ECOニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ECOニュース

ペットの「終末期医療」という考え方を常識に 動物関連事業者様を対象とした協力パートナー制度「わんにゃん応援団」の加入事業者様募集を開始します

往診専門動物病院わんにゃん保健室

ペットの「終末期医療」という考え方を常識に utf-8

往診専門動物病院わんにゃん保健室(所在地:東京都台東区、院長:江本 宏平)は、ペットの終末期医療に関する啓蒙活動を行うことを目的とした協力パートナー制度「わんにゃん応援団」加入事業者募集を開始しました。協力パートナー募集のローンチに伴い、動物関連事業者様の募集とInstagram上でのライブ配信を行います。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/355299/LL_img_355299_1.jpg
診療雰囲気

公式サイト: https://asakusa12.com/

【「わんにゃん応援団」加入事業者様募集の概要】
・募集期間:2023年5月15日(月)~2023年7月31日(月)
・募集要件:動物関連事業者(店舗型・無店舗型問わず)


■「わんにゃん応援団」について
病気や老衰が原因で終末期を迎えることになったペットたちが、穏やかに残りの時間を過ごすための医療である終末期医療(ターミナルケア)。

人間の医療においては広く浸透している考え方ですが、実はペットの「最期」で終末期のケアについて十分な時間枠をとり、ゆっくりと相談に乗って、解決に向けた提案をし続けてくれる獣医師は多くありません。

そのため、病気の治療を最優先する獣医師が提案する内容と、緩和ケアを臨む飼い主様との間で心のズレが生じてしまうケースがあるのもまた事実です。

こうした背景を踏まえ、私たち「わんにゃん保健室」はペットの終末期医療や往診に関する情報周知を目的とした協力パートナー制度「わんにゃん応援団」を創始しました。

今後は、パートナーシップを結んだ事業者間での情報共有や、ペットの終末期医療に関する認知度を高める活動に取り組みます。

また今回の募集では、「わんにゃん応援団」への加入対象を動物関連事業者様に限定しておりますが、今後対象範囲を拡大していく予定です。


■Instagramでのライブ配信
「わんにゃん応援団」加入事業者様募集に際して、Instagramでのライブ配信を行います。
動物関連事業に従事されていない方の観覧を想定し、ペットの終末期医療に対する認識向上や、ペットを家で看取るという意識を持つきっかけとなるような内容をお届けします。

当日は、最前線でペットの往診医療を行う獣医師が、ペットの終末期医療の「リアル」をお伝えするほか、質疑応答の時間も設ける予定です。ぜひお気軽にご参加ください。

【ライブ配信の概要】
・開催日時:2023年6月5日(月) 20:00~21:30
・配信先 :Instagram上(ライブ機能を使用)
・詳細 :Instagramアカウント(@koheiemoto)にて告知予定


■「わんにゃん保健室」について
東京都台東区を中心に、ペットの往診医療を専門で行う動物病院です。

ペットを動物病院に連れて行くのが難しいという方々のために、獣医師と複数の動物看護スタッフがお宅を訪問し、きめ細やかな診療を行うのが特徴です。

私たちの目標は、ペットの「QOD(Quairity of Death)」を高めること、すなわち穏やかな最期を迎えられるような環境をつくること。

まだペットの終末期医療という考え方が広く浸透しているとはいえませんが、終末期を迎えるペットや、寄り沿う飼い主様の方々に寄り沿える往診専門動物病院であり続ける所存です。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/355299/LL_img_355299_2.png
往診専門動物病院わんにゃん保健室ロゴ


詳細はこちら

ペットの「終末期医療」という考え方を常識に utf-8

記事提供:@Press

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

とれまがマネー

とれまがマネー

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2023 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.