経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

経団連会長、原発再稼働積極発言で脱原発逆撫で

2019年01月18日

 原発を扱う日立製作所代表執行役に就いている日本経団連の中西宏明会長が定例記者会見で、原発再稼働を促し、脱原発を求める国民感情を逆撫でした。中西会長は原発再稼働を「積極的に推進するべきだ」などとした。

 生態系にまで影響を与える東京電力福島第一原発事故の甚大な被害や悲惨さからの教訓、原発ゼロ社会を望む国民感情を逆撫(な)でする発言を利害関係者の立場にある日立製作所代表執行役員が経団連会長として発信することに疑問の声もでてきそう。

 中西会長は「原発の安全性の議論が尽くされていても、地元の理解が得られない状況に立ち至っている」などとし「説得は電力会社だけでできるものではなく、広く議論することが必要になっている。にもかかわらず、原子力について真正面からの議論が足りていない」と議論を求めた。

 中西会長は「仮に原子力をベースロード電源として使わない場合、長期的に見て、何が人類のエネルギー源になるのか、冷静に考えてみるべきだ」と述べ「再生可能エネルギーだけで賄うことは到底不可能。原子力技術を人類のために有効に使うべき」とした。

 中西会長は「政、官、産、学で真剣に議論していく必要がある」と提起したが、議論するなら、政・官・産・学だけでなく、原発ゼロ社会を目指す専門家、消費者団体代表らも加え、本当に再生可能エネルギーだけで賄うことが不可能なのか、原発ゼロは長期的に見てできないものなのかの視点を真剣に議論するべき。

 政府・与党は立憲民主党など野党共同で提出の「原発ゼロ法案」の審議にも入らない不誠実な姿勢で、再稼働を進めている。エネルギー問題を論じるなら、原発ゼロを含めた議論こそ必要だろう。今夏の参院選挙でも争点の一つにすることが求められる。(編集担当:森高龍二)

 

今年前半は国会対応と選挙に全力 福山幹事長

立憲民主党 都道府県での組織設置「41」に

大飯、高浜、美浜原発への降灰影響再評価を命令

茨城県議会に立憲初議席、自民県連幹事長落選

政府・与党は原発ゼロ法案に向き合うべき

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.