ECOニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ECOニュース

埼玉県飯能市にて実施中のデジタル地域通貨『Hello, againコイン』による実証実験、第一次報告を発表

株式会社シンカ

埼玉県飯能市にて実施中のデジタル地域通貨『Helutf-8

株式会社シンカ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 裕也)は、埼玉県飯能市山間エリアにおいて、2021年11月より3ヶ月間の新デジタル地域通貨『Hello, againコイン』による実証実験を実施しています。『Hello, againコイン』は、利用者が店舗や他ユーザーに「ギフト」としてチャージしたコインを贈れるのが特徴。サービスや体験に対して、感謝や共感、応援の気持ちを贈ることができます。この仕組みを活用し、緩やかな過疎化にある当該地への再来訪を促し、関係人口の増加と地場産業の支援が実現するかを実験。シンカが目指す「持続可能な社会」実現への手法を模索します。今回は最初の1ヶ月となる11月度の結果報告と、開催されたイベントのレポートをご紹介します。
また現在、参加者募集中の12月9日のオンラインイベント、12月10日~11日の体験イベントについても詳細をお伝えします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/288845/LL_img_288845_1.jpg
Hello, againコイン

○実証実験概要
<実証実験名称>
デジタル地域通貨を活用した長期滞在・地域周遊効果の実証実験

<実施エリア>
埼玉県飯能市山間エリア

<実証実験期間>
3ヶ月間(2021年11月1日より2022年1月31日まで)


○デジタル通貨、実証実験の詳細については、既報ならびに下記サイトをご参照ください。
2021年11月1日 プレスリリース:
https://www.atpress.ne.jp/news/281972

Hello, againコイン HP:
https://helloagain-coin.com/

Hello, againコイン 実証実験HP:
https://helloagain-coin.com/special/


◆その他 要素
○実証実験経過報告 2021年11月度分(2021年11月30日時点)
・アクティブユーザー数 :119ユーザー
・加盟店舗数 :13事業者
・コインによる決済金額 :522,338AGN※
・ギフトとして贈られたコイン:47,375AGN※
※AGNはHello, againコインの独自単位。1AGN=1円相当

【加盟店一覧(順不同)】
・名栗温泉 大松閣(旅館業)
・大松閣別館山の茶屋(飲食)
・ケニーズ・ファミリー・ビレッジ(キャンプ場)
・古民家ファミリービレッジ(キャンプ場)
・さわらびの湯(温泉)
・Blue Tarp(飲食)
・ノーラ名栗(旅館業)
・やまね酒造株式会社赤沢醸造所(酒製造)
・Muku-studio(無垢工房)(商品開発)
・きまま工房・木楽里(工房)
・雑貨&カフェkinoca(飲食)
・滝長(商店)
・Aliveサステナブルラボ飯能(旅館業)


○イベントレポート
イベント名称:Hello, againコイン加盟店めぐり企画
開催日時 :2021年11月22日~23日
参加者数 :10名

イベントスケジュール:巡った加盟店及び登録中加盟店
1日目:Muku-studio(カラクリおもちゃ見学)
さわらびの湯(温泉)
ノーラ名栗(買い物)
ケニーズ・ファミリー・ビレッジ(BBQ・焚火・宿泊)
2日目:名栗カヌー工房(カヌー体験)
木楽里(ものづくりフェア見学)
雑貨&カフェkinoca(ものづくりフェア見学)
ソグベルク(買い物)


○イベントの主旨
ユーザーに『Hello, againコイン』を利用してもらうこと。
利用の際に、現地の方と交流を持ってもらうこと。
上記を通して現地の魅力を知ってもらうこと。


