自動車 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
経済総合 市況 自動車 ビジネス 中国
とれまが >  ニュース  > 経済ニュース  > 自動車

撮影映像をWi-Fiでモバイルデバイスにアップロード&編集可能 好評のドライブレコーダーがバージョンアップ Garmin『DASH CAM 47Z』『DASH CAM Mini 2』を8月20日に発売

ガーミンジャパン株式会社

撮影映像をWi-Fiでモバイルデバイスにアップローutf-8

アメリカ発GPS機器のパイオニア、ガーミンジャパン株式会社(以下 Garmin)では、業界最小クラスのコンパクト型ドライブレコーダー『Garmin DASH CAM』シリーズの新モデル『Garmin DASH CAM 47Z(ガーミン ダッシュカム 47ゼット)』『Garmin DASH CAM Mini 2(ガーミン ダッシュカム ミニ2)』を2021年8月20日(金)に発売します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/263662/LL_img_263662_1.png
コンパクトなGarmin DASH CAM 47Z フロントカメラ

●事故現場で映像をスマートフォンアプリで確認できるWi-Fi搭載で好評「Garmin DASH CAM」シリーズ
「Garmin DASH CAM」シリーズは、走行中に前後方向を同時に記録できるドライブレコーダー。Wi-Fi搭載により、撮影した精細な映像データをGarmin独自のアプリ「Garmin Drive」経由で、スマートフォンなどお手持ちのモバイルデバイスに転送可能です。不意の事故現場ですぐに映像を確認できるだけでなく、簡単に転送、編集などを行うことができることから、利用者から高評価をいただいております。

●軽量コンパクト、よりクリアな映像処理を実現
『Garmin DASH CAM 47Z』(前後カメラセットタイプ)/『Garmin DASH CAM Mini 2』(リアカメラ単体)
『Garmin DASH CAM 47Z』は、バックミラーに隠れるくらいのコンパクトサイズで、重さ60gという軽量。フロントの視界を遮らないので、ストレスフリーな運転ができます。
また、撮影はHDR搭載でハードスペックや記録解像度に頼らない高い画像処理を実現。逆光、夜間など様々な場面で、精彩な映像を実現します。画像処理技術は道路や車のナンバーの映像撮影にフォーカス。事故遭遇時、証拠映像としての価値を追求し、さらに逆光でも青空を精彩に映すなど、ドライブの思い出映像としてもお楽しみいただける技術を施しています。

●クラウドへの自動アップロード、駐車監視機能強化、ライブビューなど多彩な機能を搭載しさらに進化
Wi-Fi搭載による映像転送機能に加え、新たな記録媒体として、プライバシー保護を施したGarminクラウドへの自動アップロード機能「Garmin Vault」を新たに追加。クラウド上で確認・編集・共有が可能です。保存期間は、24時間保存の場合は無料ですが、サブスクリプションサービスを導入し、最大30日間の保存が可能となります。
また、駐車中の事故をGセンサーで感知し、即座に記録映像を撮影する駐車監視機能※もアップデート(「パーキングガード」)。外部の利用可能なWi-Fiを接続することで、ビデオクリップ付き通知を登録されたユーザーアドレスに自動送信する機能を追加し、駐車時の事故も即座に対応できるようになりました。
さらに、「Garmin Drive」アプリを使用すれば、どこにいてもライブビューにアクセス可能な「Live View」機能※も追加。愛車の事故に対し、より早く、より確実に対応できるような様々なサポート機能を搭載しました。
※別売りのコンスタントパワーケーブルもしくはパーキングモードケーブルが必要です。

もちろん、精密なGPS測位技術を持つGarminならではの正確さで、前方車両発進、速度取締機、前方衝突、車線逸脱などを検知し、音声で知らせる走行支援機能も搭載。
音声による操作もできるので、ひとりで運転時でも、簡単に録画・キャプチャ指示が可能です。

●最大4台までの同期が可能に
本製品は、『Garmin DASH CAM 47Z』『Garmin DASH CAM Mini 2』合わせて最大4台まで撮影同期させることが可能です。
ワンボックスやSUVなどロングボディ・タイプの車のサイド画像のフォローアップ、幅寄せ走行など迷惑走行をしっかり記録したい方など、ご使用される方のニーズに応じて自在に取り付けることができます。

進化した『Garmin DASH CAM』シリーズで、万一に備え、より安全に、安心できるドライブをお楽しみください。


【製品概要】
製品名:Garmin DASH CAM 47Z(ガーミン ダッシュカム 47ゼット)
Garmin DASH CAM Mini 2(ガーミン ダッシュカム ミニ2)
価格 :Garmin DASH CAM 47Z 24,800円(税抜)/27,280円(税込)
Garmin DASH CAM Mini 2 12,800円(税抜)/14,080円(税込)
発売日:2021年8月20日(金)

