その他 – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 音楽 映画
とれまが >  ニュース  > エンタメニュース  > その他

モンストアニメ最終章「エンド・オブ・ザ・ワールド」いよいよ11/30(土)19時よりYouTubeにて配信開始!

株式会社ミクシィ

モンストアニメ最終章「エンド・オブ・ザ・ワールド」

天聖イェソド(CV:関智一)、激・獣神祭の限定キャラクターカエサル(CV:高山みなみ)が新キャラクターとして登場!配信に先駆け、キービジュアル、先行カットを本日より解禁

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長執行役員:木村 弘毅)のXFLAG(TM)(エックスフラッグ)は、本年11月30日(土)19時より、現在YouTubeで配信中のアニメ「モンスターストライク」(以下、モンストアニメ)の最終章となる「エンド・オブ・ザ・ワールド」を無料配信します。今回、最後の天聖イェソド(CV:関智一)と、スマホアプリ「モンスターストライク」(以下、モンスト)の激・獣神祭限定キャラクター・カエサル(CV:高山みなみ)が、新キャラクターとして登場することが決定しました。さらに、キービジュアルと先行カットを本日より解禁します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-871967-1.jpg ]

 モンストアニメ最終章「エンド・オブ・ザ・ワールド」では、それぞれのシリーズで活躍していた5人のヒーロー、ルシファー(CV:日笠陽子)、アーサー(CV:水樹奈々)、ソロモン(CV:内田真礼)、ノア(CV:斉藤壮馬)、パンドラ(CV:小倉唯)が集結し、最後の天聖イェソド(CV:関智一)に立ち向かいます。
 なお、本作には、「XFLAG PARK 2019」のステージで最終審査を勝ち抜いた3名が演じる天聖ネツァク(CV:釘崎日花)、ゲブラー(CV:末吉功治)、ホド(CV:丸山ナオミ)も登場します。

※天聖とは、モンストのキャラクタールシファーたちが存在している世界で、神の声を聴き天界を導く10名の執政者です。しかし、ビナーを除く9名の天聖たちは、神を裏切り天界を破壊しようと画策するも、あえなく失敗。本作で最後の天聖イェソドをはじめ、ネツァク、ゲブラー、ホドが初登場となる。

■モンストアニメ最終章「エンド・オブ・ザ・ワールド」あらすじ
ストライク・ワールドの消滅を目論む天聖に対抗すべく、予言に従いヒーローを招集するオラゴン。
しかし、最後の1人ルシファーは仲間になることを拒否し、一人で戦う道を選ぶ。
仲間の力を合わせないと世界は救うことができないと路頭に迷うヒーローたちのもとに、謎の少年カエサルが現れ...。
一方、天聖イェソドは、天聖ネツァク、ゲブラー、ホドと手を組み、ストライク・ワールドを消滅させる最終兵器を完成させる。
果たして、ヒーローたちは団結し、ストライク・ワールド消滅の危機を防ぐことができるのか!?
ストライク・ワールドを守るための最終決戦が、いよいよ幕を開ける。

・タイトル:モンストアニメ最終章「エンド・オブ・ザ・ワールド」
・配信日:2019年11月30日(土)19時~
・配信方法: YouTube にて配信
・アニメ「モンスターストライク」 公式YouTube チャンネル:https://www.youtube.com/c/AnimeMonsterstrike

■先行カット
[画像2: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-778014-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-338676-12.png ]


■キャスト紹介
関智一さん(天聖イェソド役)
[画像4: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-515947-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-639558-8.png ]

コメント:
人気作にお声がけいただいてとても嬉しかったです!
私が演じる天聖イェソドは、単なる悪役にはしたくないというリクエストがありましたので、彼の背景を大切に彼なりの想いを表現できるように臨みました。見どころは、なんと言ってもアクションシーンではないでしょうか?
皆さんに楽しんでいただけるよう精一杯頑張りました。是非ご期待ください!

