ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

ギガフォトン、新型リソグラフィ用光源 ArFドライ「GT45A」を8月出荷

2019年09月17日

最先端ArF液侵用光源技術を導入し、ユーザーのさらなるニーズに応える

栃木県小山市

(ビジネスワイヤ) -- 半導体リソグラフィ光源メーカーであるギガフォトン株式会社(本社: 栃木県小山市、代表取締役社長: 浦中克己)は、新型リソグラフィ用光源、ArFドライGT45Aを8月に出荷したことを発表しました。

最先端半導体製造プロセスでは、テクノロジー・ノード10/7nm(ナノ・メートル)という微細なプロセスが主流となり、今後もEUV光源の導入による7nm以下の更なる微細化が注目されています。その一方で、IoTの普及に伴い主に14-65nmといった技術的に成熟されたノードにおいて需要が高まり、新規投資による生産能力の拡大と、既存工場のアップグレードで対応する事が期待されています。従って、ドライ露光装置の更なる改善が要求され、露光装置における高生産性と高い稼働率(Availability)が不可欠となっています。

GT45Aは、すでに生産現場で導入実績のある、以下のArF液侵用光源技術を適用させることで、ユーザーの幅広い期待に応える機能拡張性を備えます。

主要モジュールの寿命を従来品比で最大50%向上させ、光源の更なる高稼働を実現し、装置稼働率を向上させます。 最大で90Wまで高出力化することで、更なる生産性向上が可能です。 4kHz~6kHzの繰り返し周波数が対応可能となり、露光機の要求に幅広く対応し、露光光学性能の向上に貢献します。

ギガフォトン代表取締役社長兼CEOの浦中克己氏は、こう述べています。「GT45AはArF液侵用光源の開発で培い実現してきた技術を適用することにより、お客様の幅広いニーズに対し最先端技術による最適なソリューションを提供することが可能となります。ギガフォトンは今後も継続して、お客様のニーズに応える最適な機能を提供し、半導体製造業界へさらなる貢献をしていきます。」

ギガフォトンについて

2000年設立以来、ギガフォトンはレーザーサプライヤーとして、価値あるソリューションを世界の半導体メーカーに提供し続けています。ギガフォトンは、研究開発から製造・販売・保守サービスまで、常にユーザー目線に立った業界最高水準のサポートをお約束します。詳細については www.gigaphoton.comをご覧ください。

連絡先

報道関係者向けの連絡窓口:
ギガフォトン株式会社
経営企画部
高久賢次
TEL: 0285-37-6931
Eメール: web_info@gigaphoton.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2019 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.