ビジネス – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > ビジネス

ワールドレミットのバック・トゥ・スクール・コンペティションでタブレットが当たる!

2020年08月14日

2020年7月1日から9月30日までに送金した方が対象

ロンドン

(ビジネスワイヤ) -- 国際決済のトップ企業のワールドレミットは、フィリピンの生徒に150台のタブレット・コンピューターを贈ります! フィリピンの公立学校は、COVID-19リスク深刻性分類を順守しつつ8月24日から再開することが予定されています。フィリピンで大きなプレゼンスを持つワールドレミットは、この大規模な寄贈によって教育アクセスを拡大することで機会の拡大を図りたいと考えています。

利用者の方は、ワールドレミットのアプリかウェブサイトを利用して2020年7月1日から9月30日までの間にフィリピンに送金すれば、タブレット・コンピューターが当選するチャンスを獲得できます。必ず、https://www.worldremit.com/en/promotions/winatabletでキャンペーンへのご登録をお願いします。2020年8月14日から2020年10月2日まで毎週金曜日に、ワールドレミットが16人から20人の当選者をランダムに選びます。そして、当選者が選んだ受取人(現在フィリピンの学生であることを証明できる人)に1台のタブレット・コンピューターが送られます。

「企業として、私たちは若者の生活における教育の変革的影響を認識しており、海外労働者が母国に送金する重要な理由の1つが教育資金であることを理解しています。私たちは、より多くの学生がオンラインの学習リソースにアクセスできるようにしたいと考えています。また、個人的理由で遠隔学習を選択する学生も支援したいと思います。このキャンペーンは、当社の利用者が愛する人々を支援する手助けをしながら教育アクセスに関する不平等を減らす努力における私たちの役割を果たすための1つの方法です」と、ワールドレミットのアジア太平洋マネジングディレクターのScott Eddingtonは語っています。

フィリピンの教育システムは、COVID-19パンデミックの結果として大きな混乱を被ってきました。そのため、教育省は、対面学習、混合学習、遠隔学習、在宅スクーリングを組み合わせた基本教育学習継続計画を策定しました。遠隔学習の可能性は、多くの低所得世帯に不安をもたらしました。このような世帯は、タブレット・コンピューターなど、追加で必要になるリソースを手に入れることに苦労する可能性があるからです。また、一部の家族は、感染リスクがあることで学校に子供を送ることを心配しています。

ワールドレミットのフィリピン・カントリーディレクターのEarl Melivoは、このように述べています。「COVID-19パンデミックは多くの家族とその金銭状況に悪影響を及ぼしてきました。残念なことに、この状況により多くの親は難しい選択を迫られることになります。家庭で必要なものを買うのか、子供が遠隔で学習を継続するための機材を買うかの選択です。フィリピン人として、私はこのキャンペーンが当選者とその家族にプラスの影響をもたらすと信じています。」

ワールドレミットは、国際的決済企業として初めてこの種の提供を開始します。参加方法は簡単で、2020年7月1日から9月30日までの間にフィリピンへの送金を行った後に、以下のリンクからご登録ください。

詳細については、こちらをご覧ください: https://www.worldremit.com/en/promotions/winatablet

諸条件が適用されます

ワールドレミット

ワールドレミットは国際決済のトップ企業です。当社は、国際送金をオンライン化し、より安全、迅速、低コストにすることにより、これまでオフラインの旧来のサービス会社が支配してきた業界に破壊をもたらしています。現在ワールドレミットでは、50カ国から150カ国に送金することができ、世界で6500の送金コリドーを扱い、世界で1100人を超える従業員を擁しています。

ワールドレミットの送金側は完全にデジタル化されているため(キャッシュレス)、利便性が高く、安全性が強化されています。資金の受け手には、銀行振り込み、現金受取、携帯電話通信時間の追加、モバイル・マネーなど、多岐にわたる受け取り方法が用意されています。

アクセル、TCV、リープフロッグが出資するワールドレミットは英国ロンドンに本社を置き、米国、カナダ、南アフリカ、日本、シンガポール、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランドなどにグローバルな拠点を構えています。

詳細情報については、www.worldremit.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

WorldRemit
Kyara Kwan
PR Manager Asia-Pacific
kkwan@worldremit.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.