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/263662/LL_img_263662_2.png
DASH CAM 47Z
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/263662/LL_img_263662_3.png
DASH CAM Mini 2

●特徴
■業界最小クラスの超コンパクト型ドライブレコーダー
バックミラーに隠れるくらいのコンパクトサイズ。ドライバーの視界を遮らないので運転中気が散ることもなく、クリアなフロントビューを実現。運転手だけでなく助手席側から見ても視界に入りにくいので、同乗者も快適です。

<新機能>
■Garmin Vault
保存したビデオクリップをWi-Fi経由で保護されたGarminクラウドに自動的にアップロードします。
アップロードされたデータは閲覧、ダウンロード、編集、共有が可能です。
※データアップロードは、Garmin独自のアプリ「Garmin Drive」経由となります。
※パスワードによる保護機能搭載。
※保管期間は24時間までは無料。その他サブスクリプションプランもご用意(スタンダード 7日間/アドバンスド 30日間)

■パーキングガード(駐車監視機能)
駐車中でも、衝撃により2秒以内に起動。駐車中の車両が衝突や事故を検出したかどうかを記録します。今回の新製品では、新機能としてビデオクリップ付きの通知を事前登録したユーザーアドレスに自動送付する機能を搭載しました。
※「Garmin Drive」経由となります。
※一定の電力とアクティブなWi-Fi接続が必要です。
※別売りのコンスタントパワーケーブルもしくはパーキングモードケーブルが必要です。
(ケーブルのお取り付けは、各販売店や整備工場にご依頼ください。)
※パーキングモードケーブル12V(リンク)の形状により、フロントカメラのみ取り付け可能です。

■Live View
「Garmin Drive」により、どこにいてもお手持ちのモバイルデバイスからライブ映像にアクセス可能です。
※一定の電力とアクティブなWi-Fi接続が必要です。
※Mini 2には常時電源が必要。クイック電源アダプターアクセサリまたはパーキングモードケーブルアクセサリ(共に別売)を使用ください。

■HDR搭載でクリアな映像
ハードスペックや記録解像度に頼らない高い画像処理技術に進化。HDR+ナイトチューニング(低照度撮影対応)で夜間はもちろん、逆光、スモークガラス、トンネルなどあらゆる瞬間を確実にきれいに録画します。GarminのHDRは道路、車のナンバーなどの映像撮影にフォーカスした独自の補正技術です。
また解像度に頼らないのでダウンロード、アップロードなどもスムーズに処理。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/263662/LL_img_263662_4.jpg
取付イメージ
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/263662/LL_img_263662_5.jpg
Garmin Vault アプリ画面
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/263662/LL_img_263662_6.jpg
パーキングガード、HDR(フロント撮影時)

<継続機能>
■事故映像の自動保存
事故の前後15秒をキャプチャし、自動保存します。

■撮影した映像を「モバイルデバイス」ですぐに確認、保存、送信できるWi-Fi搭載
Wi-Fi搭載により、レコーダーで撮影した記録映像を即座にお手持ちのスマートフォンなどのモバイルデバイスに送信、確認できます。
万が一の事故やあおり運転などに遭遇した時、証拠映像を即座にモバイルに保存するのはもちろん、モバイルの映像再生・通信機能を活用して、捜査機関への状況説明や証拠映像の提出、保険会社などへの送信、ソーシャルメディア上にアップロードして家族に共有など、様々なことに、現場で即時対応できます。
また、前後カメラをペアリングしたり、映像の必要な部分だけを編集したりも、アプリ内で簡単に操作できます。
※データのダウンロード・アップロードは、Garmin独自のアプリ「Garmin Drive」経由となります。

■ハイスペックに加え、拡張性も実現。最大4台の連動撮影が可能
最大4台まで、ワイヤレスで同期可能。拡張設置できます。
(最大の組み合わせはDASH CAM 47Z 1台+DASH CAM Mini 3台)
ワンボックスやSUVなどロングボディ・タイプの車のサイド画像のフォローアップ、幅寄せ走行など迷惑走行をしっかり記録したい方など、ご使用される方のニーズに応じて自在に取り付けが可能。

■USB対応
電源ケーブルはUSB対応。車内のUSB端子に接続して電源を取ることができるので、簡単に設置できます。

■視野角145度、画素数200万画素
視野角は一般に推奨されている104度以上を大きくクリアする145度。画素数は鮮明さと軽量さのバランスの良い200万画素。

■3段階衝突センサー感度設定
Gセンサーは3段階の衝突センサー感度を設定。駐車時の事故などを感知し瞬時に記録作動するだけでなく、感度に応じて映像保存の優位度をコントロールしており、事故映像は通常走行映像より上書きされにくくなっています。

■走行支援機能搭載(DASH CAM 47Zのみ)
精密なGPS測位技術を持つGarminならではの正確さで、前方車両発信、速度取締機、前方衝突、車線逸脱などを検知し、音声で知らせます。

