ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

GSMAの調査によれば米国とカナダが5Gへの世界的移行をリード

2018年09月14日

北米のモバイルエコシステムのGDP貢献度は今後4年間で32パーセント増加して2022年までに1.1兆ドルに到達へ

ロサンゼルス

(ビジネスワイヤ) -- 新たなGSMA報告書によれば、北米における全モバイル接続のほぼ半数は2025年までに5Gネットワークで処理されるものと予測され、当地域が欧州やアジアの匹敵する市場よりかなり速いスピードで5Gへ移行することを示しています。今週開催のモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズで公表されたGSMAの主力「モバイル経済」報告書シリーズの最新版では、米国とカナダで2025年までに5Gモバイル接続は約2億件に達すると予測しており、この時点までに予測される市場全体の40パーセントを占めることになります。本報告書では、北米のモバイルエコシステムが昨年において当地域のGDPの4パーセント1に相当する8300億ドルの経済価値を生み出したと計算しています。

GSMA事務局長のマッツ・グランリドは、次のように述べています。「北米のモバイル通信事業者は現在、5G時代に入る中、過去最高レベルの投資を行い、ネットワークの更新と周波数帯の取得に取り組んでいます。全国規模のモバイルブロードバンドの通信エリアとスマートフォンの高い所有率を持つ米国とカナダの消費者は関心度が高く、新タイプのデジタルサービス/コンテンツを早い段階で取り入れており、そのため私たちはこれら2つの市場がこの先急速に5Gネットワークへ移行するとみています。」

加入者基盤は3億人を突破

4Gは現在、北米で優勢のモバイル技術となっており(2017年の接続件数の70パーセントを占める)、5Gが影響を持ち始める来年まで拡大し続けることになります。米国の事業者は初の商用5Gネットワークを年内に始動させますが、カナダの通信事業者は2020年に5Gを始めると見込まれます。2025年までに、北米での5G普及率(接続件数の49パーセント)は欧州(30パーセント)と中国・日本・韓国などアジアの重要市場(計30パーセント)を優に超えると予測されます。

北米におけるユニークモバイル加入者数2は2017年に3億人を超え、人口の84パーセントを占めるようになり、世界で欧州に次いで第2位の加入者率となりました。加入者基盤は2025年までに3億2800万人に増加すると予測され、普及率は上昇して86パーセントとなります。

地域のモバイル産業は急速な変革を経験中

次世代のモバイル技術/サービスの影響は地域経済への多大な貢献に結実しており、その規模を拡大させています。2022年までに、モバイル産業の経済貢献は32パーセント増加して1.1兆ドル、すなわちGDPの4.9パーセントとなり、2017年における8330億ドル(GDPの4パーセント)から上昇しますが、これは生産性の向上と、この間の産業とサービスのデジタル化が要因となります。また、北米のモバイルエコシステムは2017年に240万件近くの雇用を支え、一般税(周波数オークションで調達した基金を含まない)を通じて公共部門の資金として1140億ドルの貢献もしました。

ただ、北米の当業界は現在、急速な変化を経験している最中です。これは通信企業やメディア企業が絡む大型M&A案件、ネットフリックスやアマゾンなどインターネット企業による競争激化、モノのインターネット(IoT)などの技術の普及拡大が要因となっています。北米におけるIoT接続件数は2018年から2025年にかけてほぼ3倍になり、約60億件に達すると予測されます。

「北米のモバイル通信事業者はコンテンツやIoT、そしてもうすぐには5Gの新たな収益機会を成功裏に解き放つことで、従来の多くのモバイルサービスの落ち込みを相殺しています。当地域における当初の5G使用事例は消費者市場向けモバイルブロードバンドのサービス強化に重点を置く可能性が高いのですが、自律運転車、産業/車両自動化、遠隔手術、先進的AR/VRなどの分野におけるサービスが間もなく広く普及するでしょう。」(グランリド事務局長)

新報告書「モバイル経済:北米2018年」は、GSMAの調査部門であるGSMAインテリジェンスが執筆しました。報告書の全文と関連する情報画像を利用するには、www.gsma.com/mobileeconomy/northamerica/をご覧ください。

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、750社を超えるモバイル事業者を結集しています。そのうち350社以上は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、5Gモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ、モバイル360シリーズのカンファレンスなど、業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

____________________________

1 GDP への貢献には、モバイルエコシステムによる直接的貢献(1.2%)、間接的貢献(0.8%)、生産性向上(2.0%)が含まれます。

2 1人のユニークモバイル加入者は1人の個人を表し、1人の個人は複数のSIM接続を行うことがあります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

For the GSMA
Amelise Lane
alane@webershandwick.com
+1 212 546 7830
または
Ivette López
ilopez@gsma.com
+1 678 429 5066
または
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧
  • ラピスセミコンダクタが開発した16bitマイコン「ML...
  • 一般的にインフルエンザは11~12月頃から流行が始...
  • BIGLOBEはが「年齢に関する意識調査」を実施。希望...
  • 労働政策研究・研修機構の調査で、会社員の副業・...
  • 来年11月までの在任で総理として、桂太郎(拓殖...

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.