経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

トヨタ×日野の「FCトラック」、アサヒグループ・NLJ+西濃+ヤマトが実証実験

2020年10月15日

国内5社によるトヨタと日野が開発大型FCトラックを...

 アサヒビールのアサヒグループHD、西濃運輸、NEXT Logistics(NLJ)、ヤマト運輸、トヨタ自動車、日野自動車は燃料電池大型トラック(FC大型トラック)の走行実証を実施することで合意したと発表した。

 これは、国内商用車全体のCO2排出量の約7割を占める大型トラック領域におけるCO2排出削減を目指した実証実験。FC大型トラックはトヨタと日野が共同で開発し、アサヒグループ・NLJ、西濃運輸、ヤマト運輸、トヨタの5社が、2022年春頃から各社の物流業務で新型FC大型トラックを使用して走行実証を開始する予定だという。

 幹線輸送に使われる大型トラックは、十分な航続距離と積載量、短時間での燃料供給が求められる。その電動化において協働する各社は、エネルギー密度の高い水素を燃料とする燃料電池システムが有効であると考えており、今回開発するFC大型トラックは、航続距離の目標を約600kmとし、環境性能と商用車としての実用性を高次元で両立させることを目指す。

 走行実証に参加する各社は、地球環境問題を重要な経営課題のひとつとして位置付け、製造工程の省エネルギー化や物流業務での環境負荷の低減など、さまざまな活動を進めている。今後は、FC大型トラックの早期実用化に向けた取り組みを加速させ、持続可能な社会の実現に貢献していきたいと考えているとしている。

 使用するFC大型車のベース車両は「日野プロフィア」FR1AWHG、サイズは全長×全幅×全高11990×2490×3780mm、総重量25t、航続距離目標600kmだ。

 また、トヨタ自動車の北米事業体であるToyota Motor North America, Inc.(TMNA)と、日野自動車の米国における販売子会社の日野モータース セールスU.S.A.(米国日野販売)、生産子会社の日野モータース マニュファクチュアリングU.S.A(米国日野製造)が、大型電動トラックへの関心の高まりを受け、北米向けに、燃料電池で走行する大型トラックの開発に共同で取り組むと発表したばかりだ。

 トヨタを中心とした大規模企業体の環境対応、なかでも水素応用社会への取り組み強化がスピードアップしてきた。(編集担当:吉田恒)

欧州・中東・アジア。都市バスの電動パワートレイン化が加速。2019年1900台に到達

自動運転車市場、新型コロナの影響で縮小。2023年には113億ドル、2割成長まで回復の見込み

トヨタ自動車、中国5社とFC(燃料電池)搭載の商用車を共同開発、合弁組織を設立

記事本文

記事提供:EconomicNews

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

EconomicNewsの新着ニュース

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.