ニュース – とれまがニュース

経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信

とれまが – 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。経済や政治がわかる新聞社や通信社の時事ニュースなど配信
RSS
ニュース 地域 ECO イベント
とれまが >  ニュース  > 社会ニュース  > ニュース

Narkasaでは、投資家が希望の通貨で仮想通貨を購入可能

2020年07月01日

過去6カ月間に、仮想通貨への投資家の数は20%増加しました。これは主に最近になって世界の市場が下落したことによるものです。最近立ち上げられたイスタンブールの仮想通貨取引所のNarkasaは、近いうちにクライアントが156種類の法定通貨で取引を実行できるようにしたいと考えています。

イスタンブール

(ビジネスワイヤ) -- 世界の仮想通貨市場は現在2650億ドルに迫る価値を持ち、毎日700億ドル近い取引が実行されています。一方、仮想通貨トラッカーのCoinmarketcapによると、世界で現在314カ所の仮想通貨取引所が運営されています。しかし、このような取引所のほとんどでは、仮想通貨を購入するために米ドルかユーロしか使用することができません。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20200630005675/ja/

しかし、イスタンブールの仮想通貨取引所であるNarkasaでは、そうではありません。投資家は、いくつもの通貨で仮想資産を購入することができます。さらに、この新たなサービスでは、立ち上げから90日以内に実行されたすべての取引で手数料を50%割引にするキャンペーンを行っています。

「世界各地の156種類の通貨」

12言語で最先端のテクノロジーとサービスを提供するNarkasaは、いくつもの通貨で迅速かつ安全に仮想通貨取引を行うプラットフォームを投資家に提供しています。「ドルとユーロに加え、Narkasaはロシア・ルーブル、ウクライナ・フリヴニャ、ブラジル・レアル、カザフスタン・テンゲ、トルコ・リラでの取引に対応しています」と、Narkasa最高経営責任者(CEO)のErdal Kayaは語っています。

「また、私たちは事業をさらに拡大して156種類の国家的通貨(法定通貨)で仮想通貨を売買できるようにすることを計画しています。ほかの大半の取引所とは異なり、Narkasaでは投資家がどの国にいても仮想通貨を購入できるようにしていきます。」(Erdal Kaya)

安全で信頼性の高い仮想通貨取引

Narkasaは、プラットフォームでの仮想通貨の購入に手数料を課さず、クライアントのすべての個人情報が安全に保管されていることも保証しています。当社は定期的に独立的な監査会社の審査を受け、EUのマネーロンダリング防止・テロリスト対抗金融法に従って運営され、「ノウ・ユア・カスタマー(顧客確認)」ガイドラインも順守しています。

さらに、API技術の使用を通じて、Narkasaはアルゴリズム仮想通貨取引のプラットフォームも提供します。これによりクライアントは、突然の市場の変動から身を守るように特別に設計された人工知能を使用して自分の投資を管理することができます。

世界に広がる仮想通貨の勢い

現在使用されている仮想通貨の数は2687種類に上り、ビットコイン、イーサリアム、テザー、リップルが総取引高の82%を占めていますが、その数は目がくらむほどのペースで増加を続けています。一方、仮想通貨取引所の普及は、この人気を集めるコモディティに投資する人々の数を劇的に増やすことにつながりました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

連絡先

Narkasa Support Team
support@narkasa.com

Tulay Genc
support@b2press.com
+31 30 799 6022

記事提供:ビジネスワイヤ

記事引用:アメーバ?  ブックマーク: Google Bookmarks  Yahoo!ブックマークに登録  livedoor clip  Hatena ブックマーク  Buzzurl ブックマーク

ニュース画像

一覧

関連ニュース

とれまがファイナンス新着記事

ホットワード

IR動画

一覧

とれまがニュースは、時事通信社、カブ知恵、Digital PR Platform、BUSINESS WIRE、エコノミックニュース、News2u、@Press、ABNNewswire、済龍、DreamNews、NEWS ON、PR TIMES、LEAFHIDEから情報提供を受けています。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがニュースは以下の配信元にご支援頂いております。

時事通信社 IR Times カブ知恵 Digital PR Platform Business Wire エコノミックニュース News2u

@Press ABN Newswire 済龍 DreamNews NEWS ON PR TIMES LEAF HIDE

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.