ECOニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ECOニュース

世界最大級の「つくば牡丹園」、初のクラウドファンディングに挑戦!今年は自然のアート空間「Peony Gardenギャラリー」もオープン

つくば牡丹園

世界最大級の「つくば牡丹園」、初のクラウドフutf-8

6万株の牡丹・芍薬を誇る世界最大級の牡丹と芍薬の庭園「つくば牡丹園」(茨城県つくば市、園長:関浩一)は今年は4月17日(土)から開園致します。今年から新たに「アート」のお楽しみが加わり、「Peony Garden(ピオニーガーデン)ギャラリー」が新規オープン。開園期間中「はいいろオオカミ + 花屋 西別府商店」による特別展示をはじめ、様々なアート・コラボ企画を実施致します。トップアーティストたちが園内の自然をどう捉えるのか、サスティナブルな未来に向けた取り組みなど、見て知って楽しめる空間が誕生します。園の入口ではアート・フォトフレームを来場客に貸し出し、800種6万株ある牡丹と芍薬の中からじっくりお気に入りを見つけてもらう新しい鑑賞スタイルもご提案致します。

また4月9日(金)よりクラウドファンディングCAMPFIREにて、「6万株の牡丹と芍薬の花を守りたい!つくば牡丹園応援プロジェクト」( https://camp-fire.jp/projects/view/392429 )もスタート。一年でお花の開花時期だけ開園し、長年、皆様に愛されてきたつくば牡丹園ですが、昨年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言と重なって来園者が激減。一年を通して自然豊かな里山を守っていくために、初めてクラウドファンディングに挑戦中です(5月30日まで実施中)。ぜひこの機会に応援もよろしくお願い致します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/255740/LL_img_255740_1.jpg
「つくば牡丹園」のチラシとギャラリーの西別府久幸氏コーナー(右)

https://www.atpress.ne.jp/releases/255740/img_255740_1.jpg
▲「つくば牡丹園」のチラシとギャラリーの西別府久幸氏コーナー(右)


【2021年の園テーマは“自然&アート”】
<1>「はいいろオオカミ + 花屋 西別府商店」による植物アート展示
はいいろオオカミは日本とロシアの古道具を、花屋 西別府商店は生花を扱うという、ちょっと変わったコラボショップが「はいいろオオカミ + 花屋西別府商店」(東京・南青山)。同店のアーティスト西別府久幸氏が創作したアート作品を、開園期間中「Peony Gardenギャラリー」に展示し、その場でご購入いただくこともできます。

つくば牡丹園にある自然素材でギャラリー装飾も行うほか、クラウドファンディングでは、今シーズン園内で咲いた芍薬を使ったつくば牡丹園限定のオリジナル作品を返礼品としてご用意。植物とゆっくり対話しながら制作される作品たちがどのような芸術に仕上がるのか、ファンの間でも期待が高まりそうです。

https://www.atpress.ne.jp/releases/255740/img_255740_4.jpg
▲Peony Gardenギャラリー入口
https://www.atpress.ne.jp/releases/255740/img_255740_5.jpg
▲作品:森の小さな灯(税込16,500円)
https://www.atpress.ne.jp/releases/255740/img_255740_3.jpg
▲作品:森の小さな灯(税込19,800円)

<2> KohGenDo「オリエンタルプランツ」撮り下ろし芍薬写真展
女優美を支えていることで知られる自然派化粧品の江原道(こうげんどう)から、基礎化粧品「オリエンタルプランツ」のラインナップが昨年リニューアルされました。オリエンタルプランツは日本各地から栽培方法までこだわった植物の力を結集した商品で、つくば牡丹園の芍薬も美容成分として配合しております。このご縁により、開園期間中「Peony Gardenギャラリー」では写真家・白井亮氏が撮り下ろしたつくば牡丹園の芍薬写真を特別に展示いたします。

江原道参考サイト: https://www.kohgendo.com/feature/?mode=orientalplants-2020/5fp-capsule

<3> アート・フレームを使ってオリジナルの思い出を残そう!
今年は当園の入口でアート・フォトフレームを無料で貸し出し致します。つくば牡丹園の牡丹・芍薬は合わせて800種6万株あり、オリジナル品種や珍しいものなど一つ一つが表情豊か。花一輪の命は牡丹で3〜4日、芍薬で7日と薄命ですので、今だけの貴重な牡丹・芍薬との出会いの中からお気に入りを見つけてもらい、フレームの枠内におさめて、自分らしい1枚を鑑賞してもらう新しいスタイルをご提案。

今年で3年目を迎える芍薬「令和」や大輪の牡丹、水面に浮かぶ8,000輪の芍薬、池に訪れるカワセミなどここでしか見られない美しい景観がたくさんありますので、ぜひこの時期だけの貴重な風景を、スマートフォンやカメラであなただけの画としておさめていただければと思います。
フレームごとお花を撮影して、SNSでハッシュタグ #つくば牡丹園 #マイピオニー をつけて投稿、公式アカウントをフォローすると、来年の招待券がペアで当たるチャンスもあります。

https://www.atpress.ne.jp/releases/255740/img_255740_6.jpg
▲アート・フレーム撮影イメージ1
https://www.atpress.ne.jp/releases/255740/img_255740_7.jpg
▲アート・フレーム撮影イメージ2


