ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 音楽 映画
とれまが >  ニュース  > エンタメニュース  > ニュース

IBC2019技術論文の受け付けを開始

2019年01月09日

ロンドン

(ビジネスワイヤ) -- IBCは本日、IBC2019カンファレンスの技術論文の受け付けを開始したと発表しました。

IBCは、その技術論文の品質、適時性、革新的テーマで世界的に有名です。このイベントは、将来を見据える技術者や企業が、新しい技術コンセプト、その潜在的用途、実用的応用に興味のあるメディア業界リーダーにアイデアや研究を披露する絶好の機会です。2018年の会議で女性講演者が2017年の14%から37%に増加したのを受けて、IBCは世界の多様な方々に技術論文の応募を呼び掛けたいと考えています。

昨年は、技術論文をIBCの主要な会議テーマにうまく統合し、戦略発表や事業発表と共に「テックトーク」として位置付けることができました。これは広く歓迎され、聴衆は世界で最も優秀な革新者や研究者から画期的な技術について直接聞くことができました。BBCは、AIアシストによる制作がいかにライブイベント報道の幅を広げるかを解説した論文が評価され、2018年最優秀会議論文賞を受賞しました。

2019年に選ばれる技術論文により、論文に期待される根本的な目新しさと厳格さを保ちつつ、テックトークの成功は続くでしょう。メディア技術の領域は、従来のオーディオ・ビジュアル・コンテンツの制作・配信をはるかに超えて多様化を続けています。今日の業界は、機械学習(AI)、VR、AR、モビリティー、没入感、ユーザー心理学、ジェスチャー認識インターフェース、ブロックチェーン、自律制作、ビジネスデータ分析、スポーツデータの追跡・生成などの動向を取り入れています。IBCは、こうした注目分野と、そのメディア・放送業界の将来への潜在的影響に特に関心を持っています。

IBCの技術論文委員会議長のPaul Entwistle博士は、次のように述べています。「より多くの斬新で多様で興味深い論文を受け取るのを楽しみにしています。それがIBC2019テックトークの柱となります。主要な会議テーマ内での統合は、執筆者にとってその技術を他の愛好家に披露するだけでなく、より広いメディア業界への影響も説明できる絶好の機会です。」

すべての応募書類は専門家パネルが厳格に審査します。IBCカンファレンスでの発表が受理された論文は、評価の高い最優秀会議論文賞を受賞する機会があります。この賞はIBCアワードで授与され、IBC365にも掲載されます。

応募の締め切りは2019年2月4日(月)です。応募書類はshow.ibc.org/technicalpapersで提出できます。

## 以上 ##

編集者への注記:

IBCについて

IBCは、世界屈指の影響力を持つメディア、エンターテインメント、テクノロジーの展示会です。170カ国以上から5万5000人以上の参加者を集め、評価の高い会議(査読あり)が催され、先進的な業界サプライヤー1700社以上による最先端技術の展示が行われます。この世界クラスの展示会と会議に加え、IBCは、IBCデイリー、IBCTV、IBC365も開催します。

IBC365はホットな話題や重要なトレンドに関し、業界をリードするジャーナリストによる知見や意見を年間を通じて提供し、また示唆に富んだホワイトペーパー、査読を受けた技術論文、非常に示唆に富むウェビナー、拡張を続けるビデオ・ライブラリーを提供しています。

IBC2018の日程

会議:2019年9月12〜16日

展示会:2019年9月13〜17日

IBC2018の詳細については、show.ibc.org/をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Amy Swallow, Bubble Agency
E: amys@bubbleagency.com
T: +44 7872 831167

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.