○イベント内容
自然が豊富な埼玉県飯能市山間エリアは、林業が盛んだった場所。そのため特産は「西川材」と呼ばれる木材。今回のイベントでは自然と木に触れる機会を多く設けました。初日に訪れた「カラクリおもちゃ Muku-studio」では、木で作った「大型のカラクリ装置」を体験。Muku-studioは、息子さんが生まれたことをきっかけに、自分で手作りおもちゃをつくりたい、との想いからスタートし、いまではカラクリおもちゃの世界チャンピオンとなった方が運営されています。イベント当日は、その息子さんから様々なカラクリ装置をご紹介していただきました。お子さまはもちろん、大人も大興奮。撮影した動画をSNSにアップしてくださいました。

翌日には、木工が体験できる「木楽里」と、「雑貨&カフェkinoca」も訪問。当日は、現地アーティストの木工作品や陶芸作品などを多く展示・販売するものづくりフェアを開催中でしたので、地域の魅力を、見て触れて、身体で感じてもらいました。「名栗カヌー工房」や「ソグベルク」では、西川材で作られたカヌーも体験。名栗カヌー工房は、日本のカヌー文化発祥の場所。試行錯誤を経て日本人向けに開発されたカヌーを、名栗湖で体験しました。「ソグベルク」では現在、北欧発祥の木製マグカップ「ククサ」が大人気。名栗カヌー工房で生産準備に励まれている様子も直接お見せいただきました。

また、名物である温泉や、グランピング・キャンピング施設も見学。夜は「ケニーズ・ファミリー・ビレッジ」でBBQ。満点の星空の下、語らいあう楽しい時間となりました。
買い物や施設利用は「Hello, againコイン」で。加盟店のスタッフさんとの会話も楽しみながら、実際の利用を体験していただきました。笑顔でギフトを贈ってもらうシーンも。
エリアの魅力を感じていただき、参加者からはSNSには様々な投稿が。すぐに再来訪し、加盟店を利用した参加者もいるほど。「訪れ、交流してもらえば魅力が伝わり、また来たくなる」という『Hello, againコイン』のコンセプトを実感いただける体験イベントとなりました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/288845/LL_img_288845_2.jpg
Muku-studioのカラクリ装置
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/288845/LL_img_288845_4.jpg
埼玉県営第1号ダム「名栗湖」
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/288845/LL_img_288845_7.jpg
カヌー乗船体験の様子
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/288845/LL_img_288845_8.jpeg
ククサづくりの様子
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/288845/LL_img_288845_9.jpg
ケニーズファミリービレッジのシンボル
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/288845/LL_img_288845_10.jpg
川沿いの自然豊かなキャンプ場
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/288845/LL_img_288845_11.jpg
Hello, againコインで決済している様子

○参加者の声(SNS投稿より抜粋)
Kさん
自宅から割と近いのでキャンプなどでも来ることが多かったのですが、Web検索では見つからない情報や地域の方の話を聞けてリアルな飯能を体験できました。「Hello, againコイン」は、決済と合わせてメッセージが送れたり、3ヶ月で有効期限が来たりと、いわゆる市場通貨とは異なる機能をもった通貨です。ここ数年考えてきた「価値交換」や「新しい価値基準を追加する」といった活動とリンクしそうでワクワクします。

Iさん
22日に「Muku-studio」におじゃまして、その後25日には大松閣に。地元だからなかなか足を運べていませんでしたが、いつかは行ってみたいと思っていた大松閣。噂以上のおもてなしに異次元空間に入った感覚に。チェックインしてラウンジに入ったら高級ホテルにも出せない落ち着いた雰囲気!日帰り利用を満喫しました。次はぜひ宿泊したいです。


○イベント開催
12月は2つのイベントを企画しています。現在、参加者を募集中ですが、定員となり次第募集を終了しますので、ぜひお早めに参加ご登録ください。

1) Hello, againコインリリースイベント 第2回~New Localを考える~
株式会社シンカとデジタル地域通貨発行会社の株式会社eumoの共催による月次イベント。ALPSCityPay、豊岡演劇祭応援コインなどのコミュニティマネージャーなどをゲストにお迎えし、地域通貨の観点から“New Local”について話します。また、Hello, againコイン加盟店による加盟店活動内容や魅力などもお伝えします。
イベント終了後のアンケートにお答えいただいた方全員に「Hello, againコイン」の加盟店で利用できるポイントを付与いたします。ぜひご参加ください。