【2021の新たな取り組み】
<1> サスティナブル企業「Syncs. Design」とマスクを製作
当園の土作りや発酵・堆肥化のノウハウを生かし、サスティナブルなアパレルを志す企業「Syncs. Design」(シンクス デザイン)と協働を始めています。開催中のクラウドファンディングの返礼品としてオリジナルマスクもご用意。さらに具体的な取り組み内容についても開園期間中にご紹介していく予定です。

Syncs. Design公式Instagram: https://www.instagram.com/syncs.earth/?hl=ja

<2>園内にて果物野菜ファームも本格始動!
当園の土作りノウハウを生かした園内ファームを本格始動致します。グリーンメロン、トマト、にんじん、サラダごぼうなどを栽培し、時期が良ければ収穫体験も実施する予定です。今回のファームには、担い手不足という日本の農業の大きな課題解決への挑戦も含めて取り組んで参ります。

例えば、リーズナブルで美味しいことから地元で人気の阿見グリーンメロンは、消費の需要があるにもかかわらず後進の担い手が不足しています。当園では農事組合法人 大地のめぐみと連携し、当園の新卒社会人2名がベテラン農家さんからノウハウを受け継ぎ、最新のスマートメーター(温度・湿度などのデータがスマホで確認できるもの)なども活用して、茨城大学農学部と共同で「就農1年生が栽培の難しいメロンを育てられるのか」というテーマで実証研究をスタートしています。すでにサラブレッド堆肥エコシステムプロジェクトは各メディアでも取り上げられ話題になっていますが、ぜひ当園の新しい農業ニュースにも引き続きご注目ください。

https://www.atpress.ne.jp/releases/255740/img_255740_11.jpg
▲果物野菜ファームのイメージ

土壌改良プラットフォーム公式ホームページ:https://kkleaf.com/


■「つくば牡丹園」とは
都心から車で40分の場所にもかかわらず、カワセミも訪れるほどの豊かな自然が広がる当園は、景観が美しく、すり鉢状の敷地内に「百花の王」ともいわれる牡丹・芍薬合わせて800種6万株を植栽した、世界最大級の牡丹・芍薬の庭です。中には齢150年の古株やここにしかない珍しい種もあります。これら広大な土地がすべて農薬不使用・酵素農法で管理されているのが特徴で、土職人の心と技、独自の無農薬・酵素農法は、専門家や愛好家の間でも注目されています。地球にやさしい、子供なども安心して土にまみれて遊べる貴重な場だから、園のテーマは「GO NATURAL」。思いっきり自然に触れてもらい、自然に回帰してもらう貴重な経験を提供しております。

当園は20年以上、有機物を酵素の力により短期間で発酵させ良質な土壌を作る「農薬不使用・酵素農法」を実践することで、健康的な花をたくさん力強く咲かせております。フィトンチッドというと森林効果が有名ですが、当園では園内の森林部だけでなく、広大なエリア全体で植物を共生させ、自然の力で牡丹・芍薬を病害・害虫から守っています。自然にたっぷり触れ合うことで花も人間も免疫力アップ、3密になりにくくソーシャルディスタンスの十分に保たれた環境でゆっくり散策が楽しめる場所としてウィズコロナ時代にとてもオススメです。

https://www.atpress.ne.jp/releases/255740/img_255740_8.jpg
▲今年も5月中旬頃に“水面に浮かぶシャクヤク8,000輪”を実施予定
https://www.atpress.ne.jp/releases/255740/img_255740_9.jpg
▲園内には幻想的な風景も広がる


■つくば牡丹園の概要
名称/英語表記 : つくば牡丹園 PEONY GARDEN TOKYO in Tsukuba
開園期間 : 2021年4月17日(土)~5月23日(日)
休園日 : 荒天日
営業時間 : 9:00~17:00(最終入園16:30)
※朝の時間帯は花の美しさが格別。
週末などには少し早めに入園できる場合があります。
所在地 : 茨城県つくば市若栗500
アクセス : お車でのご来園[都心から1時間]
常磐自動車道谷田部IC→県道143号経由5分
駐車場 普通車300台/大型車20台(無料)
電車でのご来園[都心から1時間半]
・常磐線上野駅から55分→牛久駅下車→
みどりの駅行きバス20分→茎崎若栗バス停下車徒歩5分
・つくばエクスプレスみどりの駅下車→
牛久駅行きバス15分→茎崎若栗バス停下車徒歩5分
入園料 : 大人 1,000円 小人(中学生以下) 無料
※団体割引(20名様以上):20%OFF
※障害者手帳提示 :20%OFF
※ペットも入園できます。リードをつけてご入園ください。
※広々とした屋外施設ではありますが、
お客様におかれましてもご自身の健康管理、
マスクの着用、手洗い、うがい、咳エチケット、
社会的距離の確保など、感染拡大防止への
ご協力をお願い致します。
公式ホームページ: http://jp.peonygardentokyo.com
公式Facebook : https://www.facebook.com/peonygardentokyo/
公式Instagram : https://www.instagram.com/peonygardentokyo/
公式YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCAUYh9zO8Y7zE-Lyb0Uv16A

3月31日配信リリース:世界最大級の「つくば牡丹園」が4月17日(土)から開園!
フィトンチッド効果でリラックス、自然と花に癒される37日間!お花の開花カレンダー付き
http://greencreate.boo.jp/PR/0331.pdf


詳細はこちら

世界最大級の「つくば牡丹園」、初のクラウドフutf-8世界最大級の「つくば牡丹園」、初のクラウドフutf-8世界最大級の「つくば牡丹園」、初のクラウドフutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.