経済総合 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 経済総合

SBペイメントサービスとGlobal Mobility Service、コンビニエンスストアでの自動車ローン返済と自動連携するエンジン遠隔起動制御解除システムの検証に成功

SBペイメントサービス株式会社

SBペイメントサービスとGlobal Mobility Serviceutf-8

SBペイメントサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:榛葉 淳、以下「SBPS」)とGlobal Mobility Service株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:中島 徳至、以下「GMS」)は、コンビニエンスストアでの自動車ローンの返済と自動的に連携するエンジンの遠隔起動制御解除システムの検証に成功したことをお知らせします。この検証では、ドライバーが自動車ローンの支払いを遅延してエンジンの起動が遠隔で制御された場合に、コンビニエンスストアのレジで請求額を支払えば、すぐに制御が解除され運転を再開できる仕組みが実現可能であることを確認しました。GMSはSBPSと協業して、この検証を基にした新サービスの本格的な市場展開を、2023年中に開始することを目指しています。
なお、GMSでは、海外でコンビニエンスストアや電子決済を含む幅広い決済システムとエンジンの遠隔起動制御解除システムの連携を推進しており、フィリピンにおいては、既に現地の約85%の決済システムと連携しています。GMSが、日本で検証するのは今回が初めてです。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/343358/img_343358_1.jpg

■ ■本検証の概要
【検証内容】
ドライバーが請求額をコンビニエンスストアで支払うと、SBPSのオンライン決済サービスを通じてGMSのモビリティプラットフォームでの支払いが完了したことになり、自動的にエンジンの起動制御を解除する検証を実施。SBPSのオンライン決済サービスとGMSのモビリティプラットフォームをAPI連携することにより、実現しました。
【検証期間】
2022年6月2日~10月4日
【結果】
ドライバーがコンビニエンスストアのレジで請求額を支払った約30秒後に、自動車のエンジン遠隔起動制御が自動的に解除されました。

■ ■SBペイメントサービス株式会社概要
SBPSは、決済代行会社として事業者向けにオンラインショップで利用できる40種類以上のブランドの決済手段を提供しています。Visa、Mastercard、UnionPay(銀聯)の国際的なクレジットカードブランドのライセンスを保有しており、決済代行に留まらず、アクワイアラの立場として加盟店審査や管理業務、決済サービス・不正検知サービスの提供までワンストップで行っています。SBPSが保有する決済データや決済に関する知見を生かして独自開発した「AI不正検知※1」は、0円から安価で手軽に利用でき、不正な取引の早期発見に貢献します。

表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/343358/table_343358_1.jpg


■ ■GlobalMobilityService株式会社概要
GMSは「真面目に働く人が正しく評価される仕組みを創造する」をビジョンに掲げ、世界の貧困/低所得層約17億人の信用創造を行う、日本発の金融包摂型FinTechのグローバルスタートアップ企業です。自動車の遠隔起動制御技術を搭載したIoTデバイス「MCCS※2」で収集した車両データ(走行状況、速度等)と金融機関と連携して取得した金融データ(支払い状況等)を分析することで、ドライバーの信用力を可視化し、従来の与信審査には通過できなかった方々へ、ローンやリースなどの金融サービスの活用機会を創出しています。
日本国内及びASEAN諸国(フィリピン/カンボジア/インドネシア)において低所得層の方々の就業機会を創出する、GMSの社会課題解決型のビジネスモデルは、SDGsの達成に直接的に貢献する稀有なビジネスエコシステムとして高くご評価いただいています。相対的貧困率がG7でワースト2※3とされる日本国内において、GMSはこれまで12社の金融機関・ファイナンス企業との提携を通じ、従来のローンやリースの与信審査に通過しなかった方々に車両をお届けするサービスを展開しています。車両を入手し真面目に働くサービス利用者のデータを可視化、分析し、AIによる情報の価値化を行うことで、利用者のニーズに沿ったファイナンスを提供し利用者が求める豊かな生活が送れる仕組みを創造しています。

GMSの事業概要につきましては、以下の経団連Society5.0の動画をご参照ください。
https://youtu.be/S9fXklbwYEY
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/343358/img_343358_2.png

表2: https://www.atpress.ne.jp/releases/343358/table_343358_2.jpg


※1 「AI不正検知」の詳細は、こちらをご確認ください。
https://www.sbpayment.jp/solution/security/ai_fraud_detection/
※2 Mobility-Cloud Connecting Systemの略称で、GMS独自開発のIoTデバイス。リアルタイムに自動車の位置情報などを特定すると共に、ローンの返済が滞納された場合には、ドライバーが安全な状態の時に遠隔操作でエンジンを起動できない状態にし、返済完了後にエンジン起動可能な状態に戻すことで、ドライバーに対して計画的な返済を促します。
※3 出展:一般社団法人グラミン日本

<SBPSのオンライン決済サービスに関するお問い合わせ先>
SBペイメントサービス株式会社
表3: https://www.atpress.ne.jp/releases/343358/table_343358_3.jpg


<エンジンの遠隔起動制御解除システムに関するお問い合わせ先>
Global Mobility Service株式会社 担当:西山
表4: https://www.atpress.ne.jp/releases/343358/table_343358_4.jpg




詳細はこちら

SBペイメントサービスとGlobal Mobility Serviceutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2023 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.