ECOニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ECOニュース

南極地域観測隊の越冬隊員に明治大学生が選出

学校法人明治大学広報課

南極地域観測隊の越冬隊員に明治大学生が選出

第63次南極地域観測隊の越冬隊員に、明治大学 理工学研究科 鈴木秀彦研究室の博士前期課程2年生 遠藤哲歩(えんどうあきほ)さんが選出されました。
南極地域観測事業は、オゾンホールの破壊など地球環境変動の長期連続観測などのために行われています。鈴木秀彦研究室は地球大気の研究を行っており、研究室の大学院生である遠藤哲歩さんは、夜光雲(※)の研究を行っている中での選出となりました。

※夜光雲とは・・・オーロラと同じくらいの高度で輝く超高層の雲です。従来は北極と南極の近辺で超高層大気が最も冷たくなる夏の期間だけ見られていましたが、近年、北海道などの都市でも見られるようになりました。地球環境変動の影響であると考えられ、鈴木秀彦研究室ではカメラをつけた気球を雲の上まで飛ばしたり日本発着の航空機につけたカメラで撮影したりするなどして観測・分析を行っています。


■ 遠藤哲歩さんの活動

37名の越冬隊のうち、遠藤さんは一般研究観測員として超高層大気の観測を行います。この研究は地球大気システムを理解するうえで不可欠な極域大気のダイナミクス解明のために行われ、今回参加する活動では、宇宙天気と宇宙線の関係、地球全球で起こる雷活動、オーロラ変動メカニズムといった多岐にわたる研究テーマに関連する観測に従事します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/269520/img_269520_1.jpg


■ 出発から帰国までの行程
遠藤さんら越冬隊員は南極観測船「しらせ」で2021年11月10日(水)に日本を出発して南極に向かい、2021年12月より南極の昭和基地での活動に入ります。およそ1年2か月の基地での活動の後、2023年3月末に帰国する予定です。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/269520/img_269520_2.jpg



詳細はこちら

南極地域観測隊の越冬隊員に明治大学生が選出

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2021 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.