについて

テキサス州オースティンに拠点を置くケラー・ウィリアムズは、エージェント数で世界最大の不動産技術フランチャイズであり、1030以上のオフィスと18万1千人の従業員を擁しています。また、販売数と売上においても米国で第1位を誇ります。

2019年にファスト・カンパニーは、ケラー・ウィリアムズを不動産業界で第1位の「最も革新的な会社」と称しています。2015年、KWはテクノロジー企業への進化を開始し、現在はエージェントの買い手や売り手に選ばれる不動産プラットフォームを構築しています。

1983年以来、弊社はエージェントをステークホルダーとして重んじるエージェント中心型でテクノロジー主導、教育ベースの文化を培ってきました。詳細情報については、kwworldwide.comでご覧いただけます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Darryl Frost
Darryl.frost@kw.com
254-466-3627

 

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.