プロフィール:
アトミックモンキー所属
主な出演作品は、『ドラえもん』(二代目:スネ夫)、『妖怪ウォッチ』(ウィスパー)、『機動武闘伝Gガンダム』(ドモン・カッシュ)、『のだめカンタービレ』(千秋真一)など。

堀江由衣さん(ビナー役)
[画像6: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-861617-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-566077-6.png ]

コメント:
この前までは、ルシファーったらキャラの濃い方に好かれて大変ね~と思っていたら、ビナーも同じような立場になってビックリしました!(笑)今回のお話は、今まで少し客観的な立ち位置にいたビナーの成長物語のように感じました!
見どころは、イェソドの暴れっぷりでしょうか?あと、今までのモンストのキャラクター達がたくさん登場していて、個人的にはオールスターのような作品で見ていてとても楽しかったです!
今回のお話もアクション満載、危機の連続で目が離せない展開になっています!さらにお馴染みのキャラクター達もたくさん登場しますので、今までご覧いただいていた方々にはとくに楽しんでいただける作品になっていると思います!ぜひ見てください♪

プロフィール:
ヴィムス所属
主な出演作品に『DOG DAYS』(ミルヒオーレ・F・ビスコッティ)、『にゃんぼー!』(シロ)、『〈物語〉シリーズ』(羽川翼)、『魔法つかいプリキュア!』(リコ / キュアマジカル)など。

釘崎日花さん(天聖ネツァク役)
[画像8: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-305698-7.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-733855-9.png ]

コメント:
応募総数2,008件の中から本当に自分が選ばれたなんて今思い返しても驚きとともに喜びが込み上がってきます。天聖ネツァクは、一見クールなキャラクターなのですが、自分のボスの事になると感情的になったり、少し抜けている所もあったりするなど、可愛らしい一面もある面白いキャラクターだと思います。声の出演は初めてで拙いながらも、ネツァクの心情や感情、動きなどを私なりに考えて精一杯演じました。楽しんで演技ができたので、ぜひ皆さんにも楽しんで見ていただけると嬉しいです!!

プロフィール:
代々木アニメーション学院 所属

末吉功治さん(天聖ゲブラー役)
[画像10: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-826390-2.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-888772-10.png ]

コメント:
あのオーディションは生涯忘れることがないでしょうね。あの経験がもたらす成長はきっとあったと思うので、本当にチャレンジして良かったです。天聖ゲブラーは、法や規律に厳しい、真なる教えを説くキャラクターです。しかしゲブラーの教えは自分本位で傲慢で、理不尽で、人に厳しく自分に甘い。なんとも歪んだ伝道師です。見どころは、ストーリーもグッときますが、僕はやはり「アクション」でしょうか。この作品を楽しみに待って下さっている皆さんに、きっと満足していただけるはずです!バチバチのバトル、ヒーロー達の成長、ハラハラドキドキのストーリー、見どころ満載です!乞うご期待!

プロフィール:
俳優・タレント・声優として、舞台・映画・CM・ナレーションや海外映画吹き替えなど幅広く活動中。
代表作に「琉神マブヤー」シリーズなどがある。

丸山ナオミさん(天聖ホド役)
[画像12: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-148445-4.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-404115-11.png ]

コメント:
公開オーディションというものに参加したのが初でメチャクチャ緊張して挑みましたが、目指していた「青年役」を全力で貫けた事が最高に楽しく、素敵な経験になりました!天聖ホドは、男気があり仲間意識が強いからこそ、裏切り者は許さない。とにかく熱いヤツです!今回のシリーズでは、ルシファー、アーサー、ソロモン、パンドラ、ノアが共闘するので全てのストーリーを見てきた方には胸アツです!ホドの戦闘シーンももちろんありますのでお楽しみに!最後の天聖イェソドとヒーローたちの戦いが一体どうなるのか、毎週楽しみましょう!

