ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

大成など、色素増感太陽電池搭載のデスク「LOOPLINET1」を発売

2019年06月19日

大成など、色素増感太陽電池搭載のデスク「LOOPLINET1

サステイナブルな内装家具ブランド「LOOPLINE」
大成株式会社と株式会社デザインオフィスラインは6月10日、サステイナブルな内装家具をコンセプトとしたブランド「LOOPLINE」を立ち上げると発表した。

なお、同プロジェクトの第一弾として、同日からバッテリー搭載型のデスク「LOOPLINE T1(ループライン ティーワン)」の販売を開始する。

同製品は、デザインオフィス ラインが提供する紙製のオフィスデスク(紙庵)に室内用ソーラーパネルを搭載したもの。室内のLED照明や蛍光灯の光でも発電ができるほか、デスク内部に搭載したバッテリーにより、様々な環境下でもデスクから電力の供給が可能となる。

このため、災害時等の電気が使えない環境下でも、デスク自体からの電力供給のほか、内部にあるバッテリーを取り外して持ち運ぶことにより、さまざまなシーンでの活用が可能になるという。

なお、「LOOPLINE T1」は、サステイナブルをキーワードとしたブランド「LOOPLINE」が提供するオフィス用デスクで、デスク天板に、リコー社製色素増感太陽電池を48枚搭載することにより、室内照明による僅かな光量でも充電が可能となっている。

循環型のハイブリッドなオフィス家具
デスク引き出し内部には、持ち運び可能なバッテリーを搭載し、側面にはAC電源プラグ(計8口)とUSBポート(Type A、Type C)を備え、通常時はパソコンやスマートフォン電力を供給する。

デスク自体の芯材も環境に配慮した紙製となっていて、電力のマネジメントや室内ソーラーによるエネルギー変換までを考慮した循環型のハイブリッドなオフィス家具となっている(国内/国際特許出願中)。

また、顧客希望に合わせて、サイズ・カラーなどもカスタマイズ可能という。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大成株式会社 プレスリリース
https://www.taisei-bm.co.jp/ir/pdf/release20190610.pdf

 

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.