ビジネス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > ビジネス

米国ロサンゼルス市における賃貸住宅開発事業「(仮称)8th&フィゲロア」着工 およびロサンゼルス支店設立

三井不動産株式会社

米国ロサンゼルス市における賃貸住宅開発事業「utf-8

本事業のポイント
・ロサンゼルス市ダウンタウンにおける賃貸住宅開発事業「(仮称)8th&フィゲロア」が着工
・三井不動産アメリカの単独開発事業として推進
・ダウンタウンエリアのランドマークとなる、41階建・総戸数438戸の大規模タワー物件
・米国における4番目の拠点となる支店をロサンゼルスに開設し、西海岸での事業拠点を拡大

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、この度、米国子会社「Mitsui Fudosan America, Inc.(三井不動産アメリカ、代表者:John Westerfield)」を通じて、米国カリフォルニア州ロサンゼルス市にて「(仮称)8th&フィゲロア」の賃貸住宅開発事業を着工いたしました。当社は2013年よりニューヨークやサンフランシスコ等で賃貸住宅事業を本格的に推進しており、本リリースの物件を含め米国全土で計13物件、約3,000戸の賃貸住宅事業を推進しています。また、ニューヨーク、サンフランシスコ、ハワイに次ぐ4番目の拠点を2019年にロサンゼルスに設立し、アメリカ西海岸エリアでの事業推進体制を強化しております。

「(仮称)8th&フィゲロア」が位置するダウンタウンは、近年職住近接志向の高まりから若年層を中心とした人口の流入が進んでおり、従来から持つオフィス機能に加え、大型住宅開発や商業施設、スーパーマーケットやドラッグストアなどの生活利便施設、さらにコンサートホールやNBAロサンゼルス・レイカーズの本拠地であるStaples Center、L.A. LIVEといったエンターテインメント施設が集積するエリアです。人気のあるバーやレストランの出店も続いており、ミレニアル世代を中心に賑わいを見せています。本物件はその中でも生活利便施設や商業施設が集まるエリアの中心に位置し、オフィスエリアに近接していながら生活利便性の非常に高いロケーションとなっています。さらに、ロサンゼルスのメトロのハブ機能を果たす地下鉄「7th St./ Metro Center」駅から徒歩約2分、高速110号線の出入口から車で約3分と高い交通利便性を備えており、ハリウッドやサンタモニカなどへのアクセスが優れております。

また本物件の最大の特徴は、エリア屈指の充実した共用部スペースとなります。既存の歩道を拡張整備するのに加え、1階には屋外テラススペースを併設する店舗を誘致し、足元の賑わいを創出します。南に面した5階のアメニティデッキは、プールを中心とした大型のアウトドア空間とし、クラブハウスやBBQラウンジ、ドッグランなどバリエーション豊かな設備を配置します。また建物内には、大型のコワーキングスペースやフィットネスルーム、プライベートダイニングを設置予定です。最上階には、アウトドア空間と一体となったラウンジと屋外のスカイスパを設置し、ダウンタウンのスカイラインを一望することができます。専有部はStudioタイプから2BEDタイプまで豊富な間取りを用意し、顧客ニーズに応じたご提案を可能としました。さらに、バルコニー空間を多くの住戸に配置し、気候に恵まれたLAならではのアウトドアライフを専有部においても楽しんでいただけるよう工夫するなど、居住性の高い専有部を企画しております。

日本で長年培ってきた事業開発経験と、海外事業を展開し蓄積された専門性・経験値を活かし、本物件の開発事業を推進してまいります。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/407/37721/350_438_202002271459395e575acbc61f8.jpg
「(仮称)8th&フィゲロア」 イメージパース

当社グループは、グループ長期経営方針「VISION 2025」にて「グローバルカンパニーへの進化」を掲げており、今後も海外事業の飛躍的な成長を目指しています。これまでに米国・英国の欧米諸国に加え、中国・台湾・東南アジアなどで事業を展開しています。米国では、オフィス、住宅など複数の開発事業に取り組んでおり、2018年10月にニューヨークマンハッタンのオフィスビル「55ハドソンヤード」が竣工、またサンフランシスコ市では「ブラナンスクエア」に参画するなど、複数都市において事業を拡大しており、今後も更なる事業機会の獲得を目指しています。

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/407/37721/320_180_202002271459495e575ad51c4df.jpg
 [画像3]https://digitalpr.jp/simg/407/37721/378_180_202002271459555e575adbec4fb.jpg
専有部 イメージパース           アメニティスペース イメージパース
[画像4]https://digitalpr.jp/simg/407/37721/321_180_202002271500085e575ae8b72e8.jpg
 [画像5]https://digitalpr.jp/simg/407/37721/321_180_202002271500115e575aeb901e8.jpg
クラブハウス イメージパース        スカイラウンジ イメージパース
[画像6]https://digitalpr.jp/simg/407/37721/320_180_202002271500145e575aee8dd33.jpg
リテールスペース イメージパース

※掲載のイメージパースは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。

「(仮称)8th&フィゲロア」開発計画概要
所 在 地 :733-744 S. Figueroa Street, Los Angeles, CA
交通アクセス:地下鉄「7th St./ Metro Center」駅 徒歩2分
敷 地 面 積 :約50,300sf(約4,700m2)
延 床 面 積 :約855,700sf (約80,000m2)
賃 貸 面 積 :約372,000sf(約35,000m2)
総 戸 数 :438戸
構   造 :鉄筋コンクリート造
階   数 :地下4階/地上41階
用   途 :賃貸住宅(地上階に一部店舗)
スケジュール:2020年 着工、2022年 竣工予定

米国ロサンゼルス市における賃貸住宅開発事業「utf-8米国ロサンゼルス市における賃貸住宅開発事業「utf-8米国ロサンゼルス市における賃貸住宅開発事業「utf-8米国ロサンゼルス市における賃貸住宅開発事業「utf-8米国ロサンゼルス市における賃貸住宅開発事業「utf-8

記事提供:Digital PR Platform

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.