経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

トヨタ、新型の5ナンバーサイズSUV「ライズ」の受注が絶好調

2019年12月12日

新型SUVの「RAIZE」は全長×全幅3995×1695mmとコン...

 トヨタが、新型の小型SUVとしてダイハツからOEM供給を受けるコンパクトSUV「ライズ(RAIZE)」の受注が絶好調のようだ。新型はダイハツの車両開発・生産手法「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」に基づいて開発したモデルだ。

 トヨタの発表によると新型車ライズの受注台数は、11月5日の発売から1カ月にあたる12月4日時点で約3万2000台となり、月販目標である4100台の約8倍と、好調な立ち上がりとなっている。

 DNGAから生まれたクルマは既に、ダイハツの新型軽自動車「タント」としてデビューしている。新型「ロッキー」「ライズ」はその第2弾であり、同社がトヨタにOEM供給する初DNGA車両となる。DNGAプラットフォームにより軽量・高強度ボディで、クルマとしての高い基本性能を獲得したという。

 その言葉どおり注文を受けた際の声の多くは、全長4m以下の5ナンバーサイズのボディでありながら、SUVらしい力強いスタイルが受けているという。SUV云々よりもコンパクトな実用車としての完成度の高さが評価されたということだ。

 新型は、2017年の東京モーターショーでダイハツが「DNトレック」の名で出展したコンセプトの市販版であり、ボディサイズは全長×全幅×全高3995×1695×全高1620mmのコンパクトな5ナンバー規格に収まるSUVである。

 構成するモノコックボディも高張力鋼板の多用で高剛性・軽量で新型車の重量は、FF車で970~980kg、4WDはプラス70kgの1040~1050kgに抑えられた。

 売れ筋のグレードは、Zグレードが7割、Gグレードが2割。装着率の高いメーカーオプションは「ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックアラート」が4割(Z、Gグレード内比率)、ナビレディパッケージが総台数の4割が選択している。

 ボディカラーは、シャイニングホワイトパールが3割、ブラックマイカメタリックが2割、ブライトシルバーメタリックが1割だという。相変わらず国産車人気ボディ色には色彩がない状況は続いているようだ。(編集担当:吉田恒)

TOYOTAとDENSO、新世代半導体開発の合弁企業「MIRISE Technologies」スタート

トヨタ、軒並み低迷の業界で、2019年上半期決算で史上最高益を記録するも……

トヨタと中国・電池事業会社と協働で、EVおよび関連部品の設計・開発会社を設立

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.