経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

コロナ禍でクラウド化が加速。ERP投資も追い風。来年は投資減退で反動か

2020年09月21日

矢野経済研究所が国内のERPパッケージライセンス市...

 日本のITは世界から10年以上遅れていると言われてから久しい。「企業戦略はIT戦略だ」と唱えられてからも10年以上の歳月が経つ。しかし、日本企業のデジタル化の歩みは遅い。企業戦略はIT戦略なのだから企業組織はEPR(IT基幹システム)に基づいて構造化されねばならない。経済産業省も日本産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を唱えてきたが順調に進んできたとは言いがたい。

 しかし、このところ新型コロナウイルス感染症への対応としてDXを加速させる企業が増加しているようだ。これを背景に企業の諸資源を統合する基幹システムであるERPのパッケージライセンス市場も好調のようだ。

 7日、矢野経済研究所が国内のERPパッケージライセンス市場を調査したレポートを公表している。レポートによれば、2019年のERPパッケージ市場は1198億3000万円で、DXを追い風に前年比7.0%増の大きな成長となっている。さらに、本年は新型コロナウイルス感染症による影響が懸念されたものの上半期での影響は軽微で、20年通年の市場規模は1241億6000万円、前年比3.6%の増加と順調にプラス成長する見込みだ。

 本年のERP市場の成長を支えている要因の一つがコロナ禍でのクラウド化の加速だ。19年のクラウド利用率はIaaS/PaaS利用とSaaS利用の合計で38.3%であった。これまでも企業のクラウド化は順調に推移してきたが、コロナ禍においては非対面が推奨され、モバイルワークの利用率が高くなりクラウドの利便性が向上することから、今後さらにクラウド化が加速するとレポートでは見込んでいる。

 企業の基幹システムであるERPが普及し利活用されることで経理や人事担当者などのテレワークを推進できること、またベンダーがメンテナンスや不具合対応をリモートで行えるようになるなどを利点にERPは一層重視されるようになると見込まれる。このため、今後のERP導入においてはクラウド型のERPが優先される見通しだ。レポートでは、21年のクラウドの利用率はオンプレミスを上回り63.5%に達すると予測している。

 これまで順調であったERP市場であるが来年21年は投資減退による反動で前年比2.7%の減少となる見通しだ。しかし、22年の市場規模は1243億円、前年比2.9%までに回復すると予測されている。(編集担当:久保田雄城)

ウィズコロナ、中堅・中小の7割が売上減少を予測。しかしIT化に変化なし6割

フィンテック市場、官民の取組み活発化。22年度には1兆円市場へ

クライアント仮想化市場、ITガバナンス向上が経営課題に貢献6割に、増加傾向

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.