自動車 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 自動車

キャンピングカーが“家族との会話”を増やすキッカケに?! 「くるま旅」のメリットや目的についてアンケートを実施「くるま旅計画について」の調査報告

一般社団法人日本RV協会

キャンピングカーが“家族との会話”を増やすキッutf-8

一般社団法人日本RV協会(所在地:神奈川県横浜市、会長:降旗 貴史)は、キャンピングカーを所有または興味を持っている方に、「くるま旅計画について」に関する調査を行いました。キャンピングカーの最大の利点は、旅行において宿の予約が不要なこと。これは、乗用車ではできないくるま旅の計画ができるということでもあります。そこで、日程や時期、予算、宿泊地、目的、さらには旅先での食事や気になること、過ごし方まで多岐にわたって調査いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/LL_img_192842_1.jpg
「くるま旅計画について」に関する調査

日本RV協会URL: https://www.jrva.com/


■もっとも多い日程は2泊3日で、週末使用が圧倒的に多い
キャンピングカーを所有しているユーザーは、1年のうちどれだけキャンピングカーを使っているのでしょうか(図表1)。
稼働回数でもっとも多かったのは1~10回で41.5%。次いで11~20回が28.5%と続きます。7割のユーザーは平均して1カ月に1~2回ということになります。31回以上という人も少なからずいて、これは仕事をリタイヤされている層が一定数いると考えられます。
それでは、出かける時の日程や時期はどうなっているのでしょう(図表2/3)。
もっとも多い日程は2泊3日で34.4%。そして、出かけることが多い時期は週末で48.3%と約半数となっています。これは、キャンピングカーのアドバンテージを最大限利用した使い方ということが理解できます。つまり、仕事を終えた金曜日の晩に出発し、目的地(やその近く)で仮眠をとった後、土・日を目一杯楽しんでいるのではないでしょうか。また、5泊以上という人も約2割近くいます。ここでも、リタイヤ組の存在を感じさせます。

図表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_2.jpg
図表2: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_3.jpg
図表3: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_4.jpg


■旅の計画は出発直前に。宿泊(仮眠)は道の駅がダントツ
くるま旅の計画自体はいつからスタートするのでしょうか(図表4)。
乗用車等であれば、宿の手配などで1カ月前以上というのが通常でしょう。しかし、キャンピングカーオーナーの場合は、54.1%と半数以上の人が直前と答えています。思い立ったら出発できるという強みを多いに発揮しているようです。
次に、1日あたりの予算ですが(図表5)、特に決めていないと答えた人が58.8%とトップを占めました。どこでどんな食事をするのか、あるいはどんな観光や遊びをするのか直前に決めることが多い人たちにとって、予算は自由に幅を持たせて行動していることが伺えます。
1日の走行距離については(図表6)、300km以下が38.9%でトップ、次いで200km以下と続きます。行き先を直前に決めても、7割近くの人は200km~300km程度は走り、途中で快適に休憩を取ることのできるキャンピングカーでのくるま旅を楽しんでいるようです。
旅先の仮眠を含めた宿泊はトップが道の駅で59.8%と6割を占めています(図表7)。これは、トイレ等などの設備があり、広い駐車場や深夜でも駐車できるという点が要因になっているようです。近年話題のRVパークは全体の約1割に過ぎませんが、利用者数の伸びや関心度が高くなっていることを踏まえると、今度さらに数値が上昇すると思われます。

図表4: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_5.jpg
図表5: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_6.jpg
図表6: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_7.jpg
図表7: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_8.jpg


