ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

2019年上半期の「老人福祉・介護事業」の倒産状況

2019年07月17日

2019年上半期の「老人福祉・介護事業」の倒産状況

老人福祉・介護事業の倒産状況
企業信用調査会社の東京商工リサーチは、2019年1月~6月までにあたる上半期の「老人福祉・介護事業」の倒産状況を公開した。
それによると、倒産件数は55件となり、2000年に介護保険法が施行されて以降で最多となった。

業種別で倒産件数が最も多くなったのは、ホームヘルパーなどの「訪問介護事業」で32件。前年度の18件から急増している上に、全体の半分以上を占める数字に達している。

続いて、デイサービスなどの「通所・短期入所介護事業」が13件、「有料老人ホーム」が5件となったが、この2業種は前年から倒産数が減少している。

倒産の原因別では「販売不振(業績不振)」が40件で最多となった。昨年の同期は26件だったので急増していることが分かる。次いで、「事業の失敗」と「運転資金の欠乏」が各4件となった。

また、設立別では、2014年以降に設立した5年未満の新規事業者が17件と全体のおよそ3割を占める結果となった。

ヘルパーの人材不足が倒産に影響
2018年12月に全国ホームヘルパー競技会が公開した介護報酬改定に関するアンケートによると、人材確保・育成・定着における課題として「(ヘルパーの)募集をしても応募がない」と回答した事業所が88%にのぼるなど、ヘルパー不足が最重要課題となっている。

介護報酬改定で必要性が指摘された人材確保の参入促進策として、人材の裾野を広げる政策も取られてる。そういった取り組みにより参入障壁が低くなる一方で、資金やノウハウが乏しい企業が安易に進出している問題も浮き彫りになっている。実際、経営が破綻するケースでは新規参入の小・零細事業者が目立つ。

「老人福祉・介護事業」の倒産増加は、介護サービスを利用している人にとっての負担となる、また不利益を及ぼすケースが増えることも意味している。安定した介護サービスの提供には、介護事業者の意識改革だけでなく一定の公的支援も必要になっている。

(画像は東京商工リサーチのHPより)


▼外部リンク

東京商工リサーチ
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20190704_03.html

記事提供:leaf-hide

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.