ECOニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ECOニュース

【奥入瀬渓流ホテル】とことんきのこを学ぶ菌活アクティビティ「きのこLABO」実施

星野リゾート

【奥入瀬渓流ホテル】とことんきのこを学ぶ菌活utf-8


奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、2020年9月1日、菌活アクティビティ「きのこLABO」を実施します。当アクティビティは、きのこに対する知的探求心を満たすためのプログラムです。研究者になりきって、きのこを隅々まで観察し調べることで、きのこの生態の奥深さを知ることができます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/x2GMC2CtcRPOqr6jKmfa.jpg


開発背景


十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園を流れる奥入瀬渓流は、国立公園の特別保護地区、天然記念物及び特別名勝に指定され、豊かな自然を有している場所です。青森県をはじめとする各行政機関と民間団体が、自然豊かな環境を保全しながら、自然を観光資源として活用する「エコツーリズム」を推進しています。渓流沿いに唯一建つ当ホテルも、渓流の成り立ちや魅力を語る「森の学校」や、苔のミクロの世界を案内する「苔さんぽ」など、滞在を通してこの地域の自然の魅力を感じられるアクティビティを用意しています。今年はより深くきのこについて知っていただけるように、「調べる」という知的探究心をくすぐる要素にフォーカスした当アクティビティを実施します。


きのこLABOとは


夏から秋にかけては、きのこが発生しやすい時期です。食材として親しみのあるきのこは、落ち葉を分解して栄養豊かな土を作ったり、樹木の生長を手助けしたりと、森の立役者としても活躍しています。このアクティビティでは、森へ出かけてきのこを探すフィールドワークと、顕微鏡などできのこを細部まで観察するきのこ鑑定会で、きのこの奥深い生態とそこに秘めている造形美を探究します。


きのこの研究1 森という広大な研究室でフィールドワーク


研究としてフィールドワーク「きのこさんぽ」を実施し、森の中へきのこを探しにいきます。実施場所は南八甲田山麓に位置する、青森県のきのこ研究者も定期的に観察会を行う「蔦野鳥の森」です。ブナの天然林が広がるこの森は、落葉層と倒木が多く、きのこが好む環境です。遊歩道沿いを歩くだけでも大小様々な個性豊かなきのこを見つけられます。ネイチャーガイドが率いるフィールドワークで、きのこの発生場所を探し、きのこの種類や周りの環境を記録することにより、きのこの生息環境や特徴、生態を知ることができます。


きのこの研究2 きのこを隅々まで調べるきのこ鑑定会


画像 : https://newscast.jp/attachments/Pvz6M8Zm7iATiK7QC6fW.jpg


きのこ鑑定会では、きのこの研究でよく使われる顕微鏡と胞子紋(ほうしもん)の採取を使い、森から採取した(*1)きのこを鑑定します。さまざまな形のきのこを顕微鏡で覗きこむと、きのこの表面のイボや、傘の裏側にあるヒダ、細く長い柄など、きのこの個性的な造形美が細部まではっきり見えてきます。
また、普段肉眼では見えにくい微小な胞子(*2)もきのこを鑑定するのに重要な情報源です。その胞子を観察するため、「胞子紋の採取」を実施します。胞子紋はきのこを黒い紙に一晩ほど置いてできた胞子の模様のことです。胞子紋からは、胞子の色、大きさ、飛ばし方、傘の裏の形などの特徴が分かります。観察後は、採取した胞子紋を加工し、花火のように放射状に広がる美しい胞子紋を記念カードとして持ち帰ることができます。
*1 採集可能な地域で行います。
*2 きのこが繁殖を行うための細胞。


「きのこLABO」概要


期間      :2020年9月1日~30日
場所      :蔦野鳥の森、ホテル
時間      :12:50~16:30
料金      :1名5,000円(税別)
含まれるもの  :蔦野鳥の森でのフィールドワーク、きのこ鑑定会、胞子紋の記念カード、ホテルから実施場所までの往復送迎
定員      :6名
最少開催人数  :1名
予約      :アクティビティデスクにて参加前日20:00まで受付
対象      :宿泊者
備考      :荒天時は提供内容が中止になる場合があります。


<最高水準のコロナ対策宣言>



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=BkROlOIo7sU


【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)


【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる「3密」の見える化サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施


関連資料:[【星野リゾート】コロナ対策まとめ]{https://drive.google.com/drive/folders/1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E}


星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル


奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル。渓流が目の前に広がる露天風呂や岡本太郎作の巨大暖炉が印象的なロビーが癒しの空間を醸し出します。「渓流スローライフ」をコンセプトに心から満たされる滞在を演出します。
〒034-0398 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231/客室数187室
[https://www.oirase-keiryuu.jp/]{https://www.oirase-keiryuu.jp/}




詳細はこちら

【奥入瀬渓流ホテル】とことんきのこを学ぶ菌活utf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.