経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

裁量労働制、フリーランス拡大 骨太の方針に

2020年07月10日

 安倍晋三総理は8日開いた経済財政諮問会議で「骨太の方針をコンパクトに、メッセージ性の強い形で取りまとめ、内閣の経済財政政策の基本方針とするため、西村康稔経済財政政策担当大臣に各府省、与党と連携し策定作業するよう」指示した。

この日の会議では「原案」が示された。「新たな日常の実現」ではデジタル化への集中投資を行い(1)デジタル・ガバメント実行計画の見直し及び施策の実現の加速化を図る(2)マイナンバー制度の抜本的改善(3)書面・押印・対面主義からの脱却などをあげた。

 また地域づくりでは(1)二地域居住、兼業・副業、地方大学活性化等による地方への新たな人の流れの創出(2)地域の中小企業の経営人材の確保(3)公共サービスにおける民間活用などをあげている。

 人への投資では「解決力や創造力のある人材の育成」へ(1)初等中等教育の改革(2)大学改革(3)リカレント教育を柱にした。

 所得向上や格差拡大防止に「就職氷河期世代への支援」「最低賃金の引上げ」をあげたほか、働き方では「裁量労働制」や「フリーランスの適正な拡大」をあげ、「成果型の弾力的な労働時間管理や処遇」を進めることを入れ込んだ。また立憲民主党が掲げる「社会的連帯、支え合いの醸成」も盛り込んでいる。新自由主義を進める自公政権下で「支え合いの醸成」がどこまで実効性あるものになるのかは未知数。(編集担当:森高龍二)

改正有給休暇・労基法。認知率4割。バイト・パートへの付与率5割

フリーランス・クリエイター、「業務量の減少」7割。8割はフリーランス継続を検討

フリーランスの保護へ、ルール整備を指示 総理

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.