経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

妊産婦に優しくない社会 産めと言われつつ産める状況を得られない矛盾

2019年05月21日

ゼネラルリンクが運営する赤ちゃんの部屋は、マタ...

 誰もが知っている通り日本の出生率低下は著しい。人口の減少は将来的な労働力不足にも直結し、現状が改善されない限り日本は国力の低下まで招いてしまう恐れがある。そのため女性が子供を出産する事を国や社会は推奨するが、女性達が直面している現実の厳しさは深刻なものだ。

 マタハラと働き方について全国の出産経験者1,107名にアンケートを取ったのはゼネラルリンクが運営する赤ちゃんの部屋である。妊婦に対する職場でのマタニティーハラスメントは社会的な問題にもなっているが、37.2%の女性達は会社や上司に最も言いづらかった事を妊娠報告だったと回答している。

 妊娠すると言う事は、本来であればとても喜ばしいことであり周囲からの祝福を受けるべきものだろう。しかし働くうえでの妊娠報告ともなると、同僚に迷惑をかけるかもしれない、周囲から嫌な顔をされるかもしれない、などという不安を妊婦に持たせる傾向がある。この他にも悪阻などによる体調不良、切迫早産による早期休暇など、妊婦がしづらいと感じてしまう報告はいくつかある。周りに迷惑をかけてしまうといった気持ちが日本人には根強いのかもしれない。

 一方で産休の取得経験がある女性への聞き取りによれば、産休が取りやすかった、どちらかと言えば取りやすかったという回答は65%に達している。これはきちんとした産休の制度があり、なおかつ理解を示してくれる会社も存在している事の証拠となるだろう。時短勤務や通院休暇の取得に助けられたと感じる女性は多く、日本は妊婦に対して欠片の優しさも持っていない社会という訳ではない。

 問題となるのは一部で確実に発生している精神的圧力である。妊娠してからマタハラを受けた事があるかとの問いに対し、受けた、あるいは受けたかもしれないという回答が合わせて33.8%となった。また、出産後の復職についてもそのハードルは低くない。育児との両立、待機児童の問題など、出産した女性が一人で背負わされてしまう問題は多い。たとえ復職できたとしても、41.3%は仕事をやりやすいと感じないという結果となった。子供を産めと急かすばかりで女性に全てを押し付ける社会には、課題とすべきものが山積していると言えるだろう。(編集担当:久保田雄城)

母親たちの意識 働く事への強い希望

幼児教育の無償化と待機児童解消 子育て支援で求められる施策とは?

幼児教育の無償化と待機児童解消 子育て支援で求められる施策とは?

働く女性の6割が「子供が欲しい」

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.