【開催日】 2021年12月9日(木)19:00~21:00
【参加費用】無料(お申し込み必須)
【実施方法】Zoom機能を利用したオンライン参加
イベント詳細ページ: https://eumo1209.peatix.com/

2) Hello, againコイン加盟店めぐり企画 第二弾
Hello, againコインの加盟店と交流しながら、エリアと人の魅力を満喫いただける企画、第二弾。今回は100年以上の歴史を誇る温泉旅館「大松閣」に宿泊します。名栗エリアの豊かな自然に育まれた美味、おもてなしの心がいきとどいた空間を満喫しつつ、みなさまと語りあいたいと考えています。

【開催日】 2021年12月10日(金)~11日(土)
【参加費用】宿泊費23,000円程度 交通費・現地決済費など別途
【参加方法】Hello, againコインのFacebookページより
Facebookページ: https://fb.me/e/4zykNQgNV

▽予定
12月10日(1日目)
10:30 飯能駅集合
11:00~12:00 カラクリおもちゃ Muku-studio 体験
12:30~13:30 Blue Tarpにて昼食
14:00~16:00 名栗カヌー工房でカヌー体験
16:30 大松閣宿泊
16:30~18:00 仕事タイム/自由時間
18:00~19:00 温泉
19:00~20:00 夕食

12月11日(2日目)
8:00~9:00 朝食
9:00~10:00 準備
10:00 チェックアウト
10:30~12:30 木楽里にて木工体験
13:00~14:00 雑貨&カフェkinocaにて昼食
14:30~16:00 ソグベルク訪問 買い物/休憩など
16:30 飯能駅解散


◆運営会社シンカについて
株式会社シンカは、1995年10月、採用専門コンサルティング会社の草分けとして設立されました。1998年、日本初の人材採用管理システムを開発・商品化。その後、最盛期は売上20億円、従業員80名程度まで拡大。しかしその後、上場に向けた投資の失敗、リーマンショックにより経営危機を迎えることに。再生に奮闘する中、2014年、新卒一期生の現代表が4代目社長に就任。2017年3月には株式会社シンカホールディングスを持ち株会社としてMBOを実行。自社の経営改革の経験をもとにした、中小企業向け組織・人事コンサルティング事業をスタートし、現在に至ります。

現在は、社員一人ひとりに「自分が経営を担っている」という「我がごと経営(R)」の推進に注力。「組織人事」の視点から、社会問題の解決に取り組む企業様へのコンサルティングをメイン事業としながら、2020年には、ビジョンである「社会問題を解決することで、持続可能な社会を創造し、私たち一人ひとりの幸福度向上を追求する。」を体現する活動の一環として、自社サテライトオフィス兼ワーケーション施設である『Alive サステナブルラボ飯能』を埼玉県飯能市に開設。人の幸福を構成する「生命の維持」「健康」「生きがい」「誇りの拠り所」という要素を高め、それを阻害する社会問題を解決することで、幸福のために生き・働ける、持続可能な社会の実現を目指しています。


◆本件に関するお問い合わせ先
株式会社シンカ コンサルティング部
担当 : 分部 理恵
電話 : 03-6432-0221
メール: info@helloagain-coin.com
URL : https://www.helloagain-coin.com


◆会社概要
社名 : 株式会社シンカ
代表者 : 代表取締役社長 田中 裕也
本社 : 東京都港区新橋四丁目7番2号 6東洋海事ビル7階
設立 : 1995年10月
事業内容: “我がごと経営(R)”の実現を支援する組織・人事コンサルティング
(組織・人事制度・採用・教育・働き方改革)
URL : http://www.shinka.com/


詳細はこちら

埼玉県飯能市にて実施中のデジタル地域通貨『Helutf-8埼玉県飯能市にて実施中のデジタル地域通貨『Helutf-8埼玉県飯能市にて実施中のデジタル地域通貨『Helutf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.