■インターネットで目的地選び。行ってみたい場所第1位はやはり北海道
それでは、くるま旅の一番の目的は何でしょうか(図表8)。
ジャスト半数が観光、温泉が2位で16.1%となりました。キャンプや趣味というより、道の駅で仮眠し、近くを観光したり、のんびりと温泉につかるというのが一番の理由のようです。そして、事前に予約をせずに楽しめる気軽さが人気なのではないでしょうか。
目的地選びはインターネットがトップで54.5%です(図表9)。手軽にいつでも情報が入手できることや、SNSの大幅な普及が後押ししている点も見逃せません。
次にもっとも行きたい地域はどこでしょう(図表10)。
これは圧倒的に北海道で52.7%、東北、九州が10%台で続きます。広大な地域と大自然の中で車でしか行けないような見どころを、キャンピングカーで巡りたいというのは誰もが納得できるでしょう。そして、キャンピングカーによるくるま旅は魅力的な観光エリアでの長期間の旅行も可能にします。
持って行く道具としてトップはお風呂セットで61.9%(図表11)。いつでも温泉に入れる準備は怠りません。旅行の必需品のカメラは2位で13.3%。常備薬は8.0%ですが、行った先に常に薬局や病院がないことを考えると、重要なアイテムと言えるでしょう。

図表8: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_9.jpg
図表9: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_10.jpg
図表10: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_11.jpg
図表11: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_12.jpg


■電力対策で興味があるのはバッテリー強化とソーラーシステム装備
キャンピングカーにとって常に不安を抱えているのが電力の問題です。電子レンジやエアコンなど、装備が高級化、多様化しているだけに大いに気になります。電力の対策については、8割以上の人が考えていると答えています(図表12)。その具体例として多いのが、同率首位でサブバッテリーの強化とソーラーシステムの装備です(図表13)。特にソーラーシステムについての関心度は高く、近年では標準装備化するキャンピングカーも増加しています。また、高価ではありますがリチウムイオンバッテリーの需要も高まっているようです。
電源確保の拠点としてはRVパークが第1位で38.5%となっています(図表14)。安心・安全のための宿泊施設として、現在、全国に約140ヵ所オープン。その認知度は年々高まっており、「キャンピングカー白書2018」によると、RVパークを利用してみたいというオーナーは92.6%にものぼっています。

図表12: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_13.jpg
図表13: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_14.jpg
図表14: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_15.jpg


■食事は食事処と自炊を使い分け。旅先では家族との会話が1番!
旅先で一番気になるのは何でしょうか(図表15)。
これは、宿泊(仮眠)場所とお風呂が1位、2位を占めました。海外に比べれば非常に治安の良い日本とはいえ、最低限の安全は確保しなければなりません。
お風呂は景観(露天風呂の有無など)や営業時間など、多少なりとも制約される点もあります。
旅先での食事はレストランなどの食事処がトップで61.2%、自炊(食材は主に現地調達)が26.7%で第2位でした(図表16)。旅のすべてでレストラン等を利用すると高額になりますので、リーズナブルな自炊とを使い分けてくるま旅を楽しんでいるようです。
最後に旅先での過ごし方ついてお聞きしました(図表17)。
家族との会話(40.5%)を筆頭に、晩酌、自分の趣味の順となりました。やはり、キャンピングカーに乗るというのは、決して旅を楽しむだけではなく、家族との絆、人と人のつながりを強固なものにするための最大のアイテムであることが実感できます。晩酌が2位というのは、旅先でも自宅で家族とくつろぐようなプライベート空間が確保できるキャンピングカーならではの安心感にほかなりませんね。

図表15: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_16.jpg
図表16: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_17.jpg
図表17: https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/img_192842_18.jpg


■調査概要
調査地域:全国
調査対象:日本RV協会ホームページ閲覧者
調査手法:Webアンケート
調査時期:2019年7月18日(木)~2019年8月17日(土)


■最新イベントのご紹介
https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/att_192842_1.pdf

■最新RVパークのご紹介
https://www.atpress.ne.jp/releases/192842/att_192842_2.pdf


詳細はこちら

キャンピングカーが“家族との会話”を増やすキッutf-8キャンピングカーが“家族との会話”を増やすキッutf-8キャンピングカーが“家族との会話”を増やすキッutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.