ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

シャオミとMPEG LAがシャオミによるMPEG LAのHEVCライセンス契約を発表

2020年01月14日

デンバー & 北京

(ビジネスワイヤ) -- 知的財産ライセンシングの世界的リーダー企業MPEG LA, LLC(「MPEG LA」)とスマートフォンなどのスマート製品を供給する有力国際企業シャオミ(小米)は本日、シャオミがMPEG LAのHEVC特許ポートフォリオライセンス(「HEVCライセンス」)のライセンシーになったと発表しました。

MPEG LAのHEVCライセンスは、ビデオをインターネット、テレビ、モバイルでの転送、受信、使用のためにエンコードおよびデコードし、消費者向け製品の速度と効率性の向上を実現するHEVCデジタル動画符号化規格(H.265やMPEG-H Part 2としても知られる)の必須特許権を世界で利用できるようにするライセンスです。

MPEG LAのラリー・ホーン社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「シャオミは350組織ほどのライセンシーに続いてMPEG LAのHEVC特許ポートフォリオライセンスのライセンシーとなります。このことは、このライセンスが公正で合理的なライセンスとして幅広く受け入れられていることを改めて裏付けるものです。このライセンスの手頃なロイヤルティー料率と差別のないライセンス条件は、世界中のすべての市場において、またHEVC技術が組み込まれているすべての製品において同一であり、MPEG LAの目的は同じ合理的なロイヤルティー料率で可能な限り多くのHEVC必須特許を対象に含めることにあります。」

シャオミのIP戦略・グローバル事業開発担当バイスプレジデントであるポール・リン氏は、次のように述べています。「HEVC技術をかなり導入するシャオミのような企業には、複数のHEVC特許プールへの勧誘があります。シャオミでは、プールライセンス方式は状況次第で大いに効率的となる「場合がある」と考えていますが、複数の特許プールとなると技術導入者にとってはロイヤルティーがかさむという有害な問題が生じます。よってシャオミとしては、HEVC規格全体に対して公正で合理的なロイヤルティーを設定する1つのプールに統合することを強く推奨します。」

MPEG LAについて

MPEG LAは、規格とその他の技術プラットフォームのライセンスをワンストップで提供する世界的大手です。1990年代より、現代の特許プールを先駆的に形成し、史上最高の普及度を誇る消費者向け電子機器の規格を生み出す上で貢献してきました。そして、その他の画期的技術へのアクセスを拡大しています。MPEG LAは、さまざまな技術を対象に2万2000件以上の特許から構成されたライセンシングプログラムを91カ国で運営してきました。特許保有者は約250、ライセンシーは6000以上です。ユーザーが選択した技術の導入支援に当たるMPEG LAは、基本的な知的財産へのアクセスと運用の自由を提供し、訴訟のリスクを低減し、事業計画のプロセスに予測可能性をもたらしています。詳しい情報については、www.mpegla.comをご覧ください。

シャオミ(小米)について

小米集団(Xiaomi Corporation)は2010年4月に設立され、2018年7月9日に香港証券取引所のメインボードに上場しました(1810.HK)。シャオミ(小米)は、IoTプラットフォームで接続されたスマートフォンおよびスマートハードウエアを中核とするインターネット企業です。

ユーザーの友となりユーザーの心にとって「最高にクールな会社」となるというビジョンの下、シャオミは継続的なイノベーションに真摯に取り組み、品質と効率性にたゆまず傾注しています。革新的な技術によって世界のすべての人々がよりよい生活を享受できるよう、優れた製品を良心的な価格で次々に作り出しています。

シャオミは現在、規模にして世界第4位のスマートフォンブランドであり、世界有数の消費者向けIoTプラットフォームを構築しており、2億1300万台以上のスマートデバイス(スマートフォンおよびノートPCを除く)がこのプラットフォームに接続されています。現時点でシャオミの製品は世界90以上の国と地域で利用されており、その多くで主導的な地盤を築いています。

2019年7月に同社は初めてフォーチュン・グローバル500リストに掲載され、全体で468位、インターネット企業の中では7位にランクインしました。シャオミは、2019年フォーチュン・グローバル500リスト掲載企業の中で最も若い企業です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Tom O’Reilly
MPEG LA, LLC
Tel: 303.200.1710
toreilly@mpegla.com

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.