経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

エンジニアの景気動向見込み、「横ばい」4割。海外不透明も雇用安定が底支え

2019年10月17日

タイズがメーカー勤務のエンジニアを対象に「景気...

 海外経済の減速感が高まる中、消費増税もあり今後の景気の動向が注目される。現在のところ、実績においては国内経済の諸指標は良好な数字を示しているものの、先行き見通しについては悲観的なデータも少なからず出てきている。

 人材サービス業のタイズが9月上旬、メーカー企業で働くエンジニア418名に「景気の動向」についてアンケート調査を実施し、同月25日にその集計結果を公表している。

 集計結果によると「国内景気は今後どのように変化していくと思うか」という質問に対して、「拡大」と答えた者の割合は6.2%、「横ばい」40.7%、「後退」が52.6%、「その他」0.5%という結果だった。「後退」が半数を超え最多であったというものの4割が「横ばい」で約半数が「拡大」か「横ばい」と回答しており、意外にも景気の先行きに関してはそれほど悲観してはいないようだ。

 「景気の影響を受けて社内で変化したこと」に関して聞いた結果では、「変化なし」が45.9%で最も多く、次いで「業績の悪化」26.3%、「待遇・ボーナスへの影響」18.9%、「目標修正」15.8%、「投資予算減少」12.2%、「採用ストップ」5.3%と続いている。ここでも約半数が減速感のある影響を受け、半数が影響を受けていないという結果になっている。

 自由記述欄で「拡大」、「横ばい」、「後退」とそれぞれ回答した理由をみると、「拡大」と回答した者では「五輪があるから」、「東京五輪で日本への渡航者が増えるから」などとなっており、来年の東京五輪が景気動向に好影響を与えるのではないかという意見が目立つ。

 「横ばい」では「外的要因はあるが雇用が安定しているから底堅い経済状況が続く」、「米中貿易摩擦などで外需は発展する要素は期待できない。内需も消費税増税でデフレ傾向が続くと思われるため。後退もしないが拡大もしない」などで過去の経験から外的要因や増税はさほど大きな影響は与えないという意見が目だった。

 「後退」では「消費税を増税することによって以前よりも購買意欲が下がる」、「不景気が報道され続けている。所得が増えず、財布の紐はかたくなる」などとなっており消費増税や報道のあり方が悪影響を及ぼすという意見が多く見られた。

 レポートでは「景気の状況を見越して、そこに左右されない経営をしている企業が決して少なくないことが伺い知れる」とまとめている。(編集担当:久保田雄城)

「自走するゴミ箱」? 「虫になれるおもちゃ」? 進化する大人の電子工作が面白い!

子供達の将来の夢 親の希望との間に乖離も

AI関連の特許出願。急増するも主要国で最下位。米中の10分の1

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.