経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

Lake Resources NL(ASX:LKE)とFordMotorCompanyがリチウムオフテイクの拘束力のない覚書に署名

2022年04月11日

Lake Resources NL(ASX:LKE)とFordMotorCompanyがリチ

クリーンなリチウム開発業者LakeResourcesNL(ASX:LKE)(FRA:LK1)(OTCMKTS:LLKKF)は、Kachiプロジェクトからの年間約25,000トン(tpa)のリチウムの取出しが拘束力のない覚書に署名されたことを助言している(MoU)フォードモーターカンパニー(フォード)と。

-フォードモーターカンパニーとの拘束力のない契約で、カチプロジェクトから年間約25,000トン(tpa)のリチウムのオフテイク提案。

-フォードとレイクの戦略的コラボレーションと阪和興業(ASXリリース2022年3月29日)との連携により、電気自動車の地球環境需要を満たすクリーンリチウムサプライチェーンを完全に開発。

-拘束力のない2番目のMoUオフテイク協力者であり、資金提供者と投資家のためにプロジェクトのリスクをさらに軽減します。

「私たちが共有したように、フォードはバッテリーのサプライチェーンに深く入り込んでいます」とフォードのEV産業化担当副社長であるリサドレイクは述べています。

「これは、積極的なEV加速をサポートするための原材料を確保するために私たちが模索しているいくつかの合意の1つです」と彼女は言いました。

「レイクとフォードはどちらも、これを環境に配慮した生産を拡大し、フォードが高品質のリチウム製品を利用できるようにするためのレイクの他のプロジェクトに参加する能力との潜在的な長期合意の機会と見なしています」とレイクのマネージング、スティーブ・プロムニッツは述べています。ディレクターは言った。

「このフォードとの覚書は、グローバルなリチウムサプライチェーンへの主要な独立サプライヤーとなり、顧客への供給の安全を確保するというレイクの戦略をサポートしています。」

LakeのStuCrow会長は、プロジェクトの資金調達はESGの信用にますます結びついており、投資家、債務提供者、オフテイカーとその顧客は、新しいリチウムプロジェクトが厳格なESG基準に準拠することを要求していると述べました。

「リチウム生産の環境的および倫理的信任状に関する顧客および消費者の精査の増加は、持続可能な抽出への私たちの焦点を駆り立てます」とクロウは言いました。

「LakeResourcesは、事業全体で持続可能な開発慣行を統合し、環境フットプリントを最小限に抑え、クリーンエネルギーの未来に貢献することに取り組んでいます。

「このフォードとの覚書は阪和興業の覚書に続くものです。英国とカナダの輸出信用機関がカチプロジェクトの資本要件の約70%に債務融資を提供するとともに、これはレイクのTARGET100プログラムをサポートするフレームワークを提供します。 2030年までに年間10万トンの高純度リチウム化学物質を生産して市場に出すという目標」と述べた。

フォードはこの市場リリースに同意しました。 Lakeは、フォードとのMOUの実施が可能になり次第、進捗状況について市場を更新します。

Steve Promnitz
Managing Director
T: +61-2-9188-7864
steve@lakeresources.com.au

For media queries, please contact:
Nigel Kassulke at Teneo
M: +61-407-904-874
E: Nigel.Kassulke@teneo.com

記事提供:ABN Newswire

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.