ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 音楽 映画
とれまが >  ニュース  > エンタメニュース  > ニュース

ジューシーな味わいの希少部位「フィレブリアン」登場!「健康志向」&「プレミアム志向」にぴったり

2019年11月19日

ジューシーな味わいの希少部位「フィレブリアン」登場

糖質制限ダイエットで肉をメインに食べたり、ちょっとした贅沢でおいしい肉を食べたりなど、肉料理は私たちの食生活に欠かせない身近な存在です。

そんな肉料理の世界に新たな流れが。希少な豚ヒレ肉=「豚肉のシャトーブリアン」が、いま注目を集めています。

「フィレブリアン」は生活者の「健康志向」と「プレミアム志向」にもマッチ
シャトーブリアンは、牛ヒレ肉のさらに肉質の良い中心部分でやわらかく希少な部位ですが、豚ヒレ肉の中央部の最も太い部分はさらに脂肪分が少なく、ヘルシーでやわらかい部位。外食店でも豚肉のシャトーブリアンを扱う店舗は増えていて、今後も人気が高まるのでは、と注目を集めています。

食トレンドに詳しい商品ジャーナリストの北村森さんに、希少な豚ヒレ肉=「豚肉のシャトーブリアン」に注目が集まっている背景について話をうかがいました。「最近は日々のちょっとした贅沢やごほうびとして上質な肉を食べる習慣が根付き、肉質にこだわる意識が一般化しつつある」と北村さん。さらに、飼育環境や飼料を重視した銘柄豚が注目を集めており、豚肉の地位が向上しているとも語りました。

それだけでなく、肉の「部位」にまでこだわる人も増えてきたため、豚ヒレ肉をさらに超える価値を持った部位=豚肉のシャトーブリアンに注目が集まるのは必然的な流れだと考えられます。
こうした潮流を先取りして、豚肉のシャトーブリアンは、今年11月にとんかつ専門チェーン店でも「フィレブリアン」として商品化されています。
近年の食のスタイルは「ヘルシーさとおいしさを兼ね備えたものを上手に選択する」。脂肪分が低い赤身のヒレ部位でありながら、やわらかくジューシーな味わいの「フィレブリアン」は、こうした潮流にぴったりと合致します。

さらに、身の丈にあわないほどの贅沢ではないけれどもしっかりと満足が得られる「ほどよいプレミアム感」を望む消費者が増加。「フィレブリアン」には、まさにこの「ほどよいプレミアム感」を満たす食材なのです。

「フィレブリアン」、8割が「食べてみたい」
「トレンド総研」は「とんかつ新宿さぼてん」と共同で、20~50代の男女500名を対象に、肉料理に関する調査を行いました。

「肉料理を食べるときに、部位にこだわることはありますか?」という質問をすると、75%が「ある」と回答。さらに、「肉料理を食べるときには、質が高いものを選びたいと思いますか?」という質問でも、86%が「とてもそう思う/そう思うことがある」と答え、大多数が質を重視することが明らかになりました。

そこで、今回のテーマである「フィレブリアン(豚肉のシャトーブリアン)」について説明をしたうえで、食べてみたいと思うかを聞くと、実に80%が「そう思う」と答え、多くの人から注目を集めました。

手軽に「フィレブリアン」を体験! 「とんかつ新宿さぼてん」に新メニュー登場
「豚肉のシャトーブリアン」が味わえるのが、とんかつ専門店「とんかつ新宿さぼてん」です。人気の特選やわらかヒレかつをさらにグレードアップしたさぼてんの最高級ヒレ「フィレブリアン」として、2019年11月よりレストランおよびデリカ店舗にて期間限定(1月中旬予定)で販売しています。

「フィレブリアン」は、豚ヒレ肉の中でも特に肉質がよく、1頭から約2食分しか取れない極めて希少な部位です。まずはそのままで肉本来の旨み・やわらかさを味わい、さらに旨みが引き立つ塩でいただくのがおすすめです。

ちょっとしたごほうびや特別な日の食事に、とんかつ新宿さぼてんのフィレブリアンを試してみてはいかがでしょうか。

【参考】
※「フィレブリアン」紹介ページ
https://shinjuku-saboten.com/fillet-brilliant/

記事提供:WomanApps

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.