経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

トヨタとダイハツ、愛車に後付け可能なペダル「踏み間違い加速抑制システム」発売

2018年12月06日

後付け可能な「踏み間違い加速抑制システム」、ト...

 トヨタは、販売店装着の純正用品として、現在ユーザーが日常的に使っている愛車に取り付けることが可能なペダル「踏み間違い加速抑制システム」を、トヨタ車両販売店を通じて12月5日に発売した。2009年5月18日~2015年12月8日に販売されたモデル除く「プリウス」用と、2011年12月26日~2018年4月2日に販売された「アクア」用から販売を開始し、今後対象車種を広げていく計画だという。

 近年、駐車場などでの高齢者をはじめとするドライバーのブレーキとアクセルペダルの踏み間違いによる事故の割合が、交通事故全体のなかで増えていることを踏まえて実施に移した施策だ。また、既存のトヨタ車ユーザーからも事故を未然に防ぐ装備装着の要望が多かったことに応えた結果だ。

 トヨタは、「交通事故死傷者ゼロ」の究極の目標に向け、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」の新型車への採用を進めてきた。今回、現在のクルマに長く使っているユーザーにも「踏み間違い加速抑制システム」を提供することで、より多くの方々に、安全・安心を提供していくとしている。

 この「踏み間違い加速抑制システム」は、車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方、約3m以内にある壁などの障害物を検知し、まずブザー音で注意喚起する。それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には、加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献する。これがシステムの第一の機能だ。

 また、後退時は、障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制する。プリウス、アクア用の同システムの価格は取り付け費用を含まず5万5080円。

 トヨタのグループ会社のダイハツも同様のシステム販売を開始。当面、2007年に発売した軽自動車の2代目タント(L375型)用が標準取り付け費用を含め5万9508円で受け付ける。(編集担当:吉田恒)

高齢者の自転車利用、クルマ利用を上回る。自動車運転技術に不安

自動運転技術の光と闇。究極の安全性能を目指して

年末年始の帰省・旅行ドライブ、12月30日午前、1月2日午前に集中

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.