ECOニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ECOニュース

【アゴダ】アゴダが選ぶ『オーロラ観測を楽しめるデスティネーション』を発表

Booking Holdings Inc.

【アゴダ】アゴダが選ぶ『オーロラ観測を楽しめutf-8

一生に一度は観てみたい「オーロラ」は誰もが憧れる絶景ランキングで必ず上位を占めており、息を呑む神秘的な現象は様々な条件が一致しないと見ることができないと言われています。世界で最も急成長しているオンライン旅行代理店(OTA)のひとつであるアゴダが、日本の残暑の厳しい中、涼しげで雄大なオーロラ観測に最適な旅行先をご提案いたします。
( https://www.agoda.com/?site_id=1811392 )

美しいオーロラが観測できる場所のほとんどは8月下旬から4月上旬がベストシーズンであるため、今から旅の計画を立てることをお勧めいたします。アゴダが選ぶ、快適な環境でオーロラに出会うことのできるデスティネーションやホテルの詳細は以下の通りです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/191598/LL_img_191598_1.jpg
オーロラ観測を楽しめるデスティネーション


■アイスランド
アイスランドは北大西洋の北極圏に近いため、オーロラ観測に最適な場所の一つです。首都のレイキャビックでもオーロラダンシング(オーロラが踊っているように動く現象)が見られるかもしれませんが、郊外ではより見ることのできる確率は高くなります。アイスランドらしい壮観な光景が広がるヨークルスアゥルロゥン氷河湖に足を延ばすと、オーロラがまるで氷山の一部のように見える不思議な現象に出会えるかもしれません。氷河湖から車で15分とかからないハーリー カントリー ホテル(Hali Country Hotel)は2ベッドルームのアパートメントタイプも備えており、少人数のグループ旅行に最適なホテルです。
( https://www.agoda.com/ja-jp/hali-country-hotel_3/hotel/hali-is.html?site_id=1811392 )


■スカンジナビア
スカンジナビアに位置する以下の3か国ではオーロラの荘厳さを体験できる場所がいくつもあります。

<ノルウェー>
ノルウェーの北部に位置するトロムソは飛行機の乗り継ぎに最適なだけでなく、ある時刻にオーロラが同時に見えるオーロラ帯の中心に位置し、気まぐれなオーロラに高確率で出会うことができるため、オーロラファンに人気の街です。トロムソは年間を通して食や音楽の祭典のようなイベントが多く開催される活気のある街で、食通やコンサートファンにも親しまれています。ラディソン ブル ホテル トロムソ(Radisson Blu Hotel Tromso)はトロムソへのアクセス至便なため、滞在拠点として最適で、北ノルウェー美術館やトロムソ大聖堂、クレインアートギャラリーなどの有名な観光スポットは徒歩圏内に位置しています。
( https://www.agoda.com/ja-jp/radisson-blu-hotel-tromso/hotel/tromso-no.html?site_id=1811392 )


<フィンランド>
フィンランドはサンタクロースの故郷としても有名ですが、フィンランドのラップランド地域では、ほぼ一晩おきにオーロラを見ることができます。条件が合えば、フィンランドのどこからでもオーロラを鑑賞することができます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/191598/img_191598_2.jpg
サンタズ ホテル オーロラ&イグルー

突然現れては消えるオーロラの鑑賞は寒空の下で待機を余儀なくされる場合があります。しかし、ルオスト村の中央にあるサンタズ ホテル オーロラ&イグルー(Santa's Hotel Aurora & Igloos)では、温かいイグルー(通常、圧雪ブロックを使用して作られる居住スペース)の中に横たわり、ガラス越しにオーロラを観測することができます。ホテルにオーロラを知らせる独自のシステムがあるため、一生に一回の機会を見逃すことはありません。
( https://www.agoda.com/ja-jp/santa-s-hotel-aurora-igloos/hotel/luosto-fi.html?site_id=1811392 )


<スウェーデン>
スウェーデンでのご滞在はストックホルムを拠点として、北部にあるラップランド地区に移動して、アビスコ国立公園でのオーロラ観測がお勧めです。街の明かりから遠く離れているので、空が街灯に邪魔されることなく緑の光線がさらに鮮やかに見ることができます。マッタラハッカ ノーザン ライト ロッジ(Mattarahkka Northern Light Lodge)では、運が良ければ部屋から直接オーロラを見ることができます。空が暗くなるまでは、スウェーデン人のように「フィーカ」(コーヒータイム)を楽しみましょう!
( https://www.agoda.com/ja-jp/mattarahkka-northern-light-lodge/hotel/kiruna-se.html?https://www.agoda.com/santa-s-hotel-aurora-igloos/hotel/luosto-fi.html?site_id=1811392 )


■北アメリカ
<アメリカ・アラスカ州>
アラスカ州中央部の都市、フェアバンクスはオーロラ帯に位置するため、北アメリカでオーロラを見る最適の場所の一つです。フェアバンクスでは天体ショーを待つ間に、オーロラ・アイス・ミュージアムを始め、有名なチナ温泉、アイスバーでカクテルを堪能したりと、アラスカの美しさに浸ることのできる体験が多くあります。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/191598/img_191598_3.jpg
フェアバンクス ムース マナー B&B

広い部屋とスイートルームが自慢のフェアバンクス ムース マナー B&B(Fairbanks Moose Manor B&B)は、街からわずか数分の場所にあり、アラスカ流のおもてなしと自家製の朝食を提供しています。地域には光害がほぼないため、快適な部屋から美しいオーロラを見ることができます。
( https://www.agoda.com/ja-jp/fairbanks-moose-manor-b-b/hotel/fairbanks-ak-us.html?site_id=1811392 )


<カナダ>
カナダでは様々な地域で観測がされていますが、特に最北端の地域でオーロラを見ることができます。北極圏から400km南に位置するイエローナイフでは、オーロラはありふれた光景となるほどオーロラの出現率が高い。オーロラ・ビレッジではキャンプを楽しみ、360度回転する屋外のヒーター付き観察用シートで視界を遮ることなく神秘的な光景を見ることができます。モダンな外観のオーロラ デラックス ゲストハウス(Aurora Deluxe Guest House)でくつろいだ時間を過ごし、オーロラの出現を待ちましょう。
( https://www.agoda.com/ja-jp/aurora-deluxe-guest-house/hotel/yellowknife-nt-ca.html?site_id=1811392 )


【アゴダ(R)について】
2005年にシンガポールにてITスタートアップ企業として創業したアゴダは、世界で最も急速な成長を続けるオンライン旅行予約プラットフォームの一つです。今日、世界200以上の国や地域において200万以上の宿泊施設を取扱っており、ラグジュアリーホテルから格安ホテルはもちろんのこと、アパートメント、民泊物件、ヴィラやスイートなど、様々な予算レベルや旅行のシーンに対応する幅広いチョイスを世界中の旅行者に提供しています。シンガポールに本社を据え置き、Booking Holdings(Nasdaq:BKNG)の傘下企業として現在、30カ国以上53の都市に事業所を構え、総従業員数は4,000人以上に上ります。また、ウェブサイトのAgoda.comおよびモバイルアプリは38カ国語でご利用いただけます。


詳細はこちら

【アゴダ】アゴダが選ぶ『オーロラ観測を楽しめutf-8【アゴダ】アゴダが選ぶ『オーロラ観測を楽しめutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.