プロフィール:
低音・ハスキーボイスを活かし、男性から中年女性、中性的なキャラクターまで幅広く演じる。
出演作にアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」(長岡イノリ役)や「進撃の巨人」「からくりサーカス」、
また海外ドラマ「ドクター・フー シーズン11」(フランキー役)など。

 XFLAGでは、今後も引き続き、友だちや家族とワイワイ楽しめる“アドレナリン全開”のバトルエンターテインメントを提供してまいります。

■モンストアニメ 概要
 2015年10月10日(土)より配信を開始し、現在配信中のモンストアニメはスマホアプリ「モンスターストライク」に登場する多数のキャラクターが主人公となって、さまざまなストーリーを描いていくオムニバス形式の作品です。また、モンストアニメ全シリーズの世界累計再生回数は、昨年8月4日(土)に公開した「ルシファー 反逆の堕天使」の第5話までの合計で、3億回(※)を突破しました。
※ YouTube で配信。2015年10月10日~2018年8月4日までの、モンストアニメシリーズ1全52話、および夏スペシャル「マーメイド・ラプソディ」、映画公開スペシャル「レイン・オブ・メモリーズ」、モンストアニメシリーズ2(前編全24話、消えゆく宇宙編全13話)、GWスペシャル「センリツのルシファー ただひとつの始まりの歌」、モンストアニメ特別編「モンソニ! ダルタニャンのアイドル宣言」全5話、モンストアニメシリーズ3第0話~第5話、全対応言語の再生回数を合計。集計は YouTube アナリティクス。

配信方法: YouTube にて配信
配信時間:本編1話約10分
配信対応言語:日本語、英語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)
※ YouTube 字幕機能対応:韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語(カツリアン)、スペイン語(ラテン)、ポルトガル語(コンチネンタル)、ポルトガル語(ブラジル)
配信スケジュール:毎週土曜19:00配信

アニメ「モンスターストライク」公式サイト:https://anime.monster-strike.com/
アニメ「モンスターストライク」公式 YouTube チャンネル:https://www.youtube.com/c/AnimeMonsterstrike
アニメ「モンスターストライク」公式Twitter:https://twitter.com/monst_animation

■ミクシィグループ < mixi.co.jp >
ミクシィグループは、“ユーザーサプライズファースト”の企業理念のもと、ユーザーの皆さまの想像や期待を超える価値提供に取り組んでいます。当社グループは1997年の創業以来、SNS「mixi」やスマホアプリ「モンスターストライク」など、友人や家族といった親しい人と一緒に楽しむコミュニケーションサービスを提供してきました。これからも、“フォー・コミュニケーション”と定めたミッション(私たちのやるべきこと)を遂行するため、人々の生活がより豊かになる未来を思い描き、ITの側面からコミュニケーションの活性化を促す事業・サービスを推進し、より良いコミュニケーションの創造に取組んでいきます。

[画像14: https://prtimes.jp/i/16514/439/resize/d16514-439-715344-13.jpg ]

■XFLAG™ < xflag.com >
エンターテインメント事業のさらなる発展を図るため、2015年8月、株式会社ミクシィ内にブランド「XFLAG」を立ち上げました。XFLAGでは、“ケタハズレな冒険を。”をスローガンとして、「モンスターストライク」や「ファイトリーグ」を提供するほか、“アドレナリン全開”の、ドキドキワクワクするゲームや映像コンテンツなどを世界に向けて発信していきます。

"ミクシィ"、"mixi"、mixiロゴ、"XFLAG"、XFLAGロゴ、"モンスターストライク"、"モンスト"、"MONSTER STRIKE"、"ファイトリーグ"、"Fight League" は、株式会社ミクシィの商標または登録商標です。また、各社の会社名、サービスおよび製品の名称は、それぞれの所有する商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES

モンストアニメ最終章「エンド・オブ・ザ・ワールド」モンストアニメ最終章「エンド・オブ・ザ・ワールド」モンストアニメ最終章「エンド・オブ・ザ・ワールド」モンストアニメ最終章「エンド・オブ・ザ・ワールド」モンストアニメ最終章「エンド・オブ・ザ・ワールド」

記事提供:PRTimes

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.