■音声制御
ハンドルを握ったまま音声でビデオ撮影、キャプチャなど基本操作が可能です。

<製品仕様>
・製品タイプ :47Z:前後2カメラ/Mini 2:リアカメラ
・サイズ(W×H×D) :フロントカメラ:56×40×21mm/
リアカメラ:32×50×30mm
・重量 :フロントカメラ:60g/リアカメラ:33g
・ディスプレイ :フロントカメラ:2.0インチTFT液晶/リアカメラ:なし
・レンズ :F1.6
・視野角(対角) :145度
・画像補正 :HDR
・画素数 :200万画素
・解像度 :動画:1080p or 720p/静止画:1920×1080
・録画フォーマット:MP4
・LED信号対応 :日本全国のLED信号に対応
※西日本と東日本で点滅の間隔が異なります。
・インターフェイス:microUSB
・動作温度範囲 :-20℃~55℃
・Gセンサー :3段階衝突センサー感度設定
・GPS :フロントカメラのみ対応(データ/時間/速度/位置)
※リアカメラはデータと時間のみ取得可能
・スピーカー :フロントカメラのみ対応
・Wi-Fi :対応(Bluetooth(R)も可)
・データカード :microSDHC 8GB~128GB class10以上推奨
※連続録画によりmicroSDカード要領がなくなった時点で
自動的に古いファイルの上に上書き(保護ファイルを除く)
・記録録画可能時間:1080p(1920×1080:29fps):約1.8時間
720p(1280×720 :29fps):約4.5時間
・運転支援 :フロントカメラのみ対応
前方車両発進/速度取締機/前方衝突/車線逸脱
・記録、監視機能 :パーキングガード(駐車監視機能)
※コンスタントパワーケーブルもしくは
パーキングモードケーブル(ともに別売)が必要です。
Live View、Garmin Vault、Aperture
・マウント :フロントカメラ:接着テープ&磁石/リアカメラ:接着テープ
・標準付属品 :デュアルポートシガーケーブル、
microUSBケーブル(8m/4m)、取付マウント、
16GB microSDカード(47Z:2枚/Mini 2:1枚)、
クイックスタートマニュアル
・Garmin Vault :サブスクリプション(月額)
スタンダード(7日間)US$4.99/
アドバンスド(30日間)US$9.99
・アクセサリ :コンスタントパワーケーブル 6,600円(税込)
パーキングモードケーブル 6,600円(税込)

<公式ウェブサイト>
・DASH CAM 47Z
https://www.garmin.co.jp/products/ontheroad/dash-cam-47z/
・DASH CAM Mini 2
https://www.garmin.co.jp/products/ontheroad/dash-cam-mini-2/

<Garmin Vault サブスクリプション>
https://www.garmin.co.jp/vault-subscription/

<Garmin Drive アプリ>
無料でダウンロード可能な専用スマートフォンアプリです。Android、iOSに対応。
下記のような操作を直感操作で簡単に行えます。

・前後カメラの同期
・映像/静止画の編集・出力
・前後映像の同時出力
・前後映像の個別出力
・カメラのファームアップデート

フロント(リア)映像の配置を上下左右4位置から選択でき、お好みの動画に仕上がります。
安全走行のサポートとしてだけでなく、ドライブの思い出映像としてもお楽しみください。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/263662/LL_img_263662_7.jpg
Garmin Drive アプリ


【Garmin】について
Garmin(ガーミン)はアメリカ合衆国で創業されたGPS機器メーカーです。ゲイリー・バレル(Gary Burrell)と高民環(Min H. Kao)によって1989年に設立されました。Garminという社名は創業者2人の名前の一部、GaryとMinに由来します。Garminは創業当時から変わらず、ライフスタイルを豊かにするナビゲーションおよび通信デバイスを作ることを目標としてきました。無線技術をはじめ、自動車、航空機、船舶、フィットネス、アウトドアなど多岐な分野にわたって革新的な製品を展開しており、これまでに数億台のGPS受信機を製造・販売しています。創業以来一貫して黒字経営を行っており、米国株式インデックスS&P500の銘柄にも採用されています。
http://www.garmin.co.jp/

※本リリースに掲載されているブランド名、会社名などの固有名詞は各社の商号、商標または登録商標です。
※本リリースに掲載されている価格、発売時期、仕様は予告なく変更となる場合がございます。


<本製品に関する読者からのお問い合わせ先>
ガーミンジャパン株式会社
http://www.garmin.co.jp/
〒354-0036 埼玉県富士見市ふじみ野東1-7-6
TEL : 0570-049530
FAX : 049-267-9124
E-mail: jp_Info@garmin.com


詳細はこちら

撮影映像をWi-Fiでモバイルデバイスにアップローutf-8撮影映像をWi-Fiでモバイルデバイスにアップローutf-8撮影映像をWi-Fiでモバイルデバイスにアップローutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.