経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

大人の発達障害、会社に言えず「理解されないと思う」

2019年06月17日

発達障害のほとんどが大人になってから診断される...

 ADHD(注意欠陥・多動性障害)やASD(自閉症スペクトラム障害)などの発達障害は、大人になってから診断されることが多い。先天的な脳障害であるが、大人になってから診断される場合は、知的障害を伴わないことがほとんどである。子供の頃は、個性として見なされるが、社会に出てから通常とされる業務に支障が出ることで気がつくのだ。

 症状として、ADHDでは不注意や衝動性、多動でじっとしていられないなどがあり、ASDではコミュニケーションがうまく取れない、興味や関心が限定的である、聴覚などが敏感であることが挙げられる。これらは心の病ではなく、また外見でも判断できない。そのため、医師の診断を受けても、会社に報告するかどうかを悩むケースが多い。

 会社に報告できない理由としては、「障害であることを理解されないと思う」「仕事を任せられなくなるかもしれない」などの危惧があるという。その結果としてそのままコミュニケーションがうまくとれなかったり、仕事に不具合が出るなどして、二次障害として鬱や適応障害などになることもある。身体的な障害や病気と違って外見ではわからないため、理解を得られるかどうかが当事者にとっても不安であり、また周囲にとっても理解しにくい場合が多いのだ。また、業務に対する慣れによって、それまでできなかったことが改善されたりするものでもないのが実情だ。

 しかし、これらの発達障害は、投薬や適切なサポートで状態を緩和していくことができる。会社などでの業務に関しても、上司や医師との連携などで無理なく就業することが可能になる。発達障害を持つ社員に対して、雇用する側がすぐにでもできる対策としては、業務手順の明確化、口頭のみでなく視覚的に捉えられるようなコミュニケーション方法をとること、業務に関して障害によるこだわりを生かす、などがある。発達障害の特性として、曖昧なことを不得意に感じたり、集中力が持続しない、順序立てて考えることが苦手であるなどのことがあるため、このような配慮が必要なのである。

 大人になって障害があると診断されれば、不安を感じて周囲に打ち明けたり会社に報告することをためらう場合が多いというのは仕方のないことではある。その不安とうまく付き合うためや、自分に合った配慮を求めるためにも、会社への報告や相談を行い、各方面との連携のもと働き方を考えることが望ましいと考えられる。(編集担当:久保田雄城)

発達障害がわかったらしなければいけないのは子どもに寄り添うことだけではない

障がい者活用、通院日、就労時間など多様な障がい配慮がポイント

広がる聴覚過敏 職場での理解が必要

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.