経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

あいちトリエンナーレ企画展の再開要請、広がる

2019年08月20日

 憲法が保障する「表現の自由」を確保し、あいちトリエンナーレ2019(8月1日~10月14日)で中止になっている企画展「表現の不自由展、その後」の再開を求める運動が広がりを見せている。24日には愛知県民らの呼びかけで午後4時から名古屋市内の栄公園(愛知芸術文化センターそば)で集会があるほかデモ行進も予定している。

 企画展再開を求める愛知県民の会は「脅迫と圧力によって作られた薄い壁の向こうに作品がある。みんなの力で壁を取り払いましょう。そして歴史の事実と表現の自由を守りましょう」と呼び掛ける。

 愛知県民の会によると39団体が脅迫に抗議し、再開を求めて声明を出し、3団体が再開を求めた署名活動をしている。24日の集会は約1時間。その後、会場から久屋大通り、若宮大通まで約700メートルをデモ行進する予定。

 企画展を巡っては慰安婦を象徴する少女像などの展示作品に対し、河村たかし名古屋市長が「どう考えても日本人の心を踏みにじるもの。いかん」などとして、あいちトリエンナーレ実行委員会会長の大村秀明愛知県知事に対し中止を求めた。

 またテロ予告や脅迫、抗議の電話やファックスが相次ぎ、威力業務妨害の容疑で逮捕者も出た。主催者側は安全確保のため企画展を中止。しかし、中止すれば表現の自由が脅迫や公権力により抑圧されたことになり、再開が求められている。

 大村知事は記者会見で「公権力をもったところこそ、表現の自由は保障されなければならない。税金でやるからこそ、憲法21条はきっちり守らなければならない」と表現の自由の保障が必要との認識を明確にしている。安全確保を図ったうえで、再開が実現するのかどうか、注目されている。(編集担当:森高龍二)

学者ら名古屋市長へ抗議と企画展再開へ署名募る

政権意向に沿ったものしか認めないなど毛頭ない

ガソリン缶脅迫FAX、愛知県警、捜査開始

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.