経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

テレビブランド産業 18年の市場動向と東京五輪への特需期待は

2019年01月11日

アジア系の海外メーカーが依然として日本国内での...

 平昌オリンピックやサッカーW杯があった2018年はテレビ販売の需要が伸びるのではないかと期待された。内閣府が2人以上の世帯を調査したところ18年3月の時点でテレビの普及率は96%以上と国内需要はほぼ飽和状態にあるが、国内でのテレビ販売事業はさらなる発展に期待が持てるだろうか。

 価格比較サイトでのテレビ業界調査によると、ソニー、東芝、パナソニックがここ最近の国内ブランドのトレンドとされる。今年は日立はテレビ事業からの撤退を表明し、東芝もテレビ事業を売却し、ハイセンスの傘下となった。海外ブランドのテレビはLGなどアジア系メーカーを中心に安さを売りとして根強い人気がある。ブランドや機能にこだわらず価格を安く抑えたい層からの支持である。

 そこで国内ブランドが差別化を図るために力を入れるのがテレビの高級化だ。4Kテレビ、8Kテレビ、有機ELテレビと、画質の精密さを売りにしたモデルが各メーカーともに登場している。

 18年12月から4K・8Kでのテレビ放送がはじまった。とくにNHKは数年前から4K・8Kを体感できる試験放送を行い、まだメジャーではない8Kを押し出したイベントの開催などに現在力を入れている。しかし、一般家庭で8Kをテレビ放送で受信するためには8K対応のテレビだけではなく受信のための工事や機器購入などの必要があるため、導入のハードルが低いとは言いがたいのだ。

 また、精緻な画質だけにこだわった結果として魅力に乏しい放送になる可能性も大いにあるだろう。パソコンで視聴可能なYouTubeなどの無料の動画配信やNetflixなどの有料サービスなど、インターネット動画コンテンツの台頭との共存も求められる。テレビ市場としてもテレビに関係するコンテンツ産業としても過渡期と言える。

 テレビ販売業界全体としては今後東京オリンピックに向けたテレビ販売に力を入れることが予想される。パナソニックは「東京2020年オリンピック・パラリンピック公式テレビ」として4K有機ELテレビを売り出しているが、すでに十分な画質で視聴できるテレビ機器があるなかでコンテンツとしてのオリンピックのテレビ放送に一般家庭がどれだけの投資をするのかが問われるだろう。(編集担当:久保田雄城)

紙媒体の新聞購読、減少傾向。「ニュースアプリ」が増加傾向。テレビを抜く勢い

25年に市場規模4兆240億円?進化するスマートホーム。便利さと安全を守る最新技術

スマホでネット動画。テレビにせまる視聴コンテンツに